#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

小林ゆみ杉並区議会議員「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎてはいけませんね。」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

小林ゆみ杉並区議会議員「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎてはいけませんね。」を受けて断つ。

 読者諸賢はストローマン論法をご存知だろうか.

 先日,宇多田ヒカルさんが下記のツイートをしてからというもの「誰かがメディアでした話から別の誰かが一言だけ抜き取って、文脈から切り離してネットで持ち出して、そこから少数派を除いた多くの人がソースの文脈を参照しようとしないまま自己投影に基づいた批判や擁護(つまり妄想)のたたき台にして論争が繰り広げられる現象」を都合のよいように解釈してストローマン論法であるので批難される覚えはない,といった論調が一部界隈で散見されるようになった.ボクがなにをいっているのかわからんかもしれないが,ボクもそのストローマン論法の御都合主義的な解釈については当事者がなにをしたいのかよくわからないので安心してほしい.

 ちなみにgoogle:ストローマン論法でグーグル先生に「ストローマン論法」ってなんですか?とカジュアルにクエスチョンするとボクの場合,検索順のトップでヒットするのが下記に付すリンクのウィキペディアの「ストローマン論法」のページであり,ウィキペディアの「ストローマン論法」の説明としては次のように書かれている.

「ストローマン(英: straw man)は、議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。藁人形論法ともいう。」

 またより詳しく概説には下記のようにある.

「相手の意見の一部を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、または一部のみを取り上げて誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。この場合、第三者からみれば一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。これは論法としては論点のすり替えにあたる誤謬であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)となるが、意図的におこなっていればそれは詭弁である。しばしば、感情に訴える論法やチェリー・ピッキングのような他の誤りとともに用いられる。相手の発言を元の文脈を無視して引用し、本来の意味とは異なる印象を与えるよう提示することをクオート・マイニングと呼ぶが、クオート・マイニングに基づいて批判すればこれもストローマンの一種である。」

・参考:ストローマン - Wikipedia

スポンサーリンク

 というわけでストローマン論法とは端的かつ直截に言えば「詭弁」の一種であるということである.ストローマン論法についてはたっぷりとおわかりいただけただろうか?

 閑話休題(ここまでが冒頭の閑話であり,ここからもどうでもいい閑話である).

 たっぷりとストローマン論法がなにかがわかったところで,ボクははてなブックマークのホットエントリで,今再び宇多田ヒカルさんのいう「誰かがメディアでした話から別の誰かが一言だけ抜き取って、文脈から切り離してネットで持ち出して、そこから少数派を除いた多くの人がソースの文脈を参照しようとしないまま自己投影に基づいた批判や擁護(つまり妄想)のたたき台にして論争が繰り広げられる現象」,つまりはストローマン論法に警鐘を鳴らす主張を見つけた.下記の小林ゆみ杉並区議会議員(以降小林ゆみさんと表記)のツイートである.

 さて,この小林ゆみさんがいうところの「杉田水脈先生のLGBTについてのご発言」がどのようなものでどのような批判を受けているのかをご存じない方もいるかもしれないので,下記のバズフィードの記事などを参考に「杉田水脈先生のLGBTについてのご発言」がどのようなものでどのような批判を受けているのかをおさらいをすることにしよう.

・参考:杉田水脈議員のLGBT寄稿、自民党は「個人としてのものとして理解」

 問題となっているのは、「新潮45」2018年8月号(新潮社)に掲載された杉田水脈さんの寄稿記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」の中において杉田水脈さんは「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうかーー」と持論を展開したことにある.そしてどのような批判があるかといえば,自身も同性愛者であることを公表している立憲民主党の尾辻かな子議員による「人の価値は、生産性にあるのではありません」「すべての人は、生きているそのこと自身に価値がある」というものである.

 さて例えばこの批判は「言葉だけ切り取」って「文脈を見」ないで行われているものだろうか?そして杉田水脈さんの言う「生産性」が「子供を産めるかどうか」という意味だとわかっていないで行われたものだろうか?「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎて」行われた批判なのだろうか?

 たしかに小林ゆみさんは「杉田水脈先生のLGBTについてのご発言」の「言葉だけ切り取」って「文脈を見」ないで杉田水脈さんの言う「生産性」が「子供を産めるかどうか」という意味だとわかったのでしょう.しかし,杉田水脈さんの寄稿記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」を批判している人たちもそれくらいのことは理解をした上で批判しているのだと思うので,小林ゆみさんのいう「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎ」る行為はなんだかよくわからんストローマン論法であるといわざるを得ないのである.

 余談だがボクはこの手の「言葉を文脈から切り取り、感情的にな」らずに読めば,わたしの主張は正しい.だからわたしの文章をキチンと全部読むべきだ.というなんだかよくわからんストローマン論法もどきのことを別の名前で呼びたいと思っている.昨日書いたエントリでの時点ではよい名前が思い浮かばなかったのだけれども,「自己主張」が「強い」こと,そしてなにより主張が間違っている(「事故」ってる)ことから「事故主張が強いストローマン」とでも呼ぶことにしようと思う

スポンサーリンク

 最後の最後の余談ではあるが,「新潮45」2018年8月号(新潮社)に掲載された杉田水脈さんの寄稿記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」の全文は無断転載と思われるものではあるがインターネッツ上で書き起こしたものを読むことができる.無断転載は著作権法の定めるところの「引用」の適用範囲を逸脱する行為,つまりは著作権違反となりうる行為なのでボクはそのエントリへのリンクを本稿には貼らない.

 しかし,google:新潮45 杉田水脈 LGBT 原文 書き起こし といった具合でグーグル先生にクエスチョンしてみると,「新潮45」2018年8月号(新潮社)に掲載された杉田水脈さんの寄稿記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」の全文と思しきものを書き起こしたものを見つけることが可能だ.

 杉田水脈さんの新潮45の寄稿文に対する批判を小林ゆみさんのいうように「言葉を文脈から切り取り、感情的になり過ぎてはいけませんね。」とストローマン論法といわれないようにするためにはなんらかの方法で杉田水脈さんの新潮45に寄稿した全文を読んでおいたほうが良いし,ボクは可能ならば新潮45の出版元である新潮社もしくは杉田水脈さんに同寄稿文の全文をインターネッツで誰でも読めるように公開してほしいものだなと願ってやまない.というわけで新潮社さんよろしこ.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチはストローのイラスト.ストローは藁である.昨今,プラスチックストローの廃止運動が話題だが,プラスチックストローの廃止運動はストローマン論法とは関係がなく本稿の趣旨を逸脱するのでまた別の機会に潔く書くことにしよう.立派な大人とは潔いものであり,ボクは立派な大人であるからだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

「いや、その通りだから批判されてるのだけど、文脈から切り取るなと言ってこれなのか…大丈夫なのか?」「こいつは一体何を言っているのか自分で把握できてるのか?」「それがだめなんだけど… 」「嫌味か皮肉なのかな? と思って五回くらい読み直した。」といった意見を上記のはてなブックマークページでは確認することができる.

 小林ゆみさんも一躍時の人である.自民党も杉並区の皆さんもこんな逸材を発掘するとはすごいですね.

 小林ゆみさんはツイッターを続ければ続けるほど泥沼にハマっている気がするのだが,ボクは文章読解力他界系の逸材だと思うので今後も頑張ってもらいたいと思っている.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。