#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ウチのイカれたオフィスの殺人音波などからボクがどのようにひと息ついて命を守っているか可能な限り全部話す。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ.

 今週のお題は「リラックス」.

 「ほっとひと息つきましょう。今週のお題は「リラックス」です。めっきり寒くなり、日の入りも早くなりました。お家でゆっくりと過ごすことも多くなりがちなこの頃、あなたはどうやって「リラックス」していますか? 今週は「リラックス」をテーマに、はてなブロガーの「リラックス」に関するエントリーを募集します。落ち着く場所、食べ物、音楽など、あなたの「リラックス」を教えてください。皆さまのご応募、お待ちしております。」とのことである.

スポンサーリンク

 とはいえ,まずは自己紹介させていただこう.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ウチのイカれたオフィスの殺人音波などからボクがどのようにひと息ついて命を守っているか全部話す.

 ではなんだか文脈はよくわからんが今週ははてなブログ編集部が皆あまねくはてなブロガーに「どのようにリラックスをしているか」を教えろくださいというのであるので,ボクのリラックス法,とくにウチのイカれたオフィス環境においてボクが命を守る行動としてボクが命の危険を感じた際に迅速にとっている行動,ほっとひと息のつき方をご紹介させていただきたいと思う.ウチのオフィスくらいイカれたラーメンが獣臭いメンが大量に生息しているオフィスもなかなかないであろうから,きっと人によっては参考になるのではないだろうかと期待している.

 マズはボクがウチのイカれたオフィスで悩まされている攻撃の数々をご紹介しよう.それらの攻撃は五感に訴えてくるものばかりであるので,五感すなわち視覚,嗅覚,聴覚,触覚そして味覚の5つについて紹介したいところではあるのだけれど,特にキツいのが視覚,嗅覚そして聴覚に訴えてくる3つの攻撃であること,そしてボクがモノゴトをそこはかとなく3つでまとめる《3の法則》が好き,愛しているといっても過言ではないため,視覚,嗅覚そして聴覚に訴えてくる3つの攻撃についてそれぞれ紹介していきたい.

 ちなみにこの3つの感覚に訴えてくる攻撃を仕掛けてくるイカれたラーメンが獣臭いメンたちをそこはかとなく事前に4名ほど紹介しておきたい.1人目は高度外国人材1号氏(仮名),2人目は覇権スタッフ・ウホシリア(仮名),3人目は同じく覇権スタッフ・ハッピーハッキングキーボード氏(仮名)そして最後の4人目が最近ジョインしたばかりの覇権スタッフ・ティンティン・ポロロン氏(仮名)である.

 では改めて上述の4名がどのような視覚,嗅覚そして聴覚に訴えてくる攻撃をしてくるかについて順を追って紹介したい.

 まずは視覚からである.

 視覚に関して言うと今現在,ボクの真後ろに座っている高度外国人材1号氏の存在そのものが攻撃なのであるわけなのだけれど,さすがに今現在はボクの真後ろにいるのでその筆舌に尽くしがたい挙動でオフィス内外を動き回っていることについては最近は大きな被害を受けていない.しかしその筆舌に尽くしがたい挙動不審加減たるやオフィス内外で知る人ぞ知る存在になっておりそろそろいい加減不審者情報として通報されやしまいかと不安に感じている.しかし今現在は視覚に一番訴えてくる攻撃をしかけてくる高度外国人材1号氏はボクの視界にはいることがさほど多いわけではないので一旦割愛する.ちなみに先日,スーツにリュックサックは非常識であるという日経 xTECH(クロステック)の記事が話題になっていたのだけれど,まさに高度外国人材1号氏の普段しているシャレオツファッションスタイルこそがスーツにパンッパンのリュックサックをランドセル背負いしてオフィス内外の往来を縦横無尽に筆舌に尽くしがたい挙動不審で動き回るというものなので下記にその様を筆舌可能な範囲で説明したエントリへのリンクを付しておきたい.

