#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

87歳高齢男性運転の暴走プリウス池袋事故はまったく他人ごとではなかったので色々考えさせられたことを書きとどめておきたい。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

87歳高齢男性運転の暴走プリウス池袋事故はまったく他人ごとではなかったので色々考えさせられたことを書きとどめておきたい.

 昨日(2019年4月19日),上述の記事で報じられた重大交通事故が東京都豊島区東池袋の有楽町線東池袋駅ちかくの交差点で発生した.記事冒頭からどのような事故だったかを引用して紹介したい.

19日昼すぎ東京 池袋で87歳の高齢者が運転する車が自転車に乗る親子などを相次いではねたあと、ごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。この事故で3歳の女の子と母親が死亡し、8人がけがをしました。現場にブレーキをかけた痕はなく警視庁は赤信号を無視して交差点に進入したとみて事故の状況を調べています。
引用元: 87歳運転の車が歩行者次々にはねる 母娘死亡 8人けが | NHKニュース

 事故発生から丸1日以上が経過したので事故の検証等が進んでいるようではあるのだけれど,ボクがこの事故に関して最初に耳にしたときにあまり人ごとに感じられなかったのは,この事故現場のスグ近くに東池袋大勝軒(本店)があったからだろうと思われる.

 ボクはラーメン断食家であるので外でラーメンを食わないわけなのだけれど,ラーメン断食を思い立って始める前には週に2-3回ラーメンを食すラヲタキモメンのうちの1人であり,東京でラーメン激戦区といえばそのうちの1つに数えられるJR池袋駅周辺にはわりと頻繁にウゴウゴしていたのである.

 なのでJR池袋駅からはそれなりの距離があるラーメン店ではあるのだけれど,ラーメンの神と謳われた故・山岸一雄さんの東池袋大勝軒(本店)*1には年に数回足を運ぶことがあったものである.

 そんな東池袋大勝軒がある界隈の大通りはグリーン大通り*2と呼ばれているわけなのだけれど,グリーン大通りはそもそも交通量が激しい大通りであったので,ボクは仮に青信号でグリーン大通りを横断する横断歩道を渡るときですら赤信号ギリッギリでツッコんでくる自動車にさほど珍しくもなく遭遇していたこともあって細心の注意をして渡るようにしていた.

 グリーン大通りでは地下道を使って向かい側に渡れるところもところどころではあるのだけれど,地下道があるにはあるので地下道を使ってグリーン大通りを横断することもよくあったものである.ようはボクがいいたいのは東京の大通りは大概どこも危険ではあるのだけれど,グリーン大通りも例外なく歩行者の横断が危険な大通りであるということでなのである.

 そんなそもそも交通量が激しく,道路交通法を守って安全運転している自動車にあまり期待の出来ないグリーン大通りにおいて今回の87歳高齢男性運転の暴走プリウス池袋事故が起きてしまったことについては全くボクは他人ごととして感じられなかったものである.

 ボクが未だにラヲタキモメンをすることを潔く諦めることをせず池袋界隈をウゴウゴしていたならば,青信号だからと油断して横断歩道を渡っていることをしていたりしたならば,たとえ今回の池袋事故のように87歳高齢男性がプリウスを暴走させようとさせなかろうとボク自身が事故の犠牲者になっていた可能性はゼロではないと思ったからである.

 そういったわけでボクは今でこそ東京のラーメン激戦区のうちの1つである池袋には特に近寄らないようにしているわけなのだけれど,以前のラヲタキモメン時代に池袋に精通していたこともあり,全く今回の87歳高齢男性運転の暴走プリウス池袋事故は他人ごとと思えないところがあるので,以降ボクが今回の87歳高齢男性運転の暴走プリウス池袋事故で考えさせられたことを本稿においては書きとどめておくことをしておきたいと思うものである.

 ちなみに他人ごとではないのは87歳高齢男性のように加害者側の人間になってしまう可能性という意味での他人ごとに感じられない側面と事故の犠牲になって大怪我をさせられたりお亡くなりになられてしまった被害者になってしまう可能性があるという側面の両方の意味で他人ごとでないところがあるのでそれぞれの側面に立って,当該事故からボクが考えさせられたことを書いていくつもりである.

 それでははじめたい.

池袋事故の加害者側の視点で他人ごとではないと考えさせられたこと.

 実はボクは自動車事故の加害者の側にまわることが絶対にない.

