#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

《前編》プロのラーメン断食家であるボクの2018年の抱負をコウカイする。

スポンサーリンク


 あけましておめでとう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ。

 今週のお題「2018年の抱負」。”新しい年の始まりは、心機一転して新たな目標に向かっていくチャンス。2018年こそは叶えたい大きな夢から、日々の暮らしの中で心がけたい小さな目標まで、あなたの「2018年の抱負」を教えてください。”とのことである。

 そしてよく読むと「今回のお題は2週連続で実施! 皆さまのご応募、お待ちしております。」とのことでもあるという。これは、はてなブログの「今週のお題」に答えることを週イチのやらんでもいいイシューとして掲げているボクに2週間連続で「2018年の抱負」について考えなさいと言っているにヒトチイ。なんという新年から敷居の他界イシューであることであろうか。新年から負けられない戦いがここにある。

 とはいえ、ボクも昨年(2017年)のほぼ丸一年、毎週毎週、はてなブログの今週のお題に答え続けてくることによって、この手の一見無理ゲーなお題の無茶ブリにも手抜きで応じる八麺六臂のブレイクスルーを会得済みである。今回もその手抜きの極意を用いて2週に渡ってボクの「2018年の抱負」を分割してコウカイしたいと思う。リスクは分散スべし。

 改めまして自己紹介。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

 キチョー麺なボクはやるとキメたことを順番どおりにやると言ったらやる。今年(2018年)の年初は「年明けうどん」「初詣」そして「新年の抱負」まずはこの順番でコウカイするとキメた。そういう意味では今回の今週のお題「2018年の抱負」はタイヘンにボクに都合のよいものだ。しかしこれはタマタマであり、決してボクが都合にあわせてキメた順番なわけではない。

 ところでボクは前述のとおり、プロのラーメン断食家である。ちなみに昨年(2017年)はタダのラーメンブロガーだったボクがラーメン断食に目覚め、プロのラーメン断食家を襲名し、そしてラーメンの拡張をウチなるインナーワールドに展開するという能力を開花させた一年だった。ラーメン断食家として2年目の活動となる今年(2018年)はさらなるラーメン断食の飛躍、外でいかにしてナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを受けて断つ能力を発展させるかというチョーセンの一年としたい。

 ちなみに現時点でボクが自覚しているプロのラーメン断食家としての活動を列挙すると「家系ラーメンブロガー」「ラーメン断食家、つまりはラーメンハンガーストライキという核廃絶運動の自虐的代理戦争家」「意識他界ラーメン料理研究家」そして「ラーメン評論評論家」の4つである。とりあえず現時点でこれに加えて「ラーメン関連銘柄ウォッチ家」「ラーメーン探索家」の2つの活動を加えようとは思っている。これからもゾクゾク(続々)する予定だ(関連記事:参照*1

《前編》プロのラーメン断食家であるボクの2018年の抱負をコウカイする。

 冒頭にも書いたとおり本稿は前編と後編にわける。であるので、今回は既存の活動である「家系ラーメンブロガー」「ラーメンハンガーストライキという核廃絶運動の自虐的代理戦争家」「意識他界ラーメン料理研究家」そして「ラーメン評論評論家」についての抱負を述べ、後編にて新設予定の新たな活動「ラーメン関連銘柄ウォッチ家」「ラーメーン探索家」の抱負について述べたいと思う。

 ではそれぞれの活動についての抱負について述べていきたい。

《家系ラーメンブロガーとしての抱負。》

 ボクは家系ラーメンブロガーを名乗っている。というのもボクの活動の末尾にはすべて「家」の文字がつくようにしているからである。再度、ご確認あれ「ラーメン断食家(らーめんだんじきや)」「意識他界ラーメン料理研究家(いしきたかいらーめんりょうりけんきゅうや)」そして「ラーメン評論評論家(らーめんひょろんひょろんや)」、すべての末尾に「家」という文字が入るように詭弁を駆使しているのだ。

 そして現時点でスデに活動自体は行っていて、明言していなかったものの中で、末尾に「家」をつけることでボクの活動として明言することにしたのが「ラーメン関連銘柄ウォッチ家」であり「ラーメーン探索家」である。

 ボクの家系ラーメンブロガーとしての今年(2018年)の抱負としてボクはこの「家」系の活動を拡張していきたいと思っている。そしてそれこそがボクの言う「ウチなるインナーワールドの拡張」なのである。ボクはウチなるインナーワールドが拡張し続ける限りブログを書くネタに困ることがない。つまりはエンエンとブログを書き続けられるのである。

《ラーメン断食家としての抱負。》

 ラーメン断食家としての活動は、意識他界ラーメン店のナンだかよくわからんムニャムニャをラーメンと呼ぶ風潮に対する反駁を示すためにナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを受けて断つ活動のことであった。