 さて視覚に訴えてくる攻撃である.ちなみに3つに絞った攻撃の中では視覚に訴えてくる攻撃は高度外国人材1号氏が背後にいる関係で今現在ボクが被害を被っている攻撃の中では生ぬるい部類である.ウチのオフィスにいる高度な外国人材は皆あまねく「貧乏ゆすり」を得意技として体得しているラーメンが獣臭いメンなのであるわけなのだけれど,その「貧乏ゆすり」が視界に入るとちょっとボクは汚仕事に集中できなくなってしまうのである.視覚に訴えてくる攻撃などというものは今現在のボクが汚仕事している席では大した問題ではないのである.

 次に嗅覚に訴えてくる攻撃である.

 嗅覚に訴えてくる攻撃はいわゆる今どきのトレンディな言い方で言わせていただくならばスメルハラスメントと呼ばれるものである.ボクはこれまで様々なスメルハラスメントに悩まされてきたわけであるわけなので,そのラインナップをご紹介しよう.まず加齢臭である.前出の高度外国人材1号氏などはダンディなオッサンの色気がそこはかとなくたっぷりしているわけなのでその加齢臭たるや筆舌に尽くしがたい臭いがするものである.朝一番からその筆舌に尽くしがたいオッサンの色気たっぷりな酸っぱい臭いが立ち込めているわけなのであるが夕方ともなればよりより筆舌に尽くしがたい発酵したような臭いが醸成されるものである.同じ空間にいると窒息死ししてしまいそうになるのでボクは常にマスクが欠かせないのである.他には頭痛が痛くなるレベルの香水臭,呼吸が困難になるレベルのワキガおよびカレー臭,そして最近ジョインしたティンティン・ポロロン氏の喉が痛くなるレベルのタバコ臭などがある.正直よくもまあ,ウチのオフィスには文字通りラーメンが獣臭い獣のような臭いを発する高度人材を集めてきたものだなあとボクは感心してしまうくらいである.ちなみに嗅覚に訴える攻撃と次にご紹介する聴覚に訴えてくる攻撃は不可避であるので,本稿の最後にボクがどのような命を守る行動をとっているかを紹介する.

 そして最後が聴覚に訴えてくる攻撃である.

 聴覚に訴えてくる攻撃はウチの会社の正社員よりも遥かに横暴な就業態度で覇権を握っている覇権スタッフ・ウホシリアの発する殺人音波が代表的な攻撃である.ちなみにどのようなものをボクが殺人音波と呼んでいるかというとウホシリアは何が日々愉快で仕方ないのかよくわからなのだけれど,一旦ナニカ業務上の会話なのかはたまたしょーむない猥談に華が咲いてしまったのか知らんけれどツボに入るとゴリラも驚愕するであろうほどの大音響で「ウホホホホホホ!」とバカ笑いをはじめるのである.一旦ツボに入ると誰もそのバカ笑いを止められないようでありひどいときは延々1時間近くずっとナニカを話しては「ウホホホホホホ!」とバカ笑いし続けているのである.その就業態度たるや終業態度であるので,ボクははやくウホシリアの契約期間が満了してクビチョンパになってほしいと日々呪詛の念を送り続けているのではあるのだけれどなかなかその呪詛も効果が出ないようで大変に自らの無力さに絶望を感じている.

 そしてこのウホシリアの殺人音波にハッピーハッキングキーボード氏のけたたましい打キー音と,最近ジョインしたティンティン・ポロロン氏のチャットやメールを受信した際にマックブックプロから発せられる「ティンティン」「ポロロン」という効果音が3体合体ゴッドマックスしてしまうと手の施しようがないほどのイカれたポイズンワールドが展開されてしまいボクはあっちの世界へ旅立ちそうになってしまうのである....

スポンサーリンク

 というわけで閑話休題.