 なぜならボクは以前は自家用車を所有していたのだけれど,手放してその後1度も自動車を運転していないからである.自動車運転免許証は身分証明証の代わりにするために未だにもっているのだけれど,ボクはレンタカーすらするつもりはない.なのでボクは自動車を運転しないので運転しない自動車で事故を起こそうにも起こすことはできないのである.

 余談ではあるのだけれどボクが運転免許証を身分証明書代わりに使っているのはマイナンバーカードの発行を申請していないからである.マイナンバーカードの発行を申請していないのはマイナンバー制度そのものをあまり信用していないからということがあるわけなのだけれど,今回の事故から運転免許証を身分証明書代わりに所有していることによって自動車を一応は運転できることになっていることはあまりよろしくないかもしれないなとも思うようになったものである.ゆくゆくはボクはまだまだ全然若いのだけれど,人生100年の折り返し地点にも到達していないのだけれど,早々に自動車運転免許証を返納したほうがいいかなと思うようになったものである.

 閑話休題.

 で本題に戻るわけなのだけれど,ボクは日本の首都東京に暮らすサラリーメンであるわけなのだけれど,なぜボクが自家用車を手放したかに関して言えば,理由はシンプルである.

  1. 東京の移動,特に東京23区内ならば自家用車は必要がない.
  2. 東京,特に東京23区内では自家用車の維持コストが高すぎる.
  3. ボク自身が特に東京23区内では安全に自家用車を運転し続けられる自信がなかった.

 以上の3つである.

 そういう意味では今回の池袋事故でボクが素朴に疑問だったのは加害者の87歳高齢男性がお住まいになっていたのは板橋区とのことであったので当然ながら板橋区は東京23区であり,なぜ必需品ではない自家用車を所有していたのかということである.自動車運転免許証は手放すつもりがあったようなことをほのめかされていた御様子であることもまた報じられていたのだけれど,東京在住ホニャララ年のボクですら考えつくようなことが87歳の高齢になると思いつくこともできなくなってしまうというのであれば,この事故は起こるべくして起きてしまったザンネンなものであったのではないかとボクには思わざるをえないのである.

スポンサーリンク

池袋事故の被害者側の視点で他人ごとではないと考えさせられたこと.

 次に被害者側の視点でこの池袋事故をみたときの話であるのだけれど,ボクは防犯カメラに映っていたという事故映像を観たのだけれど,超がつくほどのスピードで交差点に侵入してきた87歳高齢男性運転の暴走プリウスがごみ収集車に衝突して弾かれた勢いで自転車に乗る親子を跳ねた様子を見る限り,どんなに青信号だからという理由で油断せずに,信号を無視して暴走する自動車が横断歩道に侵入してくることを想定にいれて横断歩道を渡っていたとしても,今回の事故でお亡くなりになった方々が87歳高齢男性運転の暴走プリウスを回避することはムリであっただろうと思うものである.

 ちなみにボクは人間が運転する車の名のつくものはたとえ自転車であろうと自動車であろうと信用しないことにしているので道路交通法上はどんなに歩行者が1番優先されるものであると書かれていたとしてもいつ何時,車の名のつくものを運転する信用のできない人間から衝突されないとも限らないので,キチンと前をむいてよそ見をせずに可能な限り全身全霊でもって周りを警戒しながら外を歩くようにしているものである.そんなボクが絶対にしないと心に決めているのが歩きスマホ,英語でいうならスマートフォーンゾンビである.

 ちょっと話は脱線してしまうのだけれど,実はボクは歩きスマホというよりはスマートフォーンゾンビと呼ぶようにした方がいいと思っている.なぜならば,スマートフォンに脳みそを食われてしまった人間などというものに危機回避能力などは皆無だからだと思うからである.それを知らしめるためには言い方を工夫しなければならない.英語の表現はたいへんに直接的でありわかりやすいものであるのでボクは歩きスマホなどという生ぬるい呼び方を改めスマートフォーンゾンビというようにしてはどうかと思うのである.

 もう一度たっぷりと書いておくとボクは今回の池袋事故はスマートフォーンゾンビをしていようがいまいが,ボクのように可能な限り全身全霊で持って周りを警戒しながら外を歩くようにしてようがしていまいが,事故映像を見る限り絶対に 87歳高齢男性運転の暴走プリウスがとんでもない勢いで自分に突っ込んできたならば緊急回避することはまずムリであると思うものである.それこそ本当に「運」がよほどよくないかぎりあの状況下で助かることはムリである.

