#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食べたよ。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点から出ないとブログが書けないまともない人間だ。平和主義者のボクは平和祈願のラーメンハンガーストライキへとラーメン断食を昇華させた。100日超えて現在進行形でラーメン断食を続けるボクはプロのラーメン断食家だ。中途半端な似非ラーメンを食うくらいなら、家でカップラーメン食ってる方が断然マシである。さらなるカップラーメンの進化に期待したい者です。

 ボクのしているラーメン断食とは、ボクの心がラーメン食いたがってるんだという本気で食べたいラーメンに出会えるまで中途半端な似非ラーメンは食わないというものだ。ウチでは自家製麺でてきとーなスープとトッピングで自分なりの不満足な似非ラーメンつくったり、袋麺にてきとーな自分好みのトッピング加えて似非ラーメン食ったり、コンビニのなんだかよく分からない謳い文句の中華麺食ったり、コンビニで目についたカップ麺を気づいたらウチのカップ麺ストック置き場に加えていたものを食ったりしている。

 あくまでボクの中においてはだが、カップ麺の至高であり究極は日清食品のカップヌードルのオリジナル味である。最強カップ麺は日清食品のカップヌードルのオリジナル味であるので、それ以外のカップ麺は本来存在すら否定したいところである。しかし、日々新しいカップ麺が登場するので、もしかしたらとボクは気づいたら買ってしまっているらしい(結果としてウチのカップ麺ストック置き場にストックとして追加されていくというわけである)。

 日清食品は最強カップ麺カップヌードルのオリジナル味を有しているので、わざわざお家芸である「バカ、やろう」をする必要はゼロ。レスザンゼロ。永遠のゼロであるわけだが、日清食品はバカの血のしからしむところに抗うことができないのであろう。日々、なんだかよくわからないカップヌードルが市場投下され続けている。

「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食べたよ。

 そんななんだかよくわからないカップヌードルのひとつが「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」である。やはり例によって気づいたらボクのウチのカップ麺ストック置き場においてあったわけであるが、ボクはこういったわけのわからないものを気づいたら買っているので、いつの間に買ったのかは不明である。

 今年はご存知の通り、スーパー猛暑である。Mはスーパー猛暑でも阿呆の血のしからしむところには抗うことができず東京は大崎の六厘舎で熱盛を汗ダクアブラマシマシで食うそうだが、ボクはわざわざスーパーに蒸し暑い中、行列に並んで熱盛食いに六厘舎に行ったりはしない。ボクは空梅雨の時点から暑さで夏バテしており、食欲が進まないことが多かったため、外には出ないし、外にでないから外のラーメン食わないラーメン断食は捗りまくっていた。休みの日の昼は夏野菜てきとーに見繕って(トマト、みょうが、きゅうりとか言ったところだったろうか)トッピングしたキンキンに冷した素麺食っていたりした。

 そんな素麺すらつくるの面倒だった休日の昼にナニ食おうか思案していた時に、ボクはウチのカップ麺ストック置き場に「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を見つけた。カップ麺だけに手軽に食えるであろうそうめんは魅惑である。ウチのカップ麺ストックも消費しなければ貯まる一方である。ボクは「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食うことにした。

 見た目重視なら温麺で食うべきであるが、明らかに量が少ないのである。

 「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」の作り方は一風変わっている。(1)熱湯を内側の線までいれる。(2)3分待つ。(3)180グラムの氷を入れてよくかき混ぜる。 …とこんなこんな感じだったと思う。氷の量は味の好みでてきとーに増やしたり減らしたりしていいようであったが、ボクは存外真面目な質であるので書かれている分量などは書かれているままに従うのである。

「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」の感想。

 肝心のお味の方であるが、なかなかどうして美味である。ふつーに食べる食べるそうめんとほとんど変わらない。手軽に食えるという意味では優れた商品である。しかし、内容量が59グラム(麺50グラム)とあまりにも物足りない。食塩相当量:4.1g (めん・かやく: 1.6g / スープ: 2.5g) とカップ麺にしては控えめであるが、スープは飲まないわけであるので、いかにも物足りない。アイデアは面白いし、味も申し分ない。しかし、これは、すこし手間かけてもふつーに素麺にてきとーな夏野菜をトッピングして食ったほうが満足感は間違いなく高い。こんな商品をつくる日清食品は間違いなくバカであるし、それをまんまと買ってくるボクは阿呆である。

f:id:garage-kid:20170808212954j:plain:w400

 氷を180グラム入れて冷やして食うカップヌードルそうめんは無類であった。しかし、ふつうに素麺買ってきて作って食ったほうが断然経済的である。カップヌードルそうめんは一回くらいネタで食ってみるのはありかもしれないが、ボクの二度目はないことが決定した。

 ボクはボクの阿呆の血のしからしむところに従っていつのまにか「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を買ってしまっていたわけであるが、これは明らかに失敗である。今後は日清食品がバカの血のしからしむところに従って「そうめん」の異なる味を市場投下してきたとしても釣られずにふつーの素麺を買ってくることにしようと思う。

 「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食った現場からのレポートは異常である。ご査収いただけたら幸いである。よろしくね。ピース。

お題「カップラーメンラリー。」によせて書きました。)