#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンからの最終的かつ不可逆的な卒業をすること、それがラーメン断食である。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてななブログの編集部メンが出題するお題に答えてはてななブログを楽しむことにしているウィークデイだ.

 はてななブログの編集部メンによれば《新しいステージへ!今週のお題は「卒業」です。3月は卒業シーズン。また、新年度を目前に控えた時期でもあります。学校だけではなく、いろいろ物事・習慣から「卒業」し、この春に新たな一歩を踏み出そうという人も多いかも。そこで今週は「卒業」をテーマに、はてなブロガーの皆さんのエントリーを募集します。「卒業式の思い出」「推しメンの卒業によせて」「〇〇初心者を卒業するぞ!」など、あなたの「卒業」をつづってください。ご応募をお待ちしています。》とのことである.

スポンサーリンク

 とはいえ,お題に答える前にまずは自己紹介させていただこう.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.

 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることのできない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ラーメンからの最終的かつ不可逆的な卒業をすること、それがラーメン断食である.

 はてななブログの編集部メンが久方ぶりにまともに今週のお題を出題したと思ったら,はてななブロガーに皆あまねくバレンタインデーのお返しのホワイトデーをすっ飛ばし,ホワイトデーをキング・クリムゾンよろしく時をすっ飛ばし「卒業」について語って差し上げろくださいとのことである.なんだかよくわからない.たいへんにはてななものである.しかしここははてなな世界である.だからボクは抗いたくてもはてなの法則に抗うことはできない.なので本稿においてはボクの「卒業」について潔く語って差し上げたいと思うものである.立派なオトナのジェントルメンというものは潔いものなのである.

 ボクは日本の首都東京のドコカの企業で働くサラリーメンであるわけなのだけれど,その一方でもうひとつの顔として持っているのがラーメン断食家という顔である.ラーメン断食家としてのボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わないという,このイカれた世界で人知れずいともたやすく行われるえげつない悪逆非道の行為と戦う正義の味方,つまりは趣味でヒーローをやっているメンである.ボクは初期のワンパンマンことサイタマ先生よろしくヒーロー協会には属していないので非公式にこのヒーロー活動をしている.ボクはボクを称える声や喝采などというものは欲しくはないのである.だから人知れずいともたやすく行われるえげつない悪逆非道の行為,いともたやすく行われるえげつない悪逆非道の飯テロ行為と戦うのである.

 閑話休題.

 そんなわけでもう一度大事なことなのでたっぷりと書いておこうと思うのだけれど,ボクは人知れずラーメンというたいへんに健康に悪いものをオイシーものをつくるしか頭にないというラーメン脳におかされた意識他界ラーメン店店主と,そんなラーメン脳におかされた意識他界ラーメン店店主に一杯食わされることにしかヨロコビを見いだせなくなってしまったカワイソーなラヲタキモメンという毎日ラーメン食すしかやることがないという,いともたやすく行われるえげつない悪逆非道の飯テロ行為から世界を救うべく人知れず世界が平和になるまで外でラーメンを食わないという正義の味方,つまりは趣味でヒーローをやっているメンである.

 そんなボクが人知れずいともたやすく行われるえげつない飯テロ行為と戦うことをはじめたのは2017年4月14日のことであった.つまりボクのラーメン断食は今日(2019年3月20日)で日数にして705日,週数にして100週と5日,月数にして23ヶ月と6日,年数1年と340日を継続しているというわけだ.丸2年となる2019年4月14日までは今日を含めなければ,あと25日である.正直言ってあと25日くらい外でラーメンを食わないことなど強くなりすぎてしまったボクには楽勝である.百戦して百勝つまりは必勝だといっても過言ではない.

スポンサーリンク

 あまりにも強くなりすぎてしまうというのは時にむなしいものである.そういえばそんなことを思った時もあったことを思い出した.そんなことを本ブログで書いたこともあったなあと思い出したので懸命の捜索活動をしてみた結果,次のエントリを発掘した.それはラーメン断食100日目のボクだった.