 しかしそれでもボクは今後も多少なりとも信用のならない車の名のつくものに衝突されることによって大怪我をしたり命を落としてしまったりするというリスクを軽減するために全身全霊でもって周りを警戒しながら外を歩くことを継続していきたいと思っている.

 できればボクは東京には業務用以外の車の浸入を完全にやめさせてもらいたいと思っているわけなのだけれど,今回の事故をどのように東京都,そして日本政府が重くみるかにそれはかかっているのではないかなと思っている.

 もう一度たっぷりと書いておくけれどボクが希望するのは東京には業務用以外の車の浸入はたとえ自転車でも必要ないのではないですかね?ということだ.それくらい東京は狭いし,狭いゆえに歩いていける範囲に大概のものは揃っているし,公共交通機関が充実しているので自転車すら必要はないのである.

 政治と行政そして司法を担っている人びとにボクが願いたいのは日本に暮らす国民の安心と安全を担保してもらいたいということである.人間が運転する車と名のつく乗り物が絶対的に優先順位が1位であるはずの歩行者を傷つけあまつさえ時に命を奪う世界はインフェルノである.

 このインフェルノな世界を極楽に変えるためのオシゴトをボクは 政治と行政,そして司法を担っている人びとに強く願いたい.

ーー以上である.

 以降少し本稿を書く前にインターネッツで当該事件について話題になっていたことを参考までに集めてみている.よろしければお読みいただければ幸いである.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.
当該池袋事故で「上級国民」というなんだかよくわからない謎ワードがつぶやかれる謎現象が発生していた.

 最初にボクが当該池袋事故に関連した「上級国民」という言葉を目にしたのは下記のツイートだった.

 どこからどのように情報をサルベージするとわかったのかは分からないのだけれど,どうやら事故を起こした87歳高齢男性がリタイアメントする以前は通産省のエリートだった(?)とかいう話のようなのだけれど,どうするとそこから「上級国民」という言葉に繋がるのかがこの時点ではボクにはわからなかった.

 どうやらそのあとで「上級国民」をツイッター検索してみて分かったのは当該池袋事故で「上級国民」とお怒りのメンメンは事故を起こした87歳高齢男性が逮捕されないことについて憤慨していたらしいのである.そもそも事故を起こした当事者である87歳高齢男性が病院に運び込まれているのに一体どういったカタチでの「逮捕」が行われるとそういったことで憤慨するメンメンは納得がいくものなのであろうか.

 上記のツイートの方もおっしゃっているわけなのだけれど,87歳高齢男性が運転していたというプリウスそのものにナニカ重大な問題が発見されないかぎりは87歳高齢男性が危険運転致死傷罪等の罪に問われ有罪になることは間違いないと思うのである.逮捕=刑務所行きなどというなんだかよくわからないことをもし考えていたメンやウーメンが実在したのだとすれば,一体どういうイカれたポイズンワールドをご所望なんですかねとボクは素朴に疑問に感じてならないものである.

 ちなみに今回の池袋事故とは直接の関係はないのだけれど,上述の事故に関連した判決を報じたニュースでは”「バスの部品が壊れていたために、ハンドル操作が困難だった可能性がある」として無罪を言い渡し、確定しました。”と報じられていた.当該池袋事故では2019年4月20日の時点では事故を起こしたプリウスに異常はなかったという話ではあるのだけれど,仮に異常があったということが証明された場合,今回の事件の加害者である87歳高齢男性が無罪になる可能性はゼロではないのである.それは「上級国民」であるとかそうでないとか全く関係ないのでカンチガイしないようにしたいものである.

 ...その後上記のようなまとめも発見した.このまとめに目を通したボクの感想は加害者とはいえプライバシーもヘッタクレもあったものじゃないなということである.今回の池袋事故には悪質な故意があった事件とはボクには到底思えないのだけれど,このように加害者を社会的に抹殺しにかかろうとする不寛容な社会は一体何なのだろうか...

スポンサーリンク

はてなな著名ブロガーが明後日の方向の自慢をしていてヒドかった.

 今やボクにとっては完全に反面教師となっているはてなな著名ブロガー,フミコ・フミオ先生がこの事故に関連して「営業マンとして毎日のように車を運転する生活を23年間やってきて、車をぶつけたりこすったりして人や物を傷つけたことが一度もない」ことを自慢していた.

