#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

働く女性の時短料理を「手抜き」「中華料理の素もアウト」と文句をいう夫や彼氏というステレオタイプな腐れ外道かつド阿呆の構図を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

働く女性の時短料理を「手抜き」「中華料理の素もアウト」と文句をいう夫や彼氏というステレオタイプな腐れ外道かつド阿呆の構図を受けて断つ.

 読者諸賢は時短料理を手抜きと思うメンであろうか?はたまた時短料理ができるようなメンのことを家庭料理の達人であると感謝するメンであろうか?

 ボクは当然ながら後者である.なぜならボクは料理をそこはかとなくはできるメンではあるのだけれど,時短料理は不得意だからである.ボクにとってはオイシー時短料理をつくることのできるメンは天才であり尊敬の対象であるというわけだ.

 先日,上記の「クックドゥのような合わせ調味料を手抜きと考える頑迷な男性」という構図が一つのインターネットミーム、というか定番炎上ネタとして定着しているのではないかという記事が話題になっていたのだけれど,この記事の枕になっていたのは朝日新聞の次の記事であった.なので本稿においてボクはクックドゥが手抜きであるとかないとか以前に時短料理の是非についてボクの意見をまとまりなく長文乱文駄文となることも厭わず書き連ねていってみたいと思う.

 まずはことの発端となった朝日新聞の記事の中においてボクが「なんだこれは?」と思った箇所をまずは引用して紹介するところからはじめよう.

「毎日総菜はやめてね」響く夫の言葉
20歳で結婚。2歳上の夫の故郷は九州で、甘いしょうゆを使う。新婚当初、義母のもとに通って料理を習い、夫の家の味を覚えた。その手作りの味で育った夫は、外で売っている総菜が嫌いだ。 出産後、働きたいと話した時、「子どもを最優先に、家事は今まで通りするのが絶対条件。毎日総菜とかはやめてね」と言われた。反発する気持ちはあったが、本当は専業主婦のままでいてほしい夫の気持ちが分かっていたので、のむしかなかった。 夫が快諾してくれ、シングルマザーで女性を育ててくれた母や姉と同居している。食事作りに追われる女性のため、母や姉が交代制を提案してくれ、試みた時期もあったが、夫から「うちの家の味じゃない」と苦い顔をされ、あきらめた。 子どものためにも「なるべく手作りを」、という夫の気持ちはわかる。仕事に出る前の専業主婦時代は、「総菜は怠け。一番やっちゃいけないこと」と思い、まったく出さなかった。 しかし今は、時々ある残業で疲れきり、献立が思いつかない日に、出すこともある。月に一度程度なので夫は「めずらしいね」としか言わない。しかし、そんな夜は「手抜きしちゃった」という感情がずしんと残り、自分がこたえる。
引用元:【平成家族】時短料理「手抜きでは」 家族7人分、毎日手作りする女性の胸の内「中華料理の素もアウト」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 
 そもそもこの朝日新聞の記事はニッポンセイフが推し進めている1億総労働社会の結果,老若男女を問わず外に働きに出て行くことを強いられた結果,家事の中でも特に料理の時短が進んだということを述べている記事であるとボクは解釈している.

 しかしそんなニッポンセイフが推し進めている1億総労働社会の結果,老若男女を問わず外に働きに出ているにもかかわらず家事の中でも特に料理に関しては依然として女性(夫婦ならば妻,同棲関係なら彼女)が担当する風習が残った結果,なぜか同様に外で働いているにもかかわらず家では家事をしない男性(夫婦ならば夫,同棲関係ならば彼氏)の側が女性の時短料理を手抜きと断罪するというなんだかよくわからない構造が生み出されているというものである.

 専業主婦ないし専業主夫ならばいざしらず,多少なりとも働きにでているのであれば家事をする時間がそこはかとなく減るというのは当然の帰着である.なのでより短い時間でフルタイムで家事をしている専業主婦ないし専業主夫並のパフォーマンスを発揮することができるのはボクに言わせればパーフェクト超人であり,おおよそのヒューメンなどというものはそんなパーフェクト超人ではないわけなのであるから,家事を分担し,ひとつひとつの家事を手抜きの時短で行えるようにしておくというのが賢明なる今どきの現代人のライフのあり方であるとボクは思うものである.

