#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンが心の癒やしでありストレスでもある。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ。

今週のお題「私の癒やし」。「日々、ストレス社会を生き抜く私たちには、疲れた心を癒やしてくれる存在が欠かせません。大好きなペット、リラックスできる音楽、おすすめの癒やしグッズなど、あなたの癒やしを教えてください。」とのことである。

 改めまして自己紹介。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

ラーメンが心の癒やしでありストレスでもある。

 古人曰く「名は体を表す。」言わずもがな「らーめ人間」と名乗るからにはボクはラーメンが好きである。愛していると言っても過言ではない。

 そんなラーメンを愛するボクの癒やしがラーメンでないはずがあろうはずもない。ボクの癒やしこそはラーメンであり、ラーメンこそがボクの癒やしであると言っても過言ではない。

 ラーメンとは無類の食物である。料理の素人がカップ麺や袋めんをてきとーに作ってもそれなりにウマい。コンビニのチルド麺を食ってもウマいのである。マズいラーメンを作って売り物にできる人間がいるとしたら、もはやそれは色々とマズいことをする天賦の才が備わっていると言っても過言ではない。

 一方、ボクに言わせれば万物はラーメンにはじまりラーメンに終わるのである。

 古人曰く「名は体を表す。」言わずもがな、ボクの名の「Z」の名が示すとおり、はじまりがあればおわりがある。ラーメンの癒やしにはじまりがあるならば、癒やしには終りがあるのである。終わりのない癒やしはない。

 つまりラーメンは時にボクにストレスをもたらす。ボクのストレスはラーメンであり、ラーメンはボクのストレスであると言っても過言ではない。

 ラーメンという食い物は無類であり、そのウマさたるや筆舌に尽くしがたい。ラーメンの種類は無数あり、多岐に渡るラーメンの系統はもはやラーメンではないものまでラーメンと呼ばれる始末である(少なくともボクは麺が肉だったり、麺がなかったりするものをラーメンとは呼ばないことにした。ビーガンベジソバとソラノイロに至っては無用であるのでこの世からなくなればよい)。

 そして、ナニ食ってもウマいはずのラーメンでそういった何だかよく分からんマズいものを作れる意識他界ラーメン店も雨後の竹の子のように生えてくる始末である(とは言え流行り廃りが激しい業界でもあるのでそんな何だかよく分からんマズいものが10年も20年も続かないであろうと淡い期待をボクは抱いていないこともない)。

 誰がこんな状況を許しているのか。責任者がいるならばボクは問い合わせたい。責任者はどこか。

ラーメンという癒やしとストレスのあいだ。

 日々ボクの思考は二律背反するラーメンは癒やしであり、ストレスでもあるという哲学的思索の間(はざま)をたゆたっている。

 そしてラーメンは癒やしであるか、ラーメンははたまたストレスであるかとアウフヘーベンする途中でエラーが発生するとキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキという何だかよく分からんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生してしまうのである。

 ラーメンハンガーストライキは棚ぼた的に生まれたものであるが、ボクはこの活動が超平和的な詭弁の上に成り立っていると信じている。

 ボクのアウフヘーベンの途中のエラーが核廃絶と世界平和をもたらすというのであれば、ボクは喜んで意識他界ラーメン食う愛を説かれたら、ラーメン食うに食えない哀でもって受けて断とう!

 来年のノーベル平和賞、本気で狙っていくぞ、エイエイオー!

(アイキャッチはヨガのイラスト「瞑想」。癒やしとはリラックスした状態のことを指す。リラックスしたいなら瞑想は手軽にできるし、よいメソッドだ。睡運瞑菜、睡運瞑菜、睡運瞑菜、350gで勝つ!)