#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

茗荷谷にある本格ニューヨークサンドイッチのキノーズには何度行ってもタイミングが悪く営業していたことがない。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ.

 今週のお題「読書の秋」.

 「本の世界にダイブする。今週のお題は「読書の秋」です。秋は何をするにも過ごしやすい季節、と言われています。そんな秋は、もちろん読書にもうってつけ。今週は「読書の秋」をお題に、はてなブロガーの「読書の秋」にまつわるエントリーを募集します。好きな本、好きな作家、オススメの読書の方法などなど、あなたの「読書の秋」を教えてください。ご応募、お待ちしております。」とのことである.

スポンサーリンク

 とはいえ,お題に答える前にまずは自己紹介させていただこう.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

茗荷谷には何度行ってもタイミングが悪く開いていないサンドイッチ店がある.

 はてなブログ編集部メンは横着をするものである.あえて狙いすまして指摘する理由も特にはないのではあるのだけれど,たっぷりと書いておこうと思うのだけれども今週のお題「読書の秋」はなんの告知もなく2週にわたって継続されている.というわけでボクが楽しみにしている水曜日の今週のお題にこたえるという取り組みにおいて「読書の秋」について答えるのは2度めである.

www.hobonichi-ramen.com

 つわけで先週の水曜日に今週のお題「読書の秋」に答えた際には上記のエントリーを書いた.ボクは乱読家であるので上述のエントリーで取り上げた森見登美彦氏の「熱帯」以外で今読んでいる本について書いてもよいわけではあるのだけれど森見登美彦氏の「熱帯」もまだ読書継続中であるので,今再び森見登美彦氏の「熱帯」を読んでいて雑に感じたことを綴っておきたい.つまり本稿は森見登美彦氏の「熱帯」を彷徨うボクの雑感である.

 森見登美彦氏の著作をお読みになるメンはご存知のことかと思うのだけれど,森見登美彦氏の作品の舞台は往々にしてキョートである.トーキョーを舞台にすることは滅多にない.「熱帯」に先んじて出版された「太陽と乙女」においては森見登美彦氏が永田町の国会図書館で勤めていたことなどが書かれているのでトーキョーが登場するのだけれど,なにはともあれ森見登美彦氏の作品でキョート以外が登場するのはマレ,つまりはレアであるというわけだ.

 そんな森見登美彦氏の作品ではレアなトーキョーが「熱帯」の作中においては登場するわけなのだけれど,「熱帯」の中に登場するトーキョーの中で最もボクの記憶のサルベージが捗った場所が「茗荷谷」であった.ちなみに次のような形で「茗荷谷」が「熱帯」の中で描写され登場する.

翌週月曜日の午後、白石さんは茗荷谷へ出かけた。  丸ノ内線の駅から出ると、両側にビルの建ちならぶ春日通りには、 忙しく自動車と人が行き交っていた。小石川の自宅からそう遠いわけではないが、この界隈に来るのは初めてのことである。澄んだ青空が広がって、先日雪が降ったとは思えないほど暖かい陽気だった。
引用元:熱帯 (文春e-book)/位置: 840(太字筆者)

 ボクが茗荷谷に最後に訪れたのは何年前のことになるかは記憶のほどが定かでないが少なくからず2年以上は訪れていないのではないかと思われる(2年以上前とする根拠は後述する).2年以上訪れていない茗荷谷なのだけれど「熱帯」に登場する茗荷谷の描写はボクに丸ノ内線の茗荷谷駅を地下からズンズンと地上にでてきたときの情景をはっきりと思い起こさせた.たしかに丸ノ内線の駅から出ると,両側にビルが立ち並ぶ春日通りが目の前に現れるのである.森見登美彦氏がいつの時点の茗荷谷を描いているのかは定かでないが,きっとボクが知る茗荷谷と同じ情景を森見登美彦氏も思い描いて描写したのであろう.

 ちなみに茗荷谷に関してボクがたいへんに記憶に深い思い出というものがある.それは本稿の表題,つまりはタイトルを読めば一目瞭然なのだけれど,茗荷谷に赴く機会がある都度,ボクは「今日こそは!」と思い勇んで茗荷谷にあるという本格ニューヨークサンドイッチのお店であるというキノーズというお店で,そのそれはそれは本格的であるというニューヨークサンドイッチを食してみようとムンっと胸をはり前述の両側にビルが立ち並ぶ春日通りを脇目も振らずに後楽園の方向,つまりは南東方向へとズンズン突き進むのであるのだけれど,気づくとキノーズのあるべきはずの所在地を行き過ぎてしまう.理由は簡単である.臨時休業でお店が営業してないからである.

 これまでボクの記憶にあるかぎり3度ほど茗荷谷を訪れる都度,それはそれは本格的であるというニューヨークサンドイッチを食そうとキノーズを訪れるわけなのだけれど,3度が3度とも臨時休業というオモチロシチュエーションに見舞われることとなり,ボクはそのそれはそれは本格的であるというニューヨークサンドイッチを食そうにも食すことができていないというわけである.

