#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「人手不足による2017年10月の倒産件数 この4年間で最多に」に思ったこと。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

2017年10月の企業倒産、7%増の733件 人手不足の倒産が最多になったそうである。

www.nikkei.com

 2017年10月、人手不足で倒産する企業が過去最高を記録したそうである。

 日経平均も戻り高値を記録し騰勢を高めている。上場企業の業績も過去最高を記録する企業が目白押しだ。なかなかそれが従業員(以降、労働者と表記)に還元されたという実感をともなわないのがビミョーなところであるが、そんな企業の好業績を支えるのは労働者であることは間違いないのである。

 ゆえに、あるところには仕事はゴマンとある。ジュウマンとあると言っても過言はないかもしれない。しかし日本の労働者の頭数は限られている。つまり人手不足である。人手不足であるということは労働市場は売り手市場というわけだ。売り手市場の昨今においてわざわざサラリーをはじめとした労働条件が悪いところを敢えて狙いすまして就職するのは無知な阿呆か、よほどやり甲斐搾取されたいマゾである。

 労働条件が悪いことを気にしない無知な阿呆は別として、人のやり甲斐を搾取するようなカタチでビジネスを行っている企業に人が集まらないのは当然である。優秀な人ほどよりよい待遇を求めて離反するのは自明だ。そして優秀な人が離れた企業がビジネスを継続できるであろうか。できるわけがない。

 そういうわけでボクは人手不足で倒産する企業が過去最高を記録したというニュースがとてもしっくりと納得がいったものだ。

 いかに優秀な人材を定着させることができるかが企業の課題であり、人を大事にできない企業はもはや生き残れないのである。

人手不足で倒産は、ラーメン業界こそ対岸の火事ではない。

 閑話休題。ところでラーメン業界である。ボクがツイッターで意識他界ラーメン店のツイートをみていると結構頻繁にスタッフを募集しているというツイートを見かける。繰り返し繰り返し何度も同じテンプレのようなスタッフ募集がツイートされると言っても過言ではない。

 何度も何度もスタッフ募集のツイートをしているのはナゼだろうか?言うまでもないだろう。応募がないからである。

※ちなみにこれを言わんでもいいのにわざわざ自ら狙いすましてツイートしてコウカイしているラーメン店のツイッターアカウントが存在する。その意識他界ラーメン店がそのツイートを消してなければ見つかるはずだ。ボクの言うことを信じるかいなかは諸賢の自由だ。

 ちなみにナゼ応募がないかというのも自明ではなかろうか。この売り手市場の世の中でわざわざトラブルの多そうな客商売、ましてやラーメン店のスタッフになろうなどというオモチロオカチイ人材はよっぽど無知な阿呆か、やり甲斐を搾取されたいマゾであるということである。

 余談だがボクはゼッタイラーメン店だけはカイギョーしたいとは思わない。ボクが客商売が向いていないのはもちろんだが、儲からないのが目に見えているからである。

 ボクはそもそも日本、特にT都にはラーメン店が多すぎると思っている。雨後の竹の子のようにカイギョーしては消えていくのは、それだけ採算をとるのが難しい業態だからである。しかし、それでもこの業態を選ぶ人びとがそれなりにいることには素朴に疑問である。もしかしたら、自分に限ってラーメン店で採算がとれないわけがないなどというタヌキの皮算用をしているのかもしれないが、その真相たるや定かではない。ボクにいえるのはT都には緑のタヌキは一匹だけで十分であるし、その緑のタヌキすら早くタヌキ鍋に落ちて欲しいということである。

 ボクは行列店が繁盛店だとは思っていない。それこそ効率が悪いから行列がデキるのだと思っている。そんな効率の悪い仕事の仕方をしているお店の労働環境がよいわけがない。やり甲斐があるのかないのかはわからない。しかし、ボクはすくなくともそんなマンパワーにたよった店舗運営をしているところで働きたいとは思わない。

特に意識他界ラーメン店は今後、自然消滅していくと予想する。

 慢性的な人手不足が今後も世の中的に続いたならば、ボクは伝統的なガンバリズムに支えられた意識他界ラーメン店はなり手がいなくなってそのうち消滅すると思っている。

 詳細はかかないが、街のラーメン店、中華料理店という業態はもはや死んだ。生き残っていたとしてもそれは絶滅危惧種である。そのあとに現れた意識他界ラーメン店が今は世の中を席巻している。

 意識他界ラーメンをボクはナンだかよくわからんムニャムニャと呼び、ボクはそれをラーメンだと思っていない。ボクの予想どおり人手不足で意識他界ラーメンが消滅するかどうかはわからない。

 しかしこれはとても興味深い話である。人手不足で倒産する企業が増える中、意識他界ラーメンは増えていくのか、はたまたボクの予想どおり消滅の憂き目に立たされていくのか。ボクは観察を続けたいと思う。ナニかあったらまたコウカイしよう。

 ではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは倒産のイラスト。人を大事にしない企業は倒産して当然である。しかし人を大事にするためにはマネーを稼がねばならぬ。マネーを稼げるビジネスモデルで従業員を養うのが経営者の責務である。やり甲斐を搾取して人が離れたらマネーが稼げなくなるような企業はブラッキーである。ブラッキーは滅びてしかるべきである。意識他界ラーメン店がブラッキーか否かは長い時間をかけてボクは観察を続けようと思う。本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。)