#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

午後ティー女子を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

午後ティー女子を受けて断つ。

 読者諸賢はニッポンに午後ティー女子というなんだかよくわからん女子が棲息していることをご存じだろうか?

 タイヘンに無知で恐縮なのだがボクはつい最近までキリンビバレッジが自らのツイートで自社の午後の紅茶を愛飲している方々をわざわざあえて狙い澄ましてサゲるという高度なマーケティング施策を打つまで午後ティー女子なるなんだかよくわからん女子がニッポンに棲息しているということを知らなかった。

 ところでキリンビバレッジの然るべきマーケティング企画のきびちい稟議を通した上でコウカイされた午後ティー女子というなんだかよくわからん女子とは下記に引用させていただくような、なんだか気持ちの悪い感じのする女子の方々のことを指していうのだそうである。

午後ティー女子。
午後ティー女子。/画像はキリンビバレッジのTwitterより(ただし元ツイートは削除済みのため参照できない)。

 この画像はキリンビバレッジの公式ツイッターがシン・午後ティー女子(だと思われる)方々から喧々諤々かつ非難囂々のクレームを受けた結果、謝罪しかるのち削除してしまったので出典元のオリジナルへのリンクを貼ることができないことを平にご容赦願いたい。

 然るべき、きびちいマーケティング企画の稟議の末の問題作であるのだからボクに言わせれば消す必要はないのではないか?と思うのだが、どうしてキリンビバレッジがこの問題作をコウカイしたツイートを消してしまったのかは定かでない。世の中は政治に限らず都合の悪いモノゴトはいつも闇の中へと消え去っていくようにできているものらしい。都合のよいことである。

『午後ティー女子』のイラストが炎上。キリンに対して「顧客を悪く描いて何が楽しいのか」の声

 参考までにどのような批判の声がキリンビバレッジによせられたのかを上述のハフィントンポスト日本版の記事から引用させていただくならば、次のようなものであったらしい。

 『「午後の紅茶を買ってる女性を馬鹿にしてるようにしか見えない」、「顧客を悪く描いて何が楽しいのか」「企画段階で誰もストップをかけなかったのが理解できない」などと顧客への向き合い方を疑問視する声や「イラストを見て不快になり正直買いたくなくなりました」、「女性をモノ化し、批判し、馬鹿にしている広告ですね。(中略)残念ですがもうKIRINの商品買いません」などの不買を表明する声があがった。

ーー以上である。とはいえ、喧々諤々の然るべきマーケティング企画の稟議の末の問題作であったということがキリンビバレッジからの声明でよせられているわけであるので、おそらくこれらの声があがることを予想できなかったというのはボクはうたがわちいと思っている。しかし、あえて狙いすましてやっているのだとすれば全くその目的が不明であり、かつ炎上しかるのち謝罪してツイートを消す一連の流れも全く辻褄が合っていない。まったく意味不明である。

 そもそも最近、ボクは午後の紅茶そのものを飲んでいないのであるが、この騒動で午後の紅茶のことを思い出したことは確かであり、そういう午後の紅茶という商品の存在すら忘れかけていたボクのような怪人の記憶を呼び起こすという意味ではキリンビバレッジのこのなんだかよくわからない炎上マーケティング手法は功を奏しているのかもしれない。

 だがしかし、ボクはその存在を思い出したというどうでもいい理由でもってわざわざ自販機やコンビニ、そしてスーパーまでわざわざ出かけて行って午後の紅茶を買うようななんだかよくわからないことやインターネッツでポチッとなをする気も毛頭ないのでキリンビバレッジの方々には安心していただきたい。そして、こういった頭のおかちいマーケティング企画をあえて狙いすまして行うような愚行を繰り返さぬようよろしくお願いしたいものである。

スポンサーリンク

 さて、そんな一方で午後ティーに関して斜め下なところからよくわからないクレームをよせていた方も散見されたようであるので最後にご紹介しておきたい。

 まずは、セクハラといえばはあちゅう、はあちゅうといえばセクハラで名を馳せたはあちゅう女史である。時代の先端を行く4年ほど前のはあちゅう女史に言わせれば「童貞は大体午後ティーを飲んでます。」だそうであり、どういう偏見と差別的な目線で午後ティー男子のことを観察していると大体の午後ティー男子は童貞であると断じることができるのかボクにはよくわからない。つかこれはいつのまにか午後ティー女子の話ではなくなっており、まったくなんだかよくわからない。

 とりあえず、何の根拠もなく大体の午後ティー男子は童貞であると断じてしまうことができてしまうような腐れ外道かつド阿呆にだけはボクはなりたくないものだな、という感想である。

 次に、おなじ午後ティー女子を描いても気持ち悪さを感じないケース(少なくともボクは気持ち悪いとはおもわなかった)もご紹介したい。

 そのイラストを描いたのは2017年冬アニメの覇権を獲ったポプテピピックの大川ぶくぶ先生である。その大川ぶくぶ先生の描いた午後ティー女子のツイートを下記に埋め込んでおくのでよろしければみてみてほしい。

 上記にに紹介したイラストをボクは気持ち悪いとは思わなかったのであるがその理由はよくわからない。ふしぎである。

 ともあれ人類はいつになったら〇〇女子だの〇〇男子だのといったどうでもいい人種差別から抜け出すことができるのだろうか。MeTooとは「お前もな。」という意味であるという不都合なリアルを世の中に説いてまわっているはあちゅう女史ならいざしらず、いい加減、そんな〇〇女子などというどうでもいいことを言っているのはラーメン女子くらいで十分だとボクなどは思うものだ。

www.hobonichi-ramen.com  ラーメン女子は自虐的なキモメンシールを発注してまで作成したりしているので、我々とは発想の次元を異にする存在だとボクは思っている。どんなキモメンシールであるかは上述のエントリで紹介している。気になる方は参照してみてほしい。

 ラーメン女子は自虐的なキモメンシールを発注してまで作成しているくらいであるので、仮に意識他界ラーメン店店主にラーメン女子をバカにしているとしか思えないイラストを描かれてツイートをコウカイされたとしても午後ティー女子のような反応はしないような気がしないでもないが、それはそれでどうなのだろうとボクはとてもモシャモシャしてしまうものである。

 最後に余談だが、本エントリを2018年5月5日つまりは「午後(ごご)の日」に書いたというのは全くのタマタマであり、午後の紅茶とは全く関係ございませんよ。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

《キリンビバレッジの午後ティー女子騒動が高度なマーケティング企画だったのか、はたまたタダの自爆だったのかはインターネッツ上で喧々諤々の論争が巻き起こっていたようだが、ボクがこれを取り上げた2018年5月5日にはみなすでに忘却の彼方へと記憶が抹消されたようである。一体、午後ティー女子騒動とはなんだったのか。何か類似のなんだかよくわからん炎上騒動があった際にボクは忘れないで思い返すことができるおうにこのエントリを書いておいた。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。