 しかしボクにいわせればわざわざそんなそれはそれは本格的であるというニューヨークサンドイッチを食すために他になんの用事もないのに茗荷谷を訪れるのは阿呆の所業である.なによりも3度訪れて3度とも臨時休業などというオモチロシチュエーションが起きるというのはある種の天啓でもあるといえよう.ボクは潔くそんなオモチロシチュエーションに見舞われてしまうそれはそれは立派な本格的であるというニューヨークサンドイッチのキノーズでニューヨークサンドイッチを食すのを諦めた.立派な大人というものは潔いものである.つまりボクは立派な大人であるというわけだ.

 閑話休題.

 さて以上で本題はオシマイなわけなのだけれど,ついでであるのでちょっと最後に余談を書いて本稿を本当にオシマイにしたいと思う.

 ボクが最後に茗荷谷を訪れたのが最低でも2年以上前なのではないかということを前述したわけなのだけれど,なぜそれが言えるのかということについて説明をしたい.

 まず前提の話としてボクは毎回ブログの前置きとして自己紹介しているわけなのだけれど,もう一度たっぷりと書いておくとボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続けるラーメン断食家なわけなのだかれど,1年を超えての部分を正確に書いてみるならば,今日で593日ラーメンを食していないのである.593日は1年7ヶ月と14日らしいのだけれど,おそらく+半年は茗荷谷に訪れていないであろうという推測からボクは2年以上茗荷谷を訪れていないのではないかと思うのである.

 ちなみにもうひとつ根拠があるので少々冗長になることも厭わずに書いておきたい.実は前述のニューヨークサンドイッチのキノーズには3度訪れて3度とも臨時休業というオモチロシチュエーションに見舞われることになり,そのそれはそれは立派なニューヨークサンドイッチは食すことができていないわけなのだけれど,そんなそれはそれは立派なニューヨークサンドイッチを食したいシチュエーションということはボクがそのタイミングでお腹がペコサンであったということなのである.

 ではそんなそれはそれは立派なニューヨークサンドイッチを食すことができなかったお腹がペコサンなボクがキノーズの近くでなにも食さないわけがあろうか,なにも食さないということがありうるわけがないのである.そこでそんなそれはそれは立派なニューヨークサンドイッチを食せなかった代わりになにを食したのか,実は森見登美彦氏の「熱帯」のを読んでいたらキノーズのことを思い出したのと同様に都合よく思い出したわけなのだけれど,そのボクがキノーズのそれはそれは立派なニューヨークサンドイッチを食せなかった代わりに食したナニカを思い出すきっかけになった「熱帯」の中の記述を下記に引用したい.

播磨坂は広くて美しい坂道だった。車道の中央には葉を落とした桜並木と、丁寧に舗装された遊歩道が続いていた。杖をついた老人がベンチに腰かけて日なたぼっこをしており、乳母車を押すふたりの母親が立ち話をしている。のどかな平日の昼下がりという感じで、あたりは眠くなるような静けさに充ちていた。
引用元:熱帯 (文春e-book)/位置: 857(太字筆者)

 
 グーグルマップセンセイなどを確認していたければ分かることなのだけれど,ちょうど茗荷谷からキノーズに向かってズンズンと歩いていく途中にあるのが,実は上記に「熱帯」から引用させていただいた「播磨坂さくら並木」なのである.この「熱帯」における「播磨坂さくら並木」の描写もまた見事であり,ボクはボクの記憶の片隅の「播磨坂さくら並木」をありありと思い浮かべることができたものである.

 最後にボクがキノーズを訪れて,臨時休業というオモチロシチュエーションに見舞われて,グーグルマップセンセイに「キノーズの近くにラーメン屋はありませんか?」とクエスチョンしたのは季節が秋だったのではないかと思うのである(阿呆のような暑さの夏ではなかったし,阿呆のような寒さの冬でもなかった.そしてなにより播磨坂さくら並木の桜に花が咲いていなかった).するとグーグルマップセンセイは播磨坂さくら並木の遊歩道の坂道を下りきったところに「播磨坂もりずみ」というラーメン屋があるからいってみればよろしいと答えたのである.

 そしてグーグルセンセイのオススメにしたがって桜の季節はおそらくそこかしこにヒューメンがごった返すのではないかとおもわないでない遊歩道であったのだけれど,まさに杖をついたオジーチャンがベンチに腰掛けて日向ぼっことかしていた遊歩道を下っていきボクは「播磨坂もりずみ」についたものだった.ちなみに時刻は3時を少し回っていたように思うのである.

