#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ネットウォッチャー&炎上評論家のHagexさんが主催セミナーの会場で殺害されるという痛ましい事件が起きた。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

ネットウォッチャー&炎上評論家のHagexさんが主催セミナーの会場で殺害されるという痛ましい事件が起きた。

 本稿はシリアスな内容であるので以降より可能な限り真面目な文体で書く。

www.nikkei.com

 2018年6月24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2の旧大名小学校の施設で人が刺された。記事によれば刺された人物は同会場でIT(情報技術)関連セミナーの講師を務めていた「会社員の岡本顕一郎さん(41)」で同氏が刺されたという110番通報があった約40分後に死亡が確認されたのだという。同日午後11時ごろに40代の男が県警東署管内の交番に出頭。血のついた刃物を持っており、殺人容疑で岡本さんとの関連を調べているそうだが2人の関係は分かっていないとのことである。

 ちなみにこの「会社員の岡本顕一郎さん(41)」ははてなブログでブログを書いていたHagexさんHagex-day infoと同一人物ではないかということが事件が報道されるやいなやツイッターでまことしやかに騒がれていた。翌朝、つまりは今日(2018年6月25日)の朝には福岡市中央区大名2の旧大名小学校の施設で刺殺されたのがHagexさんであることが確実視されるに至ったわけであるが、その情報をボクが得るまでの経緯を日記として記憶の限り時系列で支離滅裂な内容になることも厭わず以降に書き残しておきたい。

スポンサーリンク

 2018年6月25日、月曜日、午前0時半ごろ。ボクはおもむろに目を覚ました。前日(2018年6月24日)の日曜日の世の中はFIFAワールドカップロシア大会のサッカーニッポン代表第2戦で盛り上がっていたわけだが、スポーツ観戦に興味がない上に休日土曜日そして日曜日と両日ともに早朝からのタダ働きしていたボクは、そのツケが回ってボクは気づいたら寝ていたようだった。最後にツイートをしていたのが前日(2018年6月24日)の21時半過ぎだったので、3時間くらい寝てしまったか。

 月曜日は週刊プレイボーイ web comicで連載されている「キン肉マン」が更新される日である。前日(2018年6月24日)の中途半端な時間に寝てしまい、中途半端な翌0時半に目を覚ましてしまったボクはなかなか再度寝付ける気がしなかったため、その頃にはスデに更新されていた「キン肉マン」の「第250話 頭上の暗黒星!?の巻」を読み始めた。

 「キン肉マン」の「第250話 頭上の暗黒星!?の巻」の内容についてはネタバレになるので詳らかに説明することを差し控えようとおもうが、あらすじから引用すると「オメガ・ケンタウリの六鎗客vs運命の四王子&キン肉マン連合・第2ラウンドは、ギヤマスターvsビッグボディの重量級対決!」が収録されており、ボクはビッグボディ(キン肉マン・ビッグボディ)さんが「オレの"強力(ごうりき)"を!」というセリフを読んだところで「オレの"剛力(ごうりき)"を!」と誤読した挙げ句、最近剛力彩芽さんとお付き合いしているゾゾの前澤友作さんが「オレの"剛力(ごうりき)"を!」と力説している様を想像してしまい、白目することになった。

 結果、眠気を誘引しようとおもってしたことがむしろ逆効果となってしまった。

 そして特になにも考えることもなくツイッターを起動して最初に目に入ってきたのが下記のボクのブログ師匠でありツイッターフレンドであるフミコ・フミオさん(以降、フミオさんと表記する)のツイートだった。

 正直にいうとこのツイートをみた際にボクは要領をえることができなかった。

 むしろこのツイートを読んだ時点では不謹慎ながらHagexさんなる人物(以降は「Hagexさん」で表記統一する)がなにかふざけたことをしてネット上の誰かからイジられもてあそばれているのかなとくらいしか思わなかった(後述するがボクはHagexさんというネットウォッチャーを名乗るブロガーがいることは知っていたが、ネットにいる面白い人くらいの認識しかなかったからだ)。

 しかしボクはこの曖昧なフミオさんのツイートの詳細が気になってしまい「Hagex」でツイッター内を検索してみた結果、次の他のツイートをみて愕然とすることになった。福岡の繁華街でネットウォッチ勉強会を催していたHagexさんと思しき人物が刺殺されたのだという。