 この文脈からいえばボクは現時点で40代半ばの中年男性が自動車事故を起こしたことがないなどというのはどーでもいいことで,こういった長い期間にわたって「車をぶつけたりこすったりして人や物を傷つけたことが一度もない」ことを自慢するような人間にかぎって高齢者になってもいつまでも自分は大丈夫と過信し,自動車運転免許を返納しなかったりすることの方がよっぽど問題になるのではないかなと思ったものである.

 なによりボクが知る限りはてなな著名ブロガーであるフミコ・フミオ先生はかなり頻繁に「ヨッパラッターバケラッター」といった酔っぱらいをアッピールするツイートをしているわけなのだけれど,そんな結構な頻度で「ヨッパラッターバケラッター」している酔っぱらいが自動車を酒気帯び運転をしたことがないなどといったことがないとは到底思えないのである.

 それこそフミコ・フミオ先生はことある都度「運」のよさもアッピールしているわけなのだけれど,その強運ゆえにポリスメンによる酒気帯び運転チェックの検問にたまたま「ヒッカカッターバケラッター」したことがないだけなのではないかとボクは思うものである.ちなみにボクは自家用車を完全に手放す以前に夜間に車を運転していて酒気帯び運転チェックの検問にあったことはあるのだけれどボクはそもそも今も当時も飲酒そのものをしないので酒気帯び運転をしたことは完全に1度たりともないものである.

 なにはともあれボクはフミコ・フミオ先生のツイートもブログも真偽の程がウサンクセーものであるので100ある情報のうち10くらいしか信じないことにしている.どこまでが本当でどこからが嘘なのかわからない情報は一般論として他の確たる情報筋から証明可能なものや自分自身の経験から絶対的全体としての世界として真実であると言えるものだけを信じるようにしたほうがいいものである.

 重大事故の報道をなんだかよくわからない自分自身の自慢へと変換してしまう人間に常識を求めることが間違っていることはボクにも分かる.こうした老害予備軍が運転する自動車から命の安全を守るには外の世界をスマホを眺めながらボーッとスマートフォンゾンビよろしく歩きスマホなど絶対にしてはならないということだけは覚えておきたい.

スポンサーリンク

当該事故から1週間の期間で報じられた報道の中で読んだ記事を記録しておく.

 当面,当該事故に関する報道は報じられるであろうと思うので事故後1週間ほどの間でボクが読んだ記事を読んだ日付ごとで記録をしておきたいと思う.1週間とするのは大体1週間を過ぎると大きな動きがないかぎり報道がなされなくなっていくとボクが思っているからである.もし1週間を過ぎても関連するニュースがあるようであれば1週間を超えても追記をしてみたいと思っている.

2019年4月20日(土).

2019年4月21日(日).

 事件後スグに逮捕されないと「無罪」だと思ってしまうなんだかよくわからない人びとのまとめ.

運転していたのは旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)で、警視庁によりますと事故直後の事情聴取に対して「アクセルが戻らなくなった」と話していたということです。
近所の人によりますと元院長は足が悪く、ふだんはつえをついて歩いていたということですが、最近、駐車をする時に車の操作に手間取ることがあり、1年ほど前には「運転をやめようか」などと話すことがあったということです。
引用元: 母子死亡事故 運転の男性はふだんも操作に手間取ると話す | NHKニュース

 加害者の87歳高齢男性の名前や職業に言及がされはじめたのをボクが確認したのは2019年4月21日からだった.

 池袋事故とは関係がないのだけれど,次の2件の交通事故が報じられていた.池袋事故がなければ少なくともボクはあまり大きく気にかけることはなかったかもしれない.

2019年4月22日(月).

松永さんの夫は22日、代理人弁護士を通じて、「最愛の妻と娘を失ってから今日まで、なぜこの様なことになってしまったのか訳が分からず、死と向き合うことが出来ません。当たり前のように一緒に生きていけると思っていた大切な2人を失い、失意の底にいます。家族で静かにお別れしたいと思います」とのコメントを発表した。
引用元:夫は「最愛の妻と娘失い、失意の底」…池袋暴走 : 国内 : 読売新聞オンライン

 普段だとこういった事故まで速報で知らせることあまりないような気がしたので上記の事故の速報も記録として掲載しておきたい.

スポンサーリンク

2019年4月23日(火).

 事故後4日目にして車を運転していた飯塚幸三さん(87)が事故前に足を痛め、通院していたことが判明している.ここまでの時点において事故車に異常が認められないことから,飯塚幸三さん(87)の過失による事故だったということになるのではないかなと思っている.ちなみに人の過失による事故ということになったならば(仮に車の異常だったとしても同じだけれど)この事故は回避可能だったということになるわけなので,同様の事故を再発防止するためになにができるか真剣に考えていかないといけないなとボクは思っている.

