#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「大丈夫です。」で会話が成り立つ日本語すごい。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。平和祈願のラーメンハンガーストライキは問題なく継続中だ(参照1)。今日でラーメン断食53日目。なんら支障なし。一見さんお断りだとか詐欺サイトだとかインスタだとかユーチューブだとかもしゃもしゃするものが存在しない飲食店を見つけてこっそりうどん食べたい者です。

 外でラーメン食べないラーメン断食をしているボクだけど、家で自分でラーメンつくったり、話題のカップ麺を買ってきて食べたり、話題の袋麺を買ってきて食べたり、話題の生麺を買ってきて食べたり、話題の … とにかくラーメンを家で食べるのはしている。外で気持ちがもしゃもしゃしながら食べるラーメンは美味しく、ない。気持ちがもしゃもしゃしていると味がどうとかそういうのは関係ないのだ。だからボクはもしゃもしゃするのがあらかじめ予測がついてしまうようなラーメンを外では、金輪際、食べない

コンビニに話題のカップ麺を買い出しに行った。

 前述したとおり、ボクは話題のカップ麺を買ってきて食べたりはしている。できるだけ安く買いたいところではあるが、安売りスーパーなどでは有名店監修のカップ麺の品揃えが薄い(コンビニ等で売れなかったものが流れてくるのだろうと思っているが違うかもしれない)。だから、仕方なく希望小売価格まんまの話題のカップ麺をコンビニで見かけたら買ってきているというわけだ。

 ボクはコンビニは世の中の縮図だと思っている。ネットで大抵のものを買うことの出来る今、コンビニで不要不急のものを買うのは割にあわない(例えばAmazonパントリーとか)。だから、ボクはコンビニに行かないといけない理由は、本当は、ない。それでもボクはコンビニに行ってみるのだ。実際のお店に行ってみて初めて「嘘だろ?!」「こんなものがあったのか!?」といったものに出会えることもあるからだ。

 先日そんなボクがコンビニに行ったとき、ボクはいくつかのカップ麺を買った。最初から買うつもりだったのは「日清食品 有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」の2つ。

 実際コンビニに行ってみて見つけたのは「サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン」。これこそボクからすると今回の「嘘だろ?!」というものだった。神奈川の淡麗系ラーメンの元祖である「くじら軒」のカップ麺、買わない理由が、ない。迷いなく買い物かごにボクは入れた(カップ麺で、これは「正解!」というものにはまず出会えることは、ない。しかし、これは期待に胸が高まる。夢を買うという贅沢。こういう無駄なこともときには必要なものだ)。

「大丈夫です。」で会話が成り立つ日本語すごい。

 そしてレジで会計をすることにしたわけだが、ここですごいことが起こった。コンビニ店員さんの滑舌が悪すぎて何を言っているのかさっぱり分からなかったのだ。

コンビニ店員さん:「ぽお!んくぁあー!!あありゃあ!!!すか?」
らーめ人間Z:  「大丈夫です。」

とボクは答えた。どうやらコンビニ店員さんの動作を見ている限り「ポイントカードありますか?」と聞いていたようだ。ボクはどちらにしても当該コンビニのポイントカードは持っていなかった。店員さんもそういう解釈をしてくれたようだ。

 続いて

コンビニ店員さん:「わあは!を!けええ!!しゃっ!!!すか?」

と言われたのだが、やはり何を言っているのか全く分からない。

らーめ人間Z:  「大丈夫です。」

とりあえず再度ボクは「大丈夫です。」と答えてみた。店員さんはレジ袋に割り箸を入れようとし始めた。なるほど「割り箸をお付けしますか?」と言っていたのだなとボクは分かった。「(すみません、割り箸は)あ、大丈夫です。」とボクは身振り手振りを加えて伝え直した。店員さんにも割り箸は必要ありませんという意図で伝わったようだった。

 店員さんの滑舌が悪すぎてボクは何を言っているのか終始わからなかった。それにしても「大丈夫です。」だけでで会話が成り立つ日本語はすごい。ボクは無事にカップ麺を買ってくることができた。そのうち、今回買ってきたカップ麺のことを書くかもしれ、ない

 
(実は同コンビニには、うどんが主食という胡散臭い食べログレビュアー(参照2)が監修したといううどん(?)のカップ麺のようなものも売っていた。ボクは「嘘だろ?!」と思ったが買わなかった。ボクは「嘘だろ?!」を何でも買うというわけではないのだ。食通など、この世には存在し、ない。ナニ食ってると外で飯食ってばかりいる人間を食通として扱うまともで素晴らしい感性が身につくのかボクには分からない。意識他界人が紹介や監修している食べ物をホイホイ買うようなことはボクはし、ない(どっか違う世界について逝きたい人だけついて逝けばいい)。お題「ラーメン界の噂。」によせて書きました。アイキャッチは「大丈夫」でGoogle検索したらヒットしたOKサインを出す人のイラスト(男性)。)