 ボクのツイッター上のツイートの順序はちぐはぐになってしまっているが、ボクがツイッター上でみつけた順番はフミオさんのツイートが一番最初でそれから「Hagex」でツイッター内を検索してみつけた上記2つのツイートという順番でつながっている。ちなみにたしかにボクもユルいネットウォッチをしている中でHagexさんが下記の勉強会を九州で開催するらしいことは見かけていたが「なぜ東京をベースに活動している人が九州で勉強会?」であるとか、具体的な開催日がいつであるとかいったことについては把握をしていなかった。それがまさかこの日(2018年6月24日)だったとは。

ネットウォッチ勉強会「かもめ」#2を福岡で開催します - Hagex-day info

 この時点にきてボクは目が完全に冴えてしまい、その後なかなか寝付けなかったのだが、ボクは今朝5時に起床しなければならないこともあって再度無理やり寝ることにした。痛ましい事件が起きたとはいってもボクにはなにもできることがない。

 翌朝を迎えるとテレビのNHKニュースでも同事件を報道しており、日本経済新聞にもその内容は載っていた(日本経済新聞の報道は本稿冒頭のものである)。そして各種報道で報じられた内容を元にHagexさんの知人であるフミオさんが下記のエントリをまとめていた。どうやら殺害された「会社員の岡本顕一郎さん(41)」はHagexさんと同一人物で間違いないらしい。

hagex氏のこと - Everything you've ever Dreamed

 ボクの週明けの頭の中はワールドカップでサッカー日本代表がセネガルと引き分けたということよりも、ネットウォッチャー&炎上評論家のHagexさんが主催セミナーの会場で殺害されるという痛ましい事件が起きたということでいっぱいになって幕を開けることとなった。

ーー以上が今日(2018年6月25日)の午前中までのおおよその時系列でのボクの視点からみえた事件の報道ウォッチである。

 最後に少しこの事件についてボクの思ったことを書き残しておきたい。

 ボクはHagexさんとの直接の面識はない。ただお名前を存じ上げていた程度である。それでもボクがこの痛ましい事件について思ったことを書こうと思った理由をまずは書いておきたい。それはボクもインターネット上で曲がりなりにもブログを書くものであり、社会に対する影響度の大きさに天地の差はあれど同じブログを書くものであったHagexさんがブログを書くという活動を通してネットではともかく、リアルでは一度の面識もない見ず知らずの人間から恨みを買い、そして殺害されてしまうという痛ましい事件が起きたということが、対岸の火事の出来事ではないと思ったからである。

2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)

 ちなみにボクがどの程度Hagexさんについて知っていたかと言えば、同氏が書いたという上記の著書を読んだことが過去にあったこと、Hagexさんのブログエントリーがはてなブックマークのホットエントリーに入っていたときに目を通す程度のものであった。Hagexさんの著作については故人に対して大変もうしわけないのだけど記憶にほとんど残っていない。しかしHagexさんときいて真っ先に思い浮かぶ言葉は著作のプロフィールにもある「ネットウォッチャー」「炎上評論家」というイメージであり、ネットを文字通り「ウォッチ」つまりは「観察」し「研究」している人といいう印象だった。

 なのでそんなネットを「ウォッチ」している方が今年になって勉強会を開いたり...

ネットウォッチの勉強会を4月24日豊洲でやります - Hagex-day info
hagex炎上勉強会#1@豊洲 簡易レポ - あざなえるなわのごとし

ボクのブログ師匠でありツイッターフレンドであるフミコ・フミオさんと接触してネットからリアルの世界という表舞台に面をだして活動をしはじめたことに実はちょっとした違和感を覚えていた。

Hagex氏と飲んでます。 - Everything you've ever Dreamed
Hagex氏と株式会社はてなへ殴り込みにきました。 - Everything you've ever Dreamed

 Hagexさんのご年齢が41歳ということでなにか胸に機するものがあり、人生の舵をこれまでとは違う方向にきってみようと思ったからなのかもしれないが、Hagexさんが胸中にどういったものを機していたのかはもはや誰も知るべくもない。

やまもといちろう 公式ブログ - Hagexに王様はいなかった - Powered by LINE
やまもといちろう 公式ブログ - 岡本顕一郎さん殺害に関し「はてな社の問題」を問うなどの取材について - Powered by LINE

