#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

はてなスターを非表示にしたら新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように大変に爽やかな気分になった。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

はてなスターを非表示にしたら新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように大変に爽やかな気分になった.

 読者諸賢は「はてなスター」をご存知なメンであろうか?一応念のため断りを入れておくと株式会社はてなが提供するはてなブログの中でも特に著名なブロガーのことを「はてなスター」と呼ぶわけではないので注意してほしい.

 ボクはたいへんに親切なジェントルメンであるので万が一,億が一にも「はてなスター」をご存じないメンのために「はてなスター」とはなんであるか,詳らかに説明されているであろう,はてなな「はてなスター」のヘルプページへのリンクを下記に付しておきたいと思う.「はてなスター」をご存じなかったメンはとくとご覧じていただけたら幸いである.

 この「はてなスター」なのだけれど,ボクもはてなブログをはじめた当初はお気に入りの機能の1つであったわけなのだけれど,どうにもブログをタンタンとメンタルしっかり続けていこうと思うとむしろジャマーなものに思えてくるようになったのである.

 なぜボクが「はてなスター」がジャマーなものだと思いはじめたかについて手短ながら説明させていただこう.

 まず「はてなスター」はイエローのノーマルスター(タダで手に入る)ものとマネーを課金することによって購入できるグリーンスター,レッドスター,ブルースター,パープルスターというものが存在する.上述したヘルプのページによればグリーンスターがレア度1,レッドスターがレア度3,そしてブルースターがレア度5,パープルスターは言及がないという謎の存在である.

 とはいえ「はてなスター」にはカラーによってレア度が異なるというわけであるので「はてなスター」をつけるという行為をすることによってナニカお気持ちを表明するということをしたいと思ったならば,よりより強いお気持ちを伝えるという行為をしたい際にはよりレア度の高いカラースターをつけるというのが正しい「はてなスター」の使い方と思われるものである.

 ところがどっこいである.「はてなスター」はどういうわけか同じモノゴト(はてなブログのエントリー,はてなブックマークのコメント等)に対して複数つけることができる仕様になっている.

 その結果どのようなことが起きるかといえば,メンがヘラヘラしているはてななオモチロメンに限って「我こそはインターネッツ審査員なり」とはてなスター(カラースターではなくノーマルスター)を1つつけたり3つつけたり5つつけるといったことが起きるのである.ちなみにシステム上の上限はもちろんあるのだけれど「はてなスター」は愛のままに我儘に風邪の向くまま気の済むまで無限連打することが可能であるので1人で何十,何百,何千はボクは観たことがないけれど「はてなスター」をつけることは可能なのである.

 脱線したので本題に戻るけれど「我こそはインターネッツ審査員なり」というお気持ちを表明する手段として「はてなスター」を1つつけたり3つつけたり5つつけたり,風邪の向くまま気の向くまま愛のままに我儘に気の済むまで「はてなスター」をつけるといういともたやすく行われるえげつない行為というものは,やられる側の身にとってみればたいへんに不愉快な行為である.実際ボクも自分がそういったいともたやすく行われるえげつない行為をする側のメンがヘラヘラメンだった当時はそんなアタリマエのことにも気づかない底抜けの阿呆だった.

 とはいえそんな不愉快なえげつない行為をいともたやすくすることのできるメンがヘラヘラメンは自分自身で考えを改めなければ,なにを言っても無駄である.なのでボクは本ブログにおいても好きなようにさせてきたのである.

 とはいえ,ボクがタンタンとメンタルしっかりブログを継続する上においてはそんな不愉快な行為を甘んじて受け続けるのはちょっとマゾが過ぎるのではないかと最近になって思い直すようになったのである.そのきっかけとなったのは「はてなブックマーク」が衰退したと思った出来事に端を発するわけなのだけれど,その端緒についてそこはかとなく詳らかに説明することは本稿の趣旨を逸脱するので差し控えたい.とはいえコトの経緯と無関係ではないことについて書いたエントリーは他にスデにないではないので下記にリンクを付しておきたいと思う.ご興味のあるメンのみお読みいただけたら幸いである.ようは端的に言えばいともたやすく行われる「はてななスターの無限連打」と「無言はてなブックマーク」というえげつない行為をボクは互助会だと思っており,そんなメンがヘラヘラメンの仲間入りすることを潔しとしないと思ったのである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 驚くなかれ諸賢,ここまでがはてななスターの無限連打ができることによって株式会社はてなが運営するサービスでは「我こそはインターネッツ審査員なり」がなにかとそこはかとなく雨後のたけのこのようにうごうごと生み出され,たいへんにメンがヘラヘラしているということ,そしてそんなメンがヘラヘラした有象無象のはてななスターは皆あまねく気持ちが悪いということがいいたかっただけのどーでもいい閑話である.