車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散した。クボタは4月22日付のプレスリリースでうわさを否定。息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。
引用元:「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」 - ITmedia NEWS

 「上級国民」以外にも「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」というデマを拡散した人びとがいたらしい.ボクがこの池袋事故の正規の報道を追ってきた限りにおいてはこのデマは事件4日目で初出だったのだけれど,こういうデマを拾ってくる人びとはどこからこんなデマを拾ってくるのだろうね.

2019年4月24日(水).

 クールでビューティホーハーモニーなジャパンの文化人ってもっと冷静にモノゴトを客観的に観た上で言葉を選んで話すことができないんですかねとボクはこのツイートを観て思いました.

コメント全文
 まず最初に、事故現場の献花台にあふれるほどの花を手向けてくださった皆さま、妻と娘に寄り添い、心を痛めてくださっている皆さま、皆さまの温かい心に本当に感謝しています。
 
 最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。
 
 娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる、そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間がたっても消えないでしょう。
 
 妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来ならばそうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。
 
 この数日間何度も、この先生きていく意味があるのかと自問自答しました。しかし同時に、今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を、今後、絶対に出してはいけないとも思いました。そのために私は、妻と娘の画像を公開することを決断いたしました。妻はとても恥ずかしがりやで、フェイスブックなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。そのため本当に苦渋の決断でした。この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだということを現実的に感じてほしいです。
 
 現実的に感じていただければ、運転に不安があることを自覚した上での運転や飲酒運転、あおり運転、運転中の携帯電話の使用などの危険運転をしそうになったとき、亡くなった2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずにすむかもしれないと思ったのです。
 
 それぞれのご家庭で事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は車を運転しないという選択肢を考えてほしい。また、周囲の方々も本人に働きかけてほしい。家族の中に運転に不安がある方がいるならば、今一度家族内で考えてほしい。それが世の中に広がれば、交通事故による犠牲者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しは浮かばれるのではないかと思います。今回の事件をきっかけにさまざまな議論がなされ、少しでも交通事故による犠牲者がいなくなる未来になってほしいです。
引用元: 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」 - 毎日新聞

 ネットでのデマ拡散や誹謗中傷が犯罪になることがわかってない人びとはポリスメンのご厄介になる可能性がでてきたようです.

2019年4月25日(木).

 事故後6日目,事故を起こした飯塚幸三さん(87)は退院したといった報道がなされているのだけれど逮捕された様子はない.それによってまた「上級国民」をいいはじめる人びとが散見されるようになっているようだ.そして事故から5日が経過してからさらに事故の犠牲者が実はもう2人いたということが判明したりしている(こんなことってあるのだね...).

2019年4月26日(金).

2019年4月27日(土).

 このまとめのやりとりが本当ならかなりヤバい... とボクは感じた.

2019年5月2日(木)

2019年5月3日

2019年5月4日

2019年5月7日

2019年5月10日

2019年5月16日

 高齢者が運転するプリウスが起こす事故が連続して報じられた結果,再びプリウスそのものに欠陥がないのか不安の声が上がる.

事故から1ヶ月以降の関連記事で読んだもの.

 改めて違う記事でまとめていこうと思っているのだけれど,さしあたりこの記事にしばらく追記していく(2019年5月21日).

《アイキャッチは免許を返納する人のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや免許を返納する人のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:厳密には当初あった本店は閉店していて場所を移してリニューアルして開店されたものであるのだけれど

*2:JR池袋駅前からどのあたりまでをグリーン大通りと呼ぶのかは実はボクは現時点でも知らないし興味はない

*3:記事としては事故発生にもっとも近い記事なのだけれどボクがこの記事を読んだのは2019年4月21日だった.

*4:同転載記事.

*5:同記事はてななブックマークの反応.

*6:交通事故報道に力がはいっている印象があるので.

*7:交通事故報道に力がはいっている印象があるので.

*8:気にしているせいか事故報道が目に入る.

*9:記事は2019年4月19日のものなのだけれど一つ前の記事を読んでいる際に見つけて読んだ.

*10:1週間を超えてもなおデマが拡散され続けている.

*11:この記事によると国会議員までデマ拡散に加担したとのことであり,どーしょーもないなという感じである.