#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

野菜中心生活は無理でした。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログの書けないまともない人間だ。ボクはラーメン断食をしている。意識他界ラーメンはノーカウントにするとキメた(参照1)。だから4月14日から現時点(2017年5月9日)まで外食ラーメンは一切キメていない。何の修行なのだろうかと聞かれたら、絶滅危惧種のらーめんが本当に絶滅してしまったときに備えていると回答することにしている。ボクがらーめんだと思っているものが絶滅寸前だ。外食ラーメンからボクがらーめんだと思うものが絶滅してしまったときに備えておかなければならない。でなければ、ボクはブログに書くネタがなくなってしまう。つまりボクも絶滅寸前というわけだ。きっつー。早くレッドデータアニマルズなフレンズから脱したいものです。

 先日ボクは「肉食反対デモの人に聞きたいこと(外部リンク:参照)」というエントリを読ませていただいた。ボクは雑食のらーめ人間なフレンズである。だから肉食反対なフレンズが何を考えているのかは分からない。しかし、当該エントリを読ませていただいたことで野菜中心生活をしてみたらどうなるかに興味がわいてきたというわけだ。ボクは意識他界ラーメンが嫌いだ。気持ち悪い。いやむしろ生理的に受けつけないと言っても過言ではない。しかし、もしかしたら野菜中心生活をしてみたら意識他界ラーメンにもある程度の理解を示すことがデキるかもしれないと思ったのだ。ボクはゴールデンウィークの数日を野菜中心生活してみることにした(野菜のみの生活をしたわけではない。ボクにはそんな意識他界ことをするのはムリだ)。

 先に結論を言うとボクは3日目の夜で野菜中心生活をギブアップした。ボクには野菜中心生活はムリだった。正直何の修行をしているのだろうか、と自分でも分からなくなってしまったのだ。ボクはもしかしてバカなんじゃないだろうかと思えてきた。野菜中心生活はバカになるための修行だったのだろうか。

 ちなみに野菜中心生活をしていたときにボクが食べたものは以下のようなメニューだ。

  • ごはん。
    土鍋で炊いたものを冷凍保存している。

  • パン。
    ボクらは朝はパン食なもので。

  • 豆乳ヨーグルト(動物系)。
    朝は豆乳ヨーグルトでキメる。

  • コーヒー。
    ボクはコーヒーなしの方がラーメンなしよりきついかもしれない(参照2)。

  • 野菜具沢山の味噌汁(乾物使用)。
    一汁一菜が一番手軽で便利だ。変に意識他界する必要がなくて素敵だ。
    味噌汁レシピはてきとーに野菜具だくさんなレシピをGoogle検索して見つけたものでキメた。
    (ナスやブロッコリー、玉ねぎなどをいれたものも作ったりした)。

  • どん二郎。
    牛脂は使っているがチャーシューは作っていない。
    ボクがつくったどん二郎は意外と野菜中心メニューだった(参照3)。

  • ナンプラーピーマン(ナンプラーが動物系)。
    常備菜としてよく作り置きしている。

  • にんじんしりしり。
    常備菜としてよく作り置きしている。

  • たまごとトマトの炒めもの(たまごが動物系)。
    5分くらいで作れるので重宝しているレシピだ。
    (どうやらスクランブルトマトと呼ばれているらしい。スーパーなどでもトマトのおすすめレシピとしてポップが掲げられていた)。

  • 納豆。
    動物性のタンパク質が十分に摂れないから植物性のタンパク質で代用だ。

  • 豆腐。
    同上でタンパク質補給のため。

 ボクに野菜中心生活は無理でした。ボクが肉食反対デモに参加することはないだろう。

余談のコーナー。

 ボクが参考にしたレシピは上述の本などに書かれているよ。

 3日目の夜でボクは野菜中心生活をギブアップしてしまったわけだが、ギブアップした理由を少し補足しておきたい。これはどれだけの人に理解を示してもらえるかは分からない。しかし3日目の昼あたりからカラダが悲鳴を上げてきたのだ「肉食わせろぉ!!」と。ボクは海賊王にオレはなると言って憚らないモンキー・D・ルフィさんの境地が理解できたような気がしなくもない。もしかしてモンキー・D・ルフィさんの「肉食わせろぉ!!」の境地を知るための修行だったのかもしれない。そういうことにしておこう。


 ボクがキメた肉。

 そして3日目の夜、矢も盾もたまらず夜の最寄りスーパーに駆け込み、色々と物色した結果、鹿児島県産のカルビが半額になっていたものを買ってきてキメた(米国産のカルビと牛タンのセットも半額になっていてさらにお得だったのだが、国産を買って日本の経済に貢献するのがご愛嬌というものだろうと考えた)。油も敷かず、素のままで焼いて、ちょっといい塩だけをふりかけた超絶てぬき焼肉だ。緑のものは豆苗。塩気が足りないなあと思ったときに常備菜のナンプラーピーマンを肉にくるんで食べてみた。これがまた正解。野菜も肉も意識他界摂り方をキメる必要なんてボクはないと思っている。カラダをつくるためのものだからこそ意識せず自然体で気持ち穏やかにサクッとつくれておいしいものをボクはキメたい。

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」とお題「ソラノイロアンチパターン。」によせて「意識高いラーメンが嫌い(参考1)」の続編として書きました。なのでアイキャッチはベジタリアンのイラストで同じです。)