#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

しば田(調布市若葉町)の味玉チャーシュー煮干しそば

スポンサーリンク


本日のおしながき:しば田の味玉チャーシュー煮干しそば

  • ラーメン屋 / しば田
  • 今日の一杯 / 味玉チャーシュー煮干しそば
    (2016年047杯目)
  • 値段: ¥1050 (大盛+150円)
  • 日付: 2016-05-03
GW のおいしいラーメン屋探訪第一弾。

GW も定休日以外は平常営業ということで、普段は土日営業をされていないので、なかなかいくことのできないしば田さんへ再訪(2度目)。

初訪は昨年の20151207だったので、約半年ぶり。そしていただいたのは看板の醤油そばをいただいたので、2度目となる今回は煮干しそばと決めていた。

煮干そば、塩味は濃い目。えぐみもあえて残している感じ。ガツンとくる。

さて、煮干しそば。一口目はもちのろんのルーティーンでスープからいただく。

「おお、ちっと塩っぱいのね」

醤油をいただいたときには、そのあっさりした味に驚いたものだったが、煮干しは塩っぱいというのは意外。ちなみに悪い意味ではなく、ほどよい塩っぱさ(完飲はしない方がよいとは思うが)。煮干しのえぐみもどうやらあえて残している感があり、これはこれで久しく会っていなかったニボ。いいね。

濃いスープを吸いすぎないようチャーシューの上に天地返しして麺をすする。

繊細な細麺、天地返しして焼豚の上に乗せつつすする。のびないように、濃いスープを吸い過ぎないように。大盛にしたので、なかなかにボリューミー。ゆっくりと噛みしめながら麺を楽しむ。

好きなものは最後に食すタイプのわたし。焼豚はもちろん麺とスープとも食べるが、最後まで残しておいた。見た目美しい焼豚は筋張っているという意味ではなく、肉がいい意味で張っていて噛み応たえがあって最後の最後まで、この一杯の幸せが持続する。

見た目の美しさだけでも何度も来たくなるしば田さん。

しば田さんのラーメンは本当に見た目が美しいので、それだけでも何度も来たくなる。

営業日ルールが変更になるのがうれしい。

頻繁に営業日ルールを変えているしば田さんだが、今度(2015-05-28より)は土曜日の営業をされるらしいとのことで、以前よりは足を伸ばしやすくなりそう。

これる頻度が上がるならば、次はつけそばにもチャレンジしてみたいという欲が湧いてきた。炊き込みご飯も食べてみたい。土曜日営業の始まりが楽しみだ。

ご馳走様でした!

(インスタに投稿した内容を一部編集し所要時間10分:お題「マイブーム」