 上記のやまもといちろうさんのブログには「彼も彼なりに考えて、今後のことも踏まえ彼は「ネットウォッチャーのHagexさん」ではなく「闇ウェブ界隈やホワイトハッカー集団の一員である岡本顕一郎さん」へとシフトしようとしていたのでしょう。」と書かれていた。しかし、それであれば「闇ウェブ界隈やホワイトハッカー集団の一員である岡本顕一郎さん」をより前面に出していけばよかった話だったのではないかとボクなどは思ってしまい「ネットウォッチャーのHagexさん」としての活動でネットの舞台からリアルの舞台にわざわざ出てくる必要がなかったのではないかと思ってしまう。続く記事でも「匿名で「Hagex」として長年ネットで頑張ってきて、ここから実名で活動するにあたり、いろいろと”先行事例”として相談に乗ってきた」とあったので「闇ウェブ界隈やホワイトハッカー集団の一員である岡本顕一郎さん」としての活動を目指していたようなので余計にボクはよくわからなくなった。そしていずれの顔を前面に出しても敵が多かったというのであれば、いずれの顔でも表に出るのは控え、第三の道を探るということはHagexさんには考えつかなかったのであろうか。それともそれを考えにいれるべきであったと思う事自体、酷なのだろうか。

 ボクらはネットにせよリアルにせよ、生きているので多かれ少なかれ、誰かから感謝されることもあれば恨みを買うこともある。特にニッポン人の場合、外向的な人よりも内向的な人、ポジティブ思考よりもネガティブ思考の人が多い傾向があるため、感謝よりも恨みを買うことの方が多いと言っても過言ではないのかもしれない。ボクのブログもタダの日記を謳ってはいるが、それでも言及しているはずのない人の不快を買うことはあるだろう。ただボクの場合はタダの日記という形を貫くつもりでおり、ボクの目で「ウォッチ」したものをボクの「フィルタ」を通して思ったことをタダ書き出すということをのみしていきたいと思っている。そして大事なことなのでなんども本ブログにおいてボクは書いてきたことだが、ボクはブログにおいてボク自身が会ったこともない赤の他人の誹謗中傷を書いたりするつもりはない。ボクの思ったことを言葉を選びながら記録に残しておくだけだ。なにより言葉を選ぶとか選ばないとかいう以前に人が亡くなった(今回の件で言えばHagexさんが殺害された)と聞いて「ざまあみろ」などという言葉は一ミリも脳裏をかすめたりしたりもしない。そんな残念な言葉が浮かんでくる人間にはなりたくないとかいう以前になれないが、それでもそういった人間にはならないように気をつけたい。

スポンサーリンク

フミコ・フミオ先生のブログノウハウで受けて断つ。 - #ほぼにちらーめん

 ちなみに先日上記のエントリでまとめさせていただいたとおり「ブログなんていうものはなにを書いたっていい(テキトー)」とボクのブログ師匠のフミオさんも言っている通り、ボクもそれには異論がないものだが、ボクはボクの目で観察したことをタダ書くのみであり、その内容に他人を貶めるような意図は一切ない。これからも文章修行を毎日ブログを書くことによって続けていくつもりだが、文章修行の目的は他人を貶めることではないので、仮に誤解を受けるようなことがあったときには表現の仕方を柔軟に変化させていくことによって、文章力のさらなる向上を図る契機としたいと思っている。

ただ茫然とHagexさんについてのニュースを眺める: 不倒城

 表現の仕方を柔軟に変化させること、それが上記のブログの中で言及のあった「リスクの目盛りを上げ下げすること」のボクなりの解釈である。

 Hagexさんの御冥福をいのりつつ、ボクはボクの胸中に期するものをブレさずにタダの日記をタンタンと書き続けていこうと思う。

(イベント中止に関する追記あり)はてなブロガー向けイベント #はてなブログ公式ミートアップ 開催します! LT登壇者も同時募集! - 週刊はてなブログ

 最後に余談であるが株式会社はてなが予定していたはてなブロガーのミートアップを中止したことに関してはボクは英断だと思った。

《アイキャッチはホームセキュリティのイラスト。報道によればHagexさんはネットセキュリティの専門家だったそうである。ネットのセキュリティに明るかった方が、リアルでのこの痛ましい事件を避けることができなかったことに絶望を感じることをボクは禁じ得ない。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

参考:
新聞等大手メディアによる報道。
個人ブログにおける言及。

 すべてを網羅することはむつかしいかもしれないが、読んだエントリを記録しておく。

 どうでもいい余談ではあるが、ボクはあえて容疑者について本稿においてふれることを避けている。

 なぜならば、はてなのサービス内で暴れまわっていたとされてる特定ユーザと今回の事件の容疑者が同一人物であるという確定はなされていないからだ。そういう意味ではどのエントリもその「確定」を警察も株式会社はてなもしていない現時点(2018年6月25日)において判断が拙速であり思慮に欠けると言わざるを得ない(中には過去に情報開示をしていて容疑者の名前と特定ユーザの情報が一致していることをしている人もいるのかもしれないが)。

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。