 小粋なカフェやブティックのような佇まいの「播磨坂もりずみ」のドアを開いてみると,スタッフらしきオニーチャンが血相を変えてすっ飛んできて「すみません、もうランチの時間は終了なんです」と言い門前払いを受けそうになった.「ああ,そうでしたか.サーセン.」とボクはスゴスゴとまた別の飲食店を求めて彷徨おうかとしたところ,店主らしきオジサンが「マダ,食材等あるので,よろしければドーゾ.」といった趣旨のことを言って店内に通してくれたのである.どうやらその人物が後に調べたところ森住康二さんという店主のオジサンであったようなのだけれど,当時のボクは底抜けの阿呆であったので「地獄に仏」と口頭でのオーダー方式のラーメンを頂戴したのである.

 しかるのち食した「播磨坂もりずみ」のラーメンはたいへんにフツーであった.特にどこがどのようによいであるとか「ホンビノス貝の旨味成分が口腔を潤す」とか思い出すことはなにもないものである.「播磨坂もりずみ」のラーメンに関してボクはなにも記憶に残るところはなかったわけなのだけれど,唯一ボクが感謝しているのは店を閉じようとしているところを迷い込んでいしまったボクを門前払いしようとしたスタッフのオニーチャンを制して店主のオジサンが「マダ,食材等あるので,よろしければドーゾ.」と店内に通してくれたことだけである.マジ感謝.

 そして後日その「播磨坂もりずみ」がミシュラン・ガイドのビブグルマンに選ばれたであるとか,なんだかよくわからないが移転したのでもう播磨坂さくら並木の坂を下ったところには,そのお店はないだとかいったことを知ったものであるのだけれど,それらは皆もはやどーでもいいことである.なにより「マダ,食材等あるので,よろしければドーゾ.」とジェントルメンな対応をしてくれた森住康二さんが過去には「ラーメン界のイチロー」と呼ばれており,2012年4月24日に同氏の会社が破産し当時の同氏が運営していた柳麺ちゃぶ屋の営業再開が不可能になっていたということなどはマシマシでどーでもいいことなのである.

 余談の余談ではあるのだけれどどうやら今は「播磨坂もりずみ」が「麺や かず」と名前を変えて後楽園あたりでお店をやっているようなのだけれど,今やラーメン断食家となったボクには完全にどーでもいいことであり,わざわざ先般のマジ感謝を述べるためにラーメンを食しに行こうにも行くことができないのである.

 というわけで本稿はもはや十二分になんだかよくわからなくなったであろう.とはいえ,なんだかよくわからないものが大好物なボクはもはや20分に満足したものである.

 それではこれにて本稿はオシマイである.モシャモシャをたいへんに募らせていただけたら幸いである.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

キノーズ

食べログ キノーズ

 茗荷谷のサンドイッチで検索すると果たしてキノーズは健在であった.一方で茗荷谷のラーメンで検索すると果たして「播磨坂もりずみ」は閉店していたことが分かった.その閉店は2017年5月であったらしい.すくなくともボクはそれ以前の秋に茗荷谷を訪れているはずであるのでそれは2016年の秋よりも前ということになる.つまり最後にボクが茗荷谷を訪れたのは2年以上前になるというわけだ.ちなみに「播磨坂もりずみ」の閉店についてそこはかとなく調べていくと店主のオジサンと思われるメンの名前が森住康二さんであったらしいこと,森住康二さんはフレンチのシェフであったはずなのになぜかラーメンをつくろうと思ってしまったらしいということ,そしてなんだかよくわからんが「ラーメン界のイチロー」と呼ばれていたらしいこと,柳麺ちゃぶ屋というラーメン店を経営していたことがあったけれど運営元の会社を倒産させて店は再開不可能になったらしいこと.しかしなぜかその後懲りずに「播磨坂もりずみ」を開店していたらしいこと.そんな「播磨坂もりずみ」で提供されていたラーメンはボクが記憶するかぎり至ってフツーであったわけだけれどどういうわけかミシュランのビブグルマンに選ばれていたらしいこと.しかしそんなミシュランのビブグルマンに選ばれていてもなぜか「播磨坂もりずみ」も閉店し移転しかるのち「麺や かず」と名前を変えて後楽園あたりでお店をやっているらしいということがわかるのみであった.なにはともあれボクがよくわからないのはどうして森住康二さんはフレンチのシェフであったはずなのに未だに味はいたってフツーの意識他界ラーメンをつくり続けているのかということだ.経営の才覚がストロングゼロなのは十二分にわかったものであるが,それならせめて至ってフツーの意識他界ラーメンをつくるより本職のフレンチをつくったらいいのではないだろうか.意識他界系のラーメン店店主の考えることというのはやはり謎である.

 戯れにgoogle:ちゃぶ屋 とグーグルセンセイにクエスチョンするとナニカとそこはかとなく森住康二さんの経営の才覚が見え隠れするわけなのだけれど特にボクからはなにも言いたいことはありません.

《アイキャッチはニューヨーク・マンハッタンのイラスト(ビル)./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に.ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした.