#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

パスタは食べても太らないを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

パスタは食べても太らない???

 読者諸賢はパスタは食べても太らないと言われたら信じるだろうか?

 あえて言うまでもないことであるが、どんな健康によいと言われているものも限度を超えて食せば毒なのであり、いくら食っても太らないとか、食えば食うほどに健康になるであるとかそんな魔法のような食品などこの世には存在しないのである。

 適度な睡眠、運動、瞑想、そして1日野菜350gをすることがデキない人間の言うことややることはいつも残念かつ憐れであり、その結末はおもちろおかちいことにしかならない。かわいそーに。なむなむ。

 そういうナンだかよくわからんメンがヘラヘラしたムニャムニャの有象無象は皆あまねく意識他界ラーメン店店主と真剣勝負の後に対消滅してほしい。しかるのち訪れる世界平和をボクは切に三途の川のこちら側からいつも禱っている。ラーメーン、なむなむ。

 閑話休題。ボクは先日、下記のエントリを読んだ。見出しを見れば「パスタを食っても太らない」と頭のおもちろおかちいことを言っている。「そんな阿呆な。」と思いつつ一応ボクも目を通してみた。

www.newsweekjapan.jp

 ちなみに先にボクの感想を書いておくと「タイトル詐欺ですな。」というのが感想だ。

カナダ・トロントのセント・マイケルズ病院の研究チームによれば、パスタがGI値の低い食品であることが重要だ。GI(グリセミック指数)とは、ある食品が血糖値をどれだけ急激に上昇させるかを測定するための数値。数値が低くゆっくり体内に吸収される食品は、脂肪を作るインシュリンが分泌も抑えられて太りにくいのだ。
これに対し、同じ炭水化物でも米や小麦を使ったパン、ジャガイモなどGI値が高い食品は身体への吸収が速く、血糖値が急激に上昇する。血糖値を下げようとするインシュリンの分泌もその分、増える。

 まず記事によるとパスタは同じ炭水化物でも米や小麦を使ったパン、ジャガイモなどGI値が低いから太りにくいのだという。

 しかし、この時点でタイトル詐欺である。なぜなら太りにくいだけであって太らないわけではないからだ。

 次にたとえば「パスタを食っても太らない。」を検証するための方法も稚拙だ。

パスタと体重の間に「食べると太る」という相関関係があるかどうかを確かめるため、研究チームは延べ2500名近い被験者を対象に32回の比較試験を行った。
被験者は、GI値の低い健康的な食事を心がけ、炭水化物ではパスタだけを食べる生活を送った。その結果、被験者が食べたパスタの量の中央値は週3.33人前だった。
その後、被験者の体重やBMI(ボディマス指数)、体脂肪、胴囲を計測したところ、パスタを食べても体重や体脂肪率の増加にはつながらなかった。それどころか、3カ月の実験期間中に、被験者の体重は平均で0.5キロ減少した。

 そもそも「被験者は、GI値の低い健康的な食事を心がけ」ているし「被験者が食べたパスタの量の中央値は週3.33人前」と1日1パスタすら食してないのである。

 どうするとこの実験と結果から「パスタは食べても太らない。」という都合のよい結論を導き出すことができるのかよくわからない。

 ボクがこの話からわかるのは「GI値の低い健康的な食事を心がけ」ることの大切さであり、パスタなら太るの気にせずどんどんと食してよいということではない。

研究チームは論文で、「炭水化物は太るという情報が氾濫しているだけに、この研究結果は重要だ。こうした情報は、毎日の食卓に影響を及ぼしており、炭水化物、特にパスタの消費量は最近になって減少する傾向にあった」と記している。

 低糖質ダイエットが持て囃されている昨今、上記にあるようにパスタの消費量が減っているというのはボクも理解できなくもない。結局槍玉にあげられた米や小麦は救われなかったわけだが、パスタなら「GI値の低い健康的な食事を心がけ」るのを阻害しないようだ。

 そもそも「ダイエット」などという行為そのものがボクにいわせれば必ずしも「健康」とはつながらない行為であるので、低糖質ダイエットで不必要なまでに炭水化物を受けて断つのはタダの阿呆だと思うわけであるが、どうしても炭水化物を受けて断ちたい人はそのこころの赴くままに炭水化物を受けて断てばよいのである。

 最後に余談だが、意識他界ラーメン界隈ではラヲタというキモメン軍団がことにつけ「最近のラーメンは健康によい。」という無根拠な主張を繰り返しているわけであるが「最近のラーメンが健康によいわけがない。」というのはラヲタというキモメン軍団の贅沢ボディを拝見すれば一目瞭然であるわけであり、ボクにはラヲタというキモメン軍団が「最近のラーメンは健康によい。」ということをSNSにコウカイする度に、これは一体ナンの自虐ギャグなのだろうと思うことを止めることがデキないのだ。

 どんなウマい食べものもマズい食べ物も食すのに適度な分量というものがある。それを自らの健康状態と照らし合わせながらバランスをとっていくのがボクの食事に対するスタンスだ。

 ボクにとっては意識他界ラーメンは食べれば健康状態がよくなくなるものであり、ダイエットには不適である。逆に意識他界ラーメンを受けて断って以降、健康状態はよくなるばかりであり、ついには花粉症まで克服した。

 いつまでも自分に都合のいい解釈をしてまで意識他界ラーメン食し続けているキモメン軍団の人生の末路はいつもザンネンである。そろそろ皆、目を覚ましてはどうか。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

《アイキャッチはウエストがきつい服を着る女性のイラスト(ダイエット前)。えてして「最近のラーメンは健康によい。」などという意味不明なことを言っているキモメンほどぽっこりお腹のメタボメンであるわけであるが、ボクに言わせれば事故評価がキツすぎないかということである。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。