#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

麺庵小島流(板橋区本町)の春薫る桜の塩らーめん

スポンサーリンク


今日のおしながき:麺庵小島流の春薫る桜の塩らーめん

  • ラーメン屋
    麺庵 小島流
  • 今日の一杯
    春薫る桜の塩らーめん
    (2016年034杯目)
  • 値段:
    ¥850
  • 日付:
    2016-04-03
春らしいラーメンを食べたいと思っていたら TL に Tweet が流れてきた!

春らしいラーメンをどこかで食べれはしまいか、と思っていたところ、わたしのTLに麺庵小島流さんの以下のTweetが流れてきた!

これぞまさにセレンディピティ!前々から気になっていたお店ではあるし、この機会に行ってみるのがよかろうと思い立っての初訪!

優しい口触りの鶏清湯に桜の塩味がアクセントを加える!

鶏清湯が押しのこちら、いわゆるレギュラーの鶏清湯をいただくことをなしに、いきなりの限定にチャレンジしてしまったのではあるが、ベースはきっとそのレギュラーの鶏清湯だったに違いないと思っている。

いつもどおり一口目はスープ、爽やかな塩のスープ。清湯とあえて銘打つってメニューをだすだけ(基本、白湯でないものは清湯だと思っているのだが違っていたら申し訳ない)あり、本当にすっきりとした飲み心地。食べ終わったあとに鶏の脂身の香りが残ったのが印象的だった。

繊細なスープに繊細な麺がよくマッチ!

店外で並んでいたときに見えたボックスから察するに使用されている麺は三河屋製麺さんの麺。繊細な麺と繊細なスープが絶妙にマッチ。そこに桜の塩味がアクセントを添える。淡さの中に仄かに春を感じさせてくれる、まさに春薫る!

ここでも来ました、二種のチャーシューの競演!

とことん優しい味を追求している感のある本ラーメンは、豚と鶏それぞれのチャーシューも脂身の少ないヘルシー仕様!

お久しぶりです、穂先メンマさん!

メンマはこのところ個人的にはご無沙汰だった穂先メンマ。これまた柔肌な感じ。

春を感じるのに大満足な一杯!

すべての具材が柔らかさで満たされている。こってりなラーメンを続けてしまったときの小休止をさせてくれるお店として記憶に刻み込まれた!

メニューを眺めていたら一日15食の極みメニューがあるようだったので、次回はもしそのメニューがあればそちらをいただいてみたい!

ご馳走様でした!

(インスタの投稿内容に少々加筆して所要時間10分:お題「お花見」

今日のラーメン屋さん:麺庵 小島流