#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ビートたけしさんの「相手を誰だと思ってるんだ。ふざけやがって。ラーメン屋の親父じゃないんだ!」発言に思ったこと。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。信じるか信じないかはお任せするが、ボクは平和主義者だ。だから平和祈願のラーメンハンガーストライキへと昇華したラーメン断食を続けるボクはいまやプロのラーメン断食家を名乗っている。プロのラーメン断食家が何をするのか未だにボクはよく分からないが、少なくとも余計な争いごとをしないプロであることだけは間違いない。ボクはわざわざ面倒くさいトラブルに巻き込まれる可能性のあるラーメン店には絶対にラーメン食いに行かない。早くまとも人間になりたい。

ビートたけしさんの「相手を誰だと思ってるんだ。ふざけやがって。ラーメン屋の親父じゃないんだ!」発言に思ったこと。

 先日、ボクは「たけし、小室圭さんとのLINE明かした番組スタッフに激怒「相手を誰だと思ってるんだ」 (外部リンク:参照*1」という記事を読んだ。内容としては「秋篠宮家の長女・眞子さま(25)と婚約するとされている国際基督教大時代の同級生・小室圭さん(25)の「親友」と称する番組スタッフがVTR出演した。VTRでは、小室さんの親友と話す番組の女性スタッフと、中学から友人と話す女性2人が登場。女性スタッフが小室さんをニックネームの“KK”と呼ぶなど、初めって会ったときの会話やLINEのやりとりを赤裸々に告白」したことに対して、ビートたけしさんが「何なんだウチのスタッフは。何なんだあのしゃべり方は。バカ野郎。相手を誰だと思ってるんだ。ふざけやがって。ラーメン屋の親父じゃないんだ!」と憤ったというものだ。

 当初ボクはこの記事を読んだ時に「「何なんだウチのスタッフは。何なんだあのしゃべり方は。バカ野郎。」はともかく「ふざけやがって。ラーメン屋の親父じゃないんだ!」というのはラーメン屋の親父に対するビートたけしさんの偏見が過ぎはしまいか、と思っていた。しかし、最近のボクはあながちビートたけしさんが言うことも間違ってはいないのかもしれないとボクは思い直すようになってきてしまっている。

 最近「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されるラーメン店のツイートを散見するようになってきた。ツイッターが表現に対する規制を厳しくしてきているのもあるが、ラーメン店のツイートでこの表示になることがボクの場合は多いのだ。残念極まりない。

というのもボクは最近、ツイッターでラーメン店のツイッターをみていると上述のように表示されてしまっているラーメン店のツイートを散見することがあるからだ。これは「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」という意味になる。表示できませんとは言っているが実際には見ることが可能である。不適切な内容も表示するようにツイッターの設定を変更すればよい。だから、実際その内容を読んでみると「一見さんお断り」であったりだとか「くるな」であったりだとか、ひどいものだと「バカ」であるとか「ボケ」であるとか書かれていたりするのを確認することができる(関連記事:参照*2)。ボクは当初ツイッターの表現規制がヒドいと、とラーメン店側を擁護したいと思ったところだったが、あながちもなにもたしかにツイッター側の不適切判定の方が適切で当該のラーメン店のツイートは不適切な表現と言って遜色はないだろうと思い直した。ツイッターに不適切判定されるような発言を公に向けて誰かれ構わず無差別に発信しているわけであるから、ビートたけしさんにラーメン店主みたいな物言いと言われたとしても、こういった発言をしているラーメン店主に反論の余地はない。

ボクは公序良俗に反しない範囲において、思ったことを思ったままに表現することに憚る必要はないという考えである。

 ボクは基本的に公序良俗に反しない範囲において、思ったことを思ったままに表現することに憚る必要はないという考えである。しかし、思ったことを思ったままに表現するにもマナーがあると思っているので、公序良俗の範囲というものに対してはそれなりに気遣いをしながら文章を書いているつもりでいる(少なくとも公に向けて誰かれ構わず「バカ」であるとか「ボケ」であるとか言った暴言を無差別に発信するようなことは絶対にしない)。

 ナニ食ってるとそういう公に向けて誰かれ構わず「バカ」であるとか「ボケ」であるとか言った暴言を無差別に発信するようなまともで素晴らしい人間性が身につくのかはボクには分からないが、最近、ツイッターではそういったアカウントはアカウント凍結することを容赦なく行っているように思えなくもない。こういった「バカ」であるとか「ボケ」であるとか言った暴言を無差別に発信するラーメン店のアカウントがそのうち凍結されるかどうかはボクの知るところではないが、ツイッターがユーザに健全な表現を求めてくるようであれば、そのうちこういった「バカ」であるとか「ボケ」であるとか言った暴言を無差別に発信するラーメン店のアカウントは凍結されるのではないかな、とボクは思っている。それはもちろん、そのラーメン店の自己責任であるからボクの知ったことではない。それでも「バカ」であるとか「ボケ」であるとか言った暴言を無差別に発信したいのであれば、そういったラーメン店主はMastodonのインスタンスを自分で立てたらいいのかもしれない。

(アイキャッチはヘイトスピーチのイラスト。客に対してヘイトスピーチする飲食店があるとしたら、ボクはその経営者は飲食店経営に向いてないと思っている。ボクは少なくとも公に対して無差別に暴言を発信する飲食店には最初から行かない。仮にそれが炎上芸だとしたとしても、とてもいいセンスをしているとは思えないからだ。それをやっているのがラーメン店であるとするならば、またしてもボクのラーメン断食が捗るというだけのことに過ぎない。よろしくね。ピース。お題「ラーメン界の噂。」によせて書きました。)

*1:たけし、小室圭さんとのLINE明かした番組スタッフに激怒「相手を誰だと思ってるんだ」

*2:一見さんお断りとかいうラーメン店があるらしい。