 というわけで夫婦にせよ同棲にせよ,共働きをしているのであれば家事は分担するのはアタリマエのことである.家事を分担するということは炊事洗濯掃除を皆あまねく均等に夫婦ないし彼氏彼女で分担するということである.男子厨房に入らずなどというなんだかよくわからない老害的発想が今の御時世に未だ通用すると思っている時代遅れのステレオタイプな男尊女卑思考の腐れ外道かつド阿呆は一生独り者を通すべしというのがボクの個人的な見解である.

 ところで上記記事引用の夫の描写を読む限り,ボクが思うにその夫は男子厨房に入らずなどというなんだかよくわからない老害的発想の持ち主の腐れ外道かつド阿呆であり,妻がおふくろの味インスパイアの料理を作ってくれるのを指を加えて待っている時短料理を絶対に許さないマザコンである.どのような母親に何食って甘やかされてお育ちになるとこんな腐れ外道かつド阿呆な料理もつくらないで文句だけイッチョマエにいうことのできるまともでスバラシー精神性が身につくのかボクにはよくわからないのだが,こういった自分で料理をつくりもしないで文句だけイッチョマエの腐れ外道かつド阿呆なマザコンにだけは絶対にならないように気をつけたいものである.また妻の方はなぜこんなマザコンな腐れ外道かつド阿呆と離婚なさらないのだろうか,ボクにはたいへんに不思議でならない.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 驚くなかれここまでが1億総労働社会には未だ料理は女性がするものであり,女性がつくる料理はおふくろの味インスパイアであるべきであり,時短料理は許さない,許さない絶対という男子厨房に入らずを立派に守っているマザコンなオッサンがいるらしいよということを言いたかっただけのどうでもいい閑話であり,以降はウチなるインナーワールドでの家庭料理の考え方についてテキトーに語ったのち,最後にもう一度クックドゥは手抜きなのかどうかという話についてちょっと触れるどーでもいい余談である.

 ではまずウチなるインナーワールドで家事をどのように分担しているかであるが,ウチの場合はよりよりそのライフのワークつまり家事に長けている側の人間がその家事を担当するという方式をとっている.なのでウチの家人が料理担当(ボクが手伝うことはある)で残りの洗濯掃除等々についてはボクが担当しているというわけだ.そもそもウチの家人の料理はプロ級であり非の打ち所がないのであるのだけれど,プロ並みの力量を保有しているウチの家人ですら時短料理は当然するし,作りおき料理もするのである.なにより料理をそこはかとなくするメンであれば,分かろうものだと思うのだけれど時短料理も作りおき料理もそれなりの料理のテクニシャンだからこそできるものなのである.時短料理や作りおき料理のことをカップヌードルのようにお湯を入れて3分待てばできるものだと思っているようなおバカさんは一生カップヌードルをボクは食していればいいと思うのである.なにより毎日カップヌードルは健康には悪いがその味は無類である.

 では最後の最後の余談である.「クックドゥは手抜き」というゴーリキーワードに関してどのように話題になっているのかを本稿で書くにあたりはてななブックマークを漁っていたところ,ボクは下記のトゥギャッターまとめをたまたま見つけた.なので最後にそのトゥギャッターまとめを紹介して本稿はオシマイとしたい.

 これは本当によくある典型的なパターンだと思うのだけれど,ヒューメンの味覚などというものはたいへんにテキトーなものであるという話である.実際ボクもラーメン断食家としてラオタキモメンが性格の悪い意識他界ラーメン店店主にマルちゃん正麺を出されているのにも気づかずオイシーオイシーさせられているというなんだかよくわからない客との真剣勝負を何度も目の当たりにしてきたものである.それくらいヒューメンの味覚などというものはしょーむないものなのである.

 最後の最後の最後にボクの持論をたっぷりといいたいだけ書いて本稿をオシマイにする.

 「自分で料理をつくれないメンは他人がつくってくれた料理に文句を言うな.文句を言うなら自分で作れ」

ーー以上である.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチは汚く盛りつけられた料理のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。