#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

東京のサクラ満開2019を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてななブログの編集部メンが出題するお題に答えてはてななブログを楽しむことにしているウィークデイだ.

 はてななブログの編集部メンによれば《桜前線が来た!今週のお題は「桜」です。いま、日本各地に桜の見頃が訪れつつあります。お花見の予定はありますか? 今週は日本の春の風物詩である「桜」をテーマに、はてなブロガーの皆さんのエントリーを募集します。「わたしのオススメ花見スポット」「花見で食べたいもの」「近所で見つけたきれいな桜」など、「桜」にまつわる記事を書いてみませんか? ご応募をお待ちしております。》とのことである.

 毎週木曜日にはてなな今週のお題が出題されることをサボりにサボってきたとは思えないはてななブログの編集部メンのテンションの高い元気のよさはさすがである.はてななブログの編集部メンにはなにかいいことでもあったのだろうか?

スポンサーリンク

 とはいえ,お題に答える前にまずは自己紹介させていただこう.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.

 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることのできない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

東京のサクラ満開2019を受けて断つ.

 さてそれではなんだかよくわからないけれど,なにかいいことがあったのかどうかは知らないけれどテンションが高くて元気のいいはてななブログの編集部メンがはてななブロガーのサクラについての思いの丈をおしえろくださいということであるので,ボクの2019年のサクラが満開なナニカについて本稿では長文乱文駄文となることも厭わずノンストップライティングでボク自身が覚えておきたいことを自由なフリースタイルで書き記していこうと思う.

 まずは大前提.ボクは日本の首都東京の23区内のドコカの企業で働くサラリーメンであるので,本稿においては日本の首都東京の23区内に限定した2019年のサクラについて書いていくことにする.

(1)2019年のサクラの開花はいつだったか?

 では第1にまずは今年(2019年)の日本の首都東京でのサクラの開花宣言がいつ気象庁によってなされたかであるかについてであるわけなのだけれど,それは今,なにも調べなくてもボクは覚えているのでいともたやすく行われるえげつない正解を答えることができるものである.

 それは2019年3月21日の春分の日である.

 上記にスデに書いたエントリにあるとおり,今年(2019年)の日本の首都東京でのサクラの開花は平年より5日早く去年より4日遅い春分の日の2019年3月21日であった.

(2)2019年のサクラの満開はいつだったか?

 では第2に今年の日本の首都東京のサクラが満開になったのがいつであったかについてはボクが有料でサブスクライブしている日本経済新聞によれば2019年3月27日だったようである.

 そして上記の記事によれば「気象庁は27日午前、東京都心の桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。昨年より3日遅いが、平年より7日早く、1953年の統計開始以降で5番目に早い。今シーズンの満開は全国で初めて。」とのことであった.

 今年は日本の首都東京はサクラの開花も満開もいずれも平年より早く,昨年よりは遅かったということだったようである.ナルヘソナーというわけである.

スポンサーリンク

(3)サクラ(ソメイヨシノ)の正確な開花予測に期待

 さて次に3つ目のサクラの話題であるわけなのだけれど,これはたまたまボクが日本経済新聞の社会欄を読んでいたら発見した記事を紹介しておきたいというものである.

 おそらくボクのブログをお読みになってくださるような聡明な読者諸賢ならば一般的にクールなジャパニーズなメンやウーメンが「サクラ」と呼んでいるものが「ソメイヨシノ」という品種であることはご存知のことかと思うのだけれど,そのソメイヨシノのゲノムの解析が進み,正確な開花予測に期待がモテるようになったよというのである.

 上記の記事で紹介されていたソメイヨシノのゲノム解析の成果は次のとおりである.記事を引用して紹介したい.

チームによると、島根大が保有する農園のサクラ約140品種や、ソメイヨシノの原木との研究報告がある上野恩賜公園(東京都)の樹木の組織を採取し、全遺伝情報を解読した。
その結果、通説とされていた通り、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの2品種を祖先に持つことが裏付けられた。開花前の1年間、つぼみの遺伝子の働きを調べて開花につながる遺伝子も特定した。
また、開花にはフロリゲンと呼ばれる遺伝子が一部関わっていると判明。フロリゲンの働きを抑制している別の遺伝子の働きが冬以降、長期間の低温にさらされて弱まり、フロリゲンが働くようになるなどして開花に向かう可能性が高いことが分かった。
引用元: サクラのゲノム解読 正確な開花予測に期待  :日本経済新聞(太字筆者).

 開花にはフロリゲンと呼ばれる遺伝子が一部関わっていると判明したことによってだと思うのだけれど,サクラ(ソメイヨシノ)の開花予測がよりより精度をマシマシにするというのはとてもスバラシーことだとボクは思うものである.

 正確なサクラの開花予測によってあえて狙いすましてサクラの開花や満開をいつ観察しにいくか予定を立てることができる世界がやってきたならばたいへんにステーキである.

(4)日本の首都東京のお花見スポット.

 さて最後の4つ目は3つ目のソメイヨシノのゲノム解析の記事中で日本の首都東京のお花見スポットの代表格である上野恩賜公園(東京都)の名前がでてきたのでついでにボクが日本経済新聞と同じく有料サブスクライブしているdマガジンに配信されてくる東京ウォーカーの2019年4月号に桜まつり&名所お花見攻略法というなんでそんなよくわからないことを攻略せねばならぬのだという攻略法が掲載されていたので,その記事中で紹介されていたエリア別お花見スポットの中の東京23区内攻略法で紹介されていたお花見の名所をリストアップしておくものである.

ーー以上である. 

 これだけ日本の首都東京におけるサクラの開花,満開,ゲノム解析そしてお花見スポットについて書き記しておけば来年(2020年)の日本の首都東京のサクラをエンジョイできることはマチガイナシ!

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

《アイキャッチは桜の開花のイラスト(ソメイヨシノ) | かわいいフリー素材集 いらすとや.》