#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン食べた杯数をアピールするのではなくラーメン食べなかった日数をアピールする方がスゴい。《ちょっと》ラーメンブログとしてこの先生きのこるための足掻き。

 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点から出ないとブログが書けなくなっているまともない人間だ。ボクはラーメントラウマに悩まされ、今絶賛ラーメンスランプ真っ盛りだ。きっつー。2017年4月14日からはじまってしまったラーメンスランプによるラーメン断食は今日(2017年5月18日)で34日目となった。5月いっぱいの限定ラーメンは食べたいと思っている。早くトラウマ解消をするためのハックを発見してラーメンスランプを脱出しラーメン断食を一旦終わりにしなければならない。もしこのミッションを達成することができなければボクはその食べたかったラーメンを食べることができない。5月31日までは明日からあと13日だ。。

 ボクはこんなにラーメン断食が長くなってしまうとは思っていなかった。だから2017年4月14日からの日数を当初数えていなかった。日数を暗算で計算するのが面倒くさい。だからそういうときは日数計算でGoogle検索(参照:google:日数計算)で出てきたサイトを使っててきとーに計算をする。冒頭でも触れたラーメン断食34日目というのはそうやって計算して出したというわけだ。こういうところをボクはチートする。

 ちなみにその日数計算サイトを使って今年の今日までの日数を計算すると138日(初日を含む)になるそうだ。Instagramでボクが食べたいラーメンがどんな具合かを調べようとするとボクが「こいつ、大丈夫か?」と思ってしまうラーメンインスタグラマーが投稿しているラーメン写真に出会ってしまう。そしてボクはラーメン断食が捗ってしまう。ボクのラーメン断食を捗らせ続けて病まないラーメンインスタグラマー(参照1)はすでに200杯(人によって前後)のラーメンを食べて杯数をアッピールしているようだ。ボクは今年が始まって138日の今日の時点で200杯のラーメン食べている人間たちをみかけたら、その人たちのインスタを「いいね」する以前に「病院行って精密検査受けたほうがいいと思うぞ」と思ってしまう。ましてやほぼ毎日「二日酔い」をアッピールされたら「こいつ、大丈夫か?」と思ってしまうというわけだ(参照2)。ボクは「こいつ、大丈夫か?」と思った相手とは関わらない。関わらない相手には注意してあげることは残念ながらできない。そしてそんな「二日酔い」とラーメン杯数を両方アッピールするようなダブルパンチを喰らってしまうとボクはラーメン食べたくなくなってしまう(想像すると気分が悪くなってしまうのだ)。そんな人間たちのラーメン「いいね」している人たちは一体何を考えているのだろうか。ボクにはさっぱり理解できない。ラーメン断食が捗ったことへの感謝を「いいね」を介して伝えているつもりなのだろうか。だとしたらなんて性格がいいのだろう。ボクにはとても真似できない。それならむしろボクは「きもちわるいいね」ボタンがほしい。

 ちなみにそんなラーメン断食が捗っているボクは健康な食事と運動が捗ってしまっている。そもそもボクがらーめんをキメるのは健康に悪いけど美味しいらーめんが「癒やし」と「罪悪感」の双方を一度に味わうことができる魅惑の食べ物からだ。嫌なことがあっても美味しいものを食べれば癒される。しかし美味しいけどらーめんは体に悪いのだ。だから運動しなければならない。らーめんはボクに運動するモチベーションをくれる。ボクは運動はジョギングでキメる。ジョギングすると途中までは雑念が入る。しかし、ハイになるところまで走るとあとは無心になってフロー状態に入ることができるのだ。フロー状態になることができるとさらにメンタルが癒される。ボクにとってらーめんをキメることとジョギングをキメることは生きる上でのダブルで癒やしを得られるカンフル剤だったのだ。

 今、ボクはさほど美味しいわけではないが健康にいい一汁一菜を食事にキメ(間食等も一切せず)、ただジョギングをキメている。カラダの調子がすこぶるいい(カラダそのものもより引き締まって、動きのキレもいい)。

 しかしらーめんをキメるという行為が抜けてしまっていることによってボクはナニカが足りないという欠落感を感じている。この欠落感が何なのか、今のボクには分からない(この欠落感が何であるか言語化がまだできないのだ)。この欠落感を埋めるためにはナニが必要なのか。それを探すのが今のボクの修行ということらしい(参照3)。

余談のコーナー。

 ボクが感じている欠落感。ひとつボクが分かっているのは「健康にいい」&「あまり美味しくない」ものを食べるとそのあと運動をキメるモチベーションが高まらないということだ(あくまでボクの場合はそのモチベーションを高めるのはらーめんらしい)。欠落しているのは運動へのモチベーションなのかもしれない。運動へのモチベーションをらーめんをキメる以外のものから得られる兆しは今のところラーメン断食を続ける限りにおいてボクは見いだせていない。

 ボクにとってその年に食べたラーメンの杯数をアッピールするのはその年に何回ラーメン食べたい欲求に自分が屈したかという敗数アッピールだと思っている。ボクは何回自分が自分の欲望に屈したかをアッピールするようなマゾではない。そしてそんな意志の弱い人間の敗数アッピールに「いいね」するようないい性格もしていない。そもそもボクは承認欲求の高い人間ではない。だから何事もアッピールはしない。でもあえてボクがラーメンに関連することでアッピールすることに意義があることと思うことがあるとしたらラーメン断食継続日数だろう。そういうわけで今日もラーメン断食をボクは脱することはできず、ラーメン断食継続日数は34日目というわけだ。

(アイキャッチはハンガーストライキのイラスト。「断食することで自分の主張をより強く訴えようとするストライキ、ハンガーストライキ(ハンスト)のイラストです。」ボク知らず知らずとやってることこれやン。。いらすとやさんにはお見通しでしたか。お題「ほぼにちらーめんブログ運営ポリシー。」によせて書きました。)