 しかし、タダラーメンを食わないというだけではタイヘンにゲイがない。ボクはこの不毛なラーメン断食エネルギーの有効利用を昨年考案した。それこそが平和祈願、核廃絶の自虐的代理戦争、つまりはラーメンハンガーストライキである。ボクはキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで、外でナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを食わない。

 ナンだかよくわからんムニャムニャという意識他界ラーメンへの「ノー」とキタチョーのロケットマンに対するロケットもどきを撃つ行為に対する「ノー」を両立させる画期的かつ革新的なストライキ活動である。そしてナニよりボクのこの活動はタイヘンに平和的なものであり、ダレも困らない。前者はナンだかよくわからんムニャムニャを食わないことで人びとはヘルシーになるし、後者はキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめればニッポンは核の脅威からチョッコっとだけセーフティになるのである。

 ボクはこのラーメン断食家としての活動をさらに一段も二段も上に発展させられるよう、さらに今年(2018年)もアタマをヒネくりまわしたいと思っている。

《意識他界ラーメン料理研究家としての抱負。》

 前述したとおり、現在、広くラーメン俗世においてラーメンと呼ばれているものはナンだかよくわからんムニャムニャであり、実のところラーメンではない。みな、意識他界ラーメン店によってラーメンではないものをラーメンだと思わされ一敗食わされ続けている。ボクから言わせればナンだかよくわからんムニャムニャを創ることがデキてしまう意識他界ラーメン店主は天才アーチストである。しかし、客にそんなナンだかよくわからんムニャムニャなアートで一敗くわせようとする点から見ると、意識他界ラーメン店主は腐れ外道かド阿呆、もしくは腐れ外道かつド阿呆であると言えよう。

 参考までにナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンの例を挙げてみるならば、時に麺のないナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺が肉であるナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺が豆腐のナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺がこんにゃくのナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に野菜しか入ってないナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にビーガンしか食うことのデキないナンだかよくわからんムニャムニャである。ナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンは無数に存在しておりボクが知らないナンダカよくわからんムニャムニャもおそらく数多く存在していることと思われる。だからボクはナンだかよくわからんムニャムニャをここにモレなくダブりなく網羅することがデキない。読者諸賢にはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンの雰囲気なりとも感じ取っていただくことができたなら幸いである。

《ラーメン評論評論家としての抱負。》

 ナンドでも口を酸っぱくして言うのであるが、現在、広くラーメン俗世においてラーメンと呼ばれているものはナンだかよくわからんムニャムニャであり、実のところラーメンではない。しかしタイヘンにオモチロオカチイことにラーメン評論家と呼ばれているヒトたちはそういったナンだかよくわからんムニャムニャをラーメンとして絶賛し続けている。意識他界ラーメン店主がナンだかよくわからんムニャムニャで客に一敗くわせる腐れ外道またはド阿呆、もしくは腐れ外道かつド阿呆だとするならば、そんなナンだかよくわからんムニャムニャで意識他界ラーメン店主が客を一敗くわせるサポートをしているラーメン評論家はタダの腐れ外道かつド阿呆であると言えよう。

 ボクはそういったまじめにナンだかよくわからんムニャムニャをナンだかよくわからんムニャムニャとして扱おうとする気のないラーメン評論家の評論に一言物申すためラーメン評論家の評論に評論することにしたのだ。その活動の主たるものはラーメン評論家がナンだかよくわからんムニャムニャのことをスバラチイラーメンであると絶賛していたら、キミが絶賛しているのはナンだかよくわからんムニャムニャでありラーメンじゃないぞと冷水を浴びせるという活動であるわけだが、ラーメン評論家のような腐れ外道かつド阿呆が持て囃されてしまうような世の中には冷水を浴びせる存在が必要なのである。こんな不毛なことをボクがやらずにダレがやる。

 以上がボクの既存の活動、「家系ラーメンブロガー」「ラーメンハンガーストライキという核廃絶運動の自虐的代理戦争家」「意識他界ラーメン料理研究家」そして「ラーメン評論評論家」の今年(2018年)の抱負である。これを継続しているだけでもそれなりにボクはラーメンをウチなるインナーワールドに拡張、展開、発展し続けることはモチロンできそうなのであるが、さらなる拡張、展開、発展を促すために新しい取り組みもしていこうと思う。

 というわけで新しい取り組み「ラーメン関連銘柄ウォッチ家」「ラーメーン探索家」という活動に関する抱負については後編へと引き継ぎ、本稿はこのあたりでシメたい。

 それでは来週の水曜日の後編でまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは新社会人・新入社員のイラスト「男性社員と女性社員」。「目標」で検索してヒットしたのがこのイラストだった。「一年の計」とか「抱負」でヒットするイラストはザンネンなことにストロングゼロだった。)

*1:プロのラーメン断食家として自然と行っている不毛な活動を総括してみた。