#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

クリスマスラーメンとかいうナンだかよくわからんムニャムニャは食うに食えない。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

クリスマスとはイエス降誕(誕生)を祝う祭である。

 今夜はクリスマス・イブである。異世界転生したボクが住まうラーメン俗世のニッポンにおいてもクリスマスは存在する。それにしても、そもそもクリスチャンの国ではないニッポンにおいてイエス降誕(誕生)を祝う祭であるクリスマスを国民総出で祝うのはタイヘンにオカチイ話、つまりはウツクチイ国ニッポンな話である。これを商業主義の片棒を担ぐ有象無象のムニャムニャによる御都合主義と呼ばず、ナニを商業主義と言い、ナニを御都合主義と呼ぶのか。ニッポンにクリスマスを持ち込んだ責任者がいるならばトイタダしたい。

... ハテ、責任者はドコか?

 閑話休題。そういうわけで今夜はクリスマス・イブである。イエス降誕(誕生)を祝う祭の日である。それくらいボクだって知っている。ではそんなイエス降誕(誕生)を祝うために黒い毛玉がうごうごと集まってパーリーで食べるものはナニか?少なくともラーメンであるはずがない。

 しかし、世の中にはタイヘンにオカチイこともあったものでクリスマスにクリスマスラーメンなるナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを創ってしまう意識他界ラーメン店主の個体をボクは確認しているし、そんなナンだかよくわからんムニャムニャを食いに行くためにわざわざ意識他界ラーメン店を訪れるアタマのオモチロオカチイ人びとがいることも確認している。これらは嘘偽りない事実ではあるのだが「嘘だろ?!」と思う諸賢が google:クリスマスラーメン してみるかどうかの判断は各諸賢の判断にお任せしたい。

 ちなみにクリスマスラーメンなるナンだかよくわからんムニャムニャというのは、時にクリスマスケーキを模したナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にクリスマスツリーを模したナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にサンタクロースを模したナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にトナカイを模したナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にクリスマスという名前が入っているだけのナンだかよくわからんムニャムニャのことである。しかし、クリスマスラーメンなるナンだかよくわからんムニャムニャの種類はタイヘンに豊富であり本稿においてボクがクリスマスラーメンについてモレなくダブりなく網羅することはタイヘンに困難を要する、というか不可能なことである。だからボクは潔くクリスマスラーメンなるナンだかよくわからんムニャムニャをモレなくダブりなく、つまりはMECEすることを諦めた。

 ちなみのちなみにイエス降誕(誕生)の瞬間を模したナンだかよくわからんムニャムニャをボクは確認したことはない。しかし、それはボクが確認したことがないだけのことである。ボクのGoogle検索力が足りないのかもしれないし、もしかしたらインターネッツにダレもコウカイしていないだけなのかもしれない。ちなみのちなみのちなみにボクはそんなナンだかよくわからんムニャムニャは存在しない方がいいと思っていることは言わんでもいいことである。つまりこれは蛇足である。

 ではプロのラーメン断食家であるボクがクリスマスにパーリーをするかと言ったら別段特別なパーリーはしない予定である。ボクはクリスチャンではないからだ。ちょっと小洒落たディナーをつくってワインで乾杯くらいはするかもしれないが、いかにラーメーンが好きだからと言ってクリスマスにウチで鍋パをしたあとにシメのラーメーンを貪りススるようなことはしないのである。鍋パのあとのラーメーンはタイヘンに無類であるが、クリスマスにあえて狙いすまして鍋パするのはちょっと意味がわからないし、鍋パをしないからシメのラーメーンを貪りススるようなシチュエーションもクリスマス・イブのウチにはイエス降誕(誕生)しないのである。この点において読者諸賢のご期待には添えずタイヘンに心苦しいのではあるが、そんな阿呆なことをするほどボクも理性がハジけ飛んではいないのである。

ザ・ラーメンつまりはラーメーンをみつけることができたなら、クリスマスとか関係なくクリスマスにラーメーンを食いに行く。

 最後に余談であるが、ボクはザ・ラーメン、つまりはラーメーンは絶滅した、もしくは仮に細々と生存していたとしても絶滅に瀕しているという持論仮説を提唱している。そういう意味では仮にボクが外のラーメーンを発見することがデキたならクリスマスであろうとなかろうとクリスマスにラーメーン店においてラーメーンを貪りススることはナンら吝かではない。

 今年(2017年)、タイヘンにザンネンなことにボクはラーメーンを見つけることは結局ついぞ叶わなかった。来年(2018年)、もしボクがラーメーンを発見することがデキたならば、クリぼっちの勇名なのか汚名なのかをはせることになったとしても、ボクはクリスマスにラーメーンを食うことに一縷、一抹、そして一片の躊躇もないことだろう。

 そういったわけで来年(2018年)のクリスマスイブにも都合よくボクは本稿と同様のエントリを書くことになると思うのだが、その内容が外でナンだかよくわからんムニャムニャを食うことがデキないといった内容となるか、外でラーメーンを食ってタイヘンに満足しているといった内容とになるか、今のボクにはどちらになるともお約束できない。だから読者諸賢にはくれぐれもどちらの結果になるともならないとも期待しないで待たないでいてほしい。

 それではメリークリスマス。来年のクリスマス・イブにまた会おう、諸賢!

(アイキャッチはキリストの降誕の飾りのイラスト。クリスマスに便乗してクリスマスラーメンなるナンだかよくわからんムニャムニャを創ってしまうような意識他界ラーメン店主がクリスマスがそもそもナニか理解しているとはボクにはとても思えないものだ。意識他界ラーメン店主というアーチストの考えることはボンジーンのボクにはザンネンながら理解することがデキない。本稿はお題「クリスマスケーキ」によせて書きました。)