 以降ははてなな世界において「我こそはインターネッツ審査員なり」を生み出してしまうはてななスターをボクが本ブログではつけられなくしたことによって,どんな気持ちになることができたかについて書きとどめておくだけのどーでもいい本題である.

 ちなみにはてなブログにおいてはてななスターをつけられなくすること,はてななスターの非表示化はどのようにすればできるのかについてマズは知らないはてななブロガーなメンのためにはてななブログのヘルプページを下記に付しておきたい.

 上述のヘルプページを参照すれば分かることではあるのだけれど,一応書いておくと (1)デザイン設定画面の「カスタマイズ」ページを開く. (2)「記事」メニューの「ソーシャルパーツ」設定で,用意されたソーシャルパーツの一覧を確認する. (3)はてなスターのチェックボックスのチェックを外して,上部の「設定を保存する」ボタンをクリックする. のようにすればはてななブログではてななスターを非表示化,つまりははてななメンがヘラヘラした「我こそはインターネッツ審査員なり」にはてななスターをつけられなくすることが可能だ.

 そして肝心のはてななスターを本ブログで非表示とし,各エントリーにもはてななスターをつけることができなくした結果の今のボクの気持ちであるのだけれど,清々しいの一言に尽きるというのが感想である.あえて狙いすましてジョジョの奇妙な冒険の第4部の主人公である東方仗助さんのセリフを使わせていただくならば「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように大変に爽やかな気分になった」というくらいの清々しさである.むしろなぜもっとはやくにはてななスターを非表示にしなかったのかボク自身クエスチョンに思うほどだった.はてななスターを非表示にしないことによるデメリットの方が多いのにはてななスターを表示し続けてしまっていたボクはそこはかとない底抜けの阿呆だったと言っても過言ではない.

 とりあえず清々しさの一番の理由はスデにたっぷりと冒頭から述べたとおりメンがヘラヘラした「我こそはインターネッツ審査員なり」な互助会メンを排除できたことにあると思っている.ボクは少なくともどこのダレカもわからん得体のしれない有象無象の審査を受けるためにブログを書いているわけではない.そういう審査がしたいならインターネッツでこそこそとやるのではなくリアルワールドの天下の往来で通り掛かる女性の見た目に点数でも大声でつけてまわっていればよいのである.しかるのちドコカのハンバーガー屋の店員の機転でギャフンとされることがあってもそれが創作であるか創作でないかはボクの知ったところではないのである.

www.hobonichi-ramen.com

 最後の最後に余談ではあるのだけれど,はてななスターを非表示にすることによってサイトが軽くなりグーグルセンセイからの評価がよろしくなるものかなあと淡い期待をもったものであるのだけれど,特にその淡い期待に関しては裏切られたものである.さすがにそんな一石二鳥で御都合主義な奇跡ははてななスターを非表示にするくらいでは起きなかった.グーグルセンセイの審査の目はボクが思う限りにおいてメンがヘラヘラした「我こそはインターネッツ審査員なり」な互助会メンよりは厳しかったのである.

スポンサーリンク

 最後にもうひとつおまけで免責を述べておくのだけれど,はてななスターが無限連打できることに関してははてななスターの仕様である.なのではてななスターをどのようにつけようがそれははてななユーザそれぞれの自由である.しかしボクはその中でもメンがヘラヘラした使い方があることが非常に気に入らなかったのではてななスターを自らのブログにおいては非表示にしたに過ぎないのである.メンがヘラヘラをこじらせてる意識他界系のラーメンが獣臭いメンが為すことは皆あまねくやること為すこといつも無残だとボクが思っているというだけの話であり,当人が無残だと思わないならそれはそれで自由にすればいいのである.せいぜいメンがヘラヘラしたインターネッツ審査員ライフをエンジョイしたらよいと思うのである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!検討を祈る!!

《アイキャッチは女性用下着のイラスト男性用下着のイラスト.最後にもういちどたっぷりと書いておくとタンタンとメンタルしっかりはてななブログを書きたいだけのメンははてななスターを受けて断つことをボクからはオススメしたい.なぜならはてなスターによるインターネッツ審査員から開放された今のボクはマジ新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように大変に爽やかな気分だからだ./本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。