 ラーメン断食100日目のボクはどうやらあまりにもラーメン断食が楽勝すぎてスデに退屈を感じてしまっていたようだ.ラーメンをみてもなにも感じないし,意識他界ラーメン店店主たちがどんなにイキってドヤっていても何の参考にもならない,ラーメン界隈のキモチワリーメンメンからは何も吸収することのできるものはないと思っていたようだ.

 それから605日が経過した今はどうだろうと思って考えてみた.ラーメンを観てもなにも感じないかというとカワイソーだなと思うものである.クールなジャパンのヒューメンにはそれがソウルフードつまりは意識他界フードにみえるようなのだけれど,ボクに言わせればそれはもはや,これぞラーメンと呼べるラーメン,ラーメーンではない.なのでそんなラーメーンでないものをみてラーメンだと思ってしまうようなメンメンはカワイソーだなとしか思わないものである.

 そして近頃はラーメンは創作ラーメンだとオッシャルおバカさんまで登場しているようなのだけれど,たしかに意識他界ラーメンつまりはソウルフードは魂があっちの世界へスデに逝ってしまっているものであるので,創作の産物であることは間違いないであろう.つまりは創作ラーメンとはフェイクラーメンであるということである.近頃のラーメンは創作ラーメンつまりはフェイクラーメンというのはボクがスデにラーメーンは死んだ.もはやラーメンはラーメーンではなくなったということと根本においては言っていることは同じであるので,そこに何も異論をボクも挟む余地はない.

 ただ立ち位置が違うのである.ボクは偽物を食すつもりはないという立ち位置にいるという話であり,偽物をオイシーオイシー食す立場にはいないということなのだ.もはやラーメンがフェイクラーメンでしかないならばフェイクを食してオイシーオイシーやっているのはただのおバカさんである.ボクはおバカさんにだけはなりたくない.おバカさんはおバカさん同士だけで化かしあっていてもらいたい.そして満足したならばソウルフードよろしくあっちの世界へと旅立ってほしい.ボクはそれまでひたすらフェイクラーメンを食さずに「なむなむ」と念仏を唱えて成仏を祈願して差し上げようと思うものである.

スポンサーリンク

 フェイクラーメンから感じるものはなにもないし,そんなフェイクをつくってイキってドヤっている意識他界ラーメン店店主や,そんなフェイクラーメンを何も考えずにオイシーオイシーしているラヲタキモメンからなにも得られる知見はない,参考になるものは一切ない.それはラーメン断食100日目からも変わっていなかったわけなのだけれど,どうやらそれから605日が経過するとボクにはカワイソーだなという憐憫の情といったものくらいは感じるところがあるようになっていたようである.

 フェイクラーメンを卒業したボクが705日目で到達した領域はフェイクラーメンを未だそれがラーメンでないと気づくことのできないメンメンへの《憐憫の情》であったというのが本稿でラーメン断食という卒業を哲学してみた結果,たどり着いたアンサーであったわけなのだけれど,この憐憫の情がタンタンとメンタルしっかり継続するタンタンメンメソッドが強すぎるボクがタンタンとメンタルしっかりラーメン断食を継続し続けていく過程で一体どんな変遷を辿っていくのか,それはラーメン断食をやっているボク自身,まったく予想だにできないものである.しかし未来というものは不確実だからこそ面白いのであり,面白いからこそ冒険できるのである.

 そんなわけでボクはラーメン断食という卒業をポジティブに冒険していくつもりだ.それによっていかなる「学び」「気づき」そして「感謝」の阿呆の3大要素が待ち構えているか,どんな阿呆の3大要素に出会うことができるのか,ボクは今から楽しみでならないのである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘の冒険を祈る!!

《アイキャッチはタイムカプセルを埋める子供たちのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや.本稿は一種のタイムカプセルのようなものである.いつかまた卒業についてはてなな世界の要請で語らねばならなくなった際に掘り起こされることであろう...》