 驚くなかれ,ここまでがウチのイカれたオフィスで展開されている筆舌に尽くしがたい視覚,嗅覚そして聴覚に訴える攻撃を赤裸々に紹介するどーでもいい閑話.そして以降はボクがそんな「嘘だろ?!」というような筆舌に尽くしがたい視覚,嗅覚そして聴覚に訴える攻撃をどのようにしてひと息ついて命を守っているかについてテキトーに紹介するどーでもいい本題である.

 視覚に訴えてくる攻撃はまだ視界に入ることがなければ特に問題にはならないのであるわけなのだけれど前述したとおり嗅覚と聴覚に訴えかけてくる攻撃に関して言うと一旦始まってしまうとそこはかとなく絶対不可避である.「絶対不可避攻撃」なんという中二病ワールドであればこんな魅惑的なゴーリキーワードがあろうか?いやない.しかしこのイカれたポイズンワールドにおける「絶対不可避攻撃」などというものはまともに直撃すると精神をまともに保つことすら困難なのである...

 さてそれでは視覚,嗅覚そして聴覚に訴える「絶対不可避攻撃」からどのように命を守っているかについてもボクの好きな《3の法則》に則って3つ紹介しよう.

 まず1つ目はマスクである.少しだけ前出したものであるが,マスクを着用することによって多少はスメルハラスメントは緩和するのである.しかし完全に無効にすることはできない.マスクはこれから紹介する残りの2つの命を守る行動に比べたら序の口レベル.つまりは最弱である.

 2つ目は殺人音波を緩和するための文化的なミュージックプレイリストで殺人音波を緩和するというものである.この文化的なミュージックプレイリストについては別途先日ブログを書いたので下記にリンクを付そう.

 しかしこの2つ目の命を守る行動も殺人音波を緩和することはできても無効にすることはできない.

 そして最後の3つ目,最終手段である.それは「自席以外の場所に移動する」である.一応,ウチのイカれたオフィスにボクが自席にずっといなければならないわけではないので,視覚,嗅覚そして聴覚に訴える「絶対不可避攻撃」に耐えられなくなったならばボクは時に10-20分ほどの散歩に出たり,一応はオフィス内にフリースペースがあるのでフリースペースに移動してそこで汚仕事をしたりなどして攻撃そのものを受けない場所へと「避難する」のである.本当に最悪の場合はマックブックエアーの電源とアイフォーンのモバイルバッテリーを持参してずっと自席には戻らないということをする場合すらあるのである.ちなみにボクはこのことを上司であるブチョーに許可をとった上で行っている.さすがに上司にも何も告げず長時間自席にいないということは見方によってはイカれたことであるので,ボクがイカれているわけではないですよということのコンセンサスはきちんと上司と握っていなければボクの評価がそこはかとなくあっちの世界へ逝ってしまうからである.

スポンサーリンク

 というわけで以上がボクがウチのイカれたオフィスでいかにして視覚,嗅覚そして聴覚に訴える「絶対不可避攻撃」から命を守っているかという現時点のお話である.いつまでこのやり方によってボクは自らの命を守ることができるのかはわからないが,可能ならば週休3日制の導入や週1在宅勤務,そしてシン・時差ビズ通勤などがしかるのち導入されることによってそもそもウチのイカれたオフィスに出社する機会が減ったならば今よりはもう少し,それこそハッピーワークライフを営むことができるのではないかと思っている.

 ウチの会社の働き方改革を推進する上でのもっとも大きな難敵はラスボス氏(CEOのこと)とラスボス氏におもねる人事メンであるわけなのだけれど時代の要請,法改正による要請には企業は逆らえないものである.なのでコンプライアンスの視点からうまくラスボス氏と人事メンを攻略出来たらいいなあとボクはヒソカに策略を練り続けているのである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

《アイキャッチはリラックスしている女の子のイ子のラスト.あえていらんことを最後に付け加えるならば,ウチのオフィスに「リラックス」の5文字はない.ゼロ.ストロングゼロ.むしろレスザンゼロといっても過言ではない./本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に.ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした.