#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ボクがラーメンライターにならない理由。むしろなれないと言ったほうがいいかもしれない理由。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うなんだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

ライター業に興味だけはある。

 閑話休題。ボクは先日「ライター業はじめます(1記事1,000円)」というタイトルのブログエントリ(以降、記事をエントリと表記する)をタイトルだけ読んだ。ボクは当該エントリの中身を読みたいとも思わなかったので読んでいない。だから当該エントリへのリンクはしない。そのブログエントリを読んでみたい諸賢はGoogle検索してみてほしい。

 上述のブログエントリのタイトルのみを紹介しようと思ったのはボクが日々「ライター業」という仕事に対して関心だけはもっているからである。そういったわけでボクは「ライター業」なる仕事についてのボクの考えを公開してみたいと思っている。先に言っておくとボクは現時点においてラーメンライターになるつもりはミジンコの陰茎ほどもない。穿った物言いをするならばボクはラーメンライターにはなれないとも言う。余計なお世話である。

 さて言わずもがな「ライター業」というものは「業」というだけあって仕事である。仕事はマネーがもらえるから仕事なのであり、マネーをもらえることが仕事だと言っても過言ではない。マネーをもらえない仕事などというものはボランティアであり、ボランティアはマネーがもらえないと言っても過言ではない。ボクはボランティアには興味ない。ライフイズマネー、マネーイズライフである。

 ちなみに冒頭のタイトルだけ紹介したブログエントリは「ライター業」を冒涜している。なぜならば一エントリ1,000円などという破格のマネーしか仕事の対価として要求していないからである。ボクがこのブログにおいて一エントリ書いても即日1,000円のマネーはゲッチューできないが、ボクはそれがボクのエントリに1,000円の価値もないという意味ではないと思っている。ましてやタダではない。マネーがゲッチューできないからといってそのエントリがタダ、つまりは無価値であると断じるのは横暴である。

 だからボクは未だかつて寄稿をお願いされるという奇行をメディアの方からオファーされたことはないがそのとき一エントリ1,000円などでは受注する気などはサラサラない。ましてや無断転載などされたならダンコとして戦うことを潔く諦めないつもりだ。家系ラーメンのごときこってりとした持ち味を発揮してダンコ戦いたいと思っている。チューモクされてないからといってタダのブロガーから無断転載してもノープロブレムなどと思ってるメディアがあるとしたら、タダのブロガーなめんなとここに宣戦布告しておきたい。

ボクがラーメンライターにならない理由。むしろなれない理由。

 さて本題である。ボクがラーメンライターにならない理由であり、ボクがラーメンライターになれない理由である。

 冒頭にも触れたとおりボクはプロのラーメン断食家を名乗っている。ボクくらいのラーメン断食家ともなればラーメン食わずしてラーメンのことについて語ること千変万華、ラーメン食わずして百花繚乱のラーメンエントリを書けると言っても過言ではない。

 しかしボクはラーメンライターにはならない。別にラーメン食わずしてラーメンのエントリを書くのにボクはこの「ほぼにちらーめん」というブログを持っている。だからボクはこのブログにおいてブログをライトすればよいからである。マネーはさっぱりゲッチューできないが、ラーメンについてライトするだけならほぼほぼタダで書ける。つまりはてなブログスバラチイではないかということである。

 というわけでラーメンについてはてなブログでほぼほぼタダでライトすることはできる。しかしそれはラーメンライターではない。ほぼほぼ収益のないタダのラーメンブロガーなのである。

 そこで続くのがボクがラーメンライターにはなれないという話である。ラーメン俗世においてはラーメンについて書きたいならば、まずはラーメンを食うのが正義である。どっかで食ったラーメンらしきものについて食レポしてはじめてラーメンについて書いたと認められるのである。ボクのようなラーメン食うに食えなくなったラーメンブロガーはラーメン断食ブロガーでありラーメンブロガーとしては邪道、むしろ失格というわけだ。

 そういったわけでボクにラーメンライターとしてのオファーがかかったことがない。だからボクはラーメンライターにはなれないのである。

 ちなみにラーメンWalkerの株式会社KADOKAWAなどからオファーが仮にあったならば、ボクが自分の持論たるラーメン外食無用論について寄稿することについてはミジンコの陰茎ほども吝かではない。マネーとの相談次第である。

 問い合わせはボクのツイッターをフォローしてボクからのフォロー返しを受けて行ってほしい(この際、デフォルトのアイコンだったりといった類の見るからに怪しい方のアカウントはフォロー返ししないからご容赦願いたい)。なぜならボクはFF外からの通知の一切をことごとく許可していないからである*1

 では以上だ。また会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチはグルメライターのイラスト(女性)。いらすとやさんもそうであるが、世の中では食について語るのにナニか食わないといけないというオモチロオカチイ風潮がある。ラーメン断食しているボクから言わせてもらうならばこれはチャンチャラおかしいことである。別にラーメン断食していてもラーメンについて書くことはできる。むしろなぜボクがラーメン食うに食えないかについてなど書いても書ききれないくらいである。固定観念に囚われているから特定の方向性からしか文章が書けないのである。ラーメンについて知りたいなら食ってる人間よりも食ってない人間の言い分のほうが有用であるとなぜ考えられないか。まったくもって世の中は不可思議であると言わざるを得ない。)

*1:ちなみにボクがFF外からの通知をオフにするツイッターの運用をしているのは、ラーメン俗世にはラーメンラリーというラーメン店のコバンザメ商法をしているロクでもないプロダクトがあり、最近は小康状態だがそのシンパが5ちゃんねるで罵詈雑言の嵐を繰り広げているからである。ボクはいわれのない罵詈雑言を受けることを快く受容できるマゾではない。だからそういう腐れ外道かつド阿呆とのかかわり合いをことごとく却下する。そのための自衛的ツイッター運用方法というわけである。