#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

軽いかぜは患者の自己負担上乗せを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

軽いかぜは患者の自己負担上乗せを受けて断つ。

 読者諸賢はニッポンの財政を立て直すため、財務省が、医療費や介護費の膨張を抑える制度の見直し案をまとめた件についてご存知だろうか。見直し案は、先日(2018年4月11日)に開かれた財務省の審議会で示さたそうなのであるが、それによると財務省は軽いかぜなどで診察を受ける場合は、患者の自己負担を上乗せするよう提案しているとのことである。

 NHKニュースの記事より引用して紹介すると次のようにあった。

 「医療費を抑えるために、財務省は、かぜなど比較的軽い症状で診察を受ける場合は、窓口で支払う自己負担を引き上げるよう提案しています。」「財務省は、日本は、ほかの国に比べて、かぜなど比較的軽い症状で診察を受ける頻度が高く、それが医療費の増加につながっていると指摘しています。このため軽い症状で外来受診する場合は、一定額を上乗せして自己負担を引き上げるべきだと提案しています。」「また患者の健康状態を把握している「かかりつけ医」を受診すれば、余分な検査代や薬代が減るとして、「かかりつけ医」以外の医療機関を受診する場合は、さらに上乗せ額を引き上げることも提案しています。

ーーとのことである。

 ボクはかぜは万病のもとだと思っており、かぜははやめに治したいと思っている。なのでボクが病院に行くときは専らかぜなど比較的軽い症状のときである。健康でいたいからかぜなど比較的軽い症状のうちにイキたくもない病院にいっているのであり、健康でいたくないならそもそも病院なんかいかないのである。財務省の提案は健康な人間、健康管理をキチンとしたいと思っているボクのような人間からよりよりマネーをいただいてしまおうという提案であるように思われるのは気のせいだろうか。なんというおそろちいことでしょう。

 そもそも医療マネーをキチンと払ってもらうべきなのは自らの不摂生で健康を害した人たちのほうではないだろうか?

 例えば、不健康優良食品である意識他界ラーメンを毎日欠かさず食して、メタボしかるのち成人病を患ったキモメン軍団がいたとして、そんなキモメン軍団の成人病治療を健康な生活を営む努力をしているボクらのような健康優良不良中年が支えるというのはおかしくないか?とボクは思うものだ。

 ボクら健康優良不良中年の医療費を安く、不摂生に不摂生を重ねた結果に健康状態がおもちろおかちいことになったキモメン軍団の医療費をよりより高くというようにしなければ、ニッポン国民はよりより不摂生に努めはしないかとボクは憂慮するものだ。

 ちなみに「また患者の健康状態を把握している「かかりつけ医」を受診すれば、余分な検査代や薬代が減るとして、「かかりつけ医」以外の医療機関を受診する場合は、さらに上乗せ額を引き上げることも提案しています。」という部分に関してはかかりつけ医が健康不摂生メンかどうかで上乗せ額を決めてくれるという役割を担ってくれるならそれでもいいんじゃないかなとボクは思わないでもない。

 ボクは日本医師会による「かかりつけ医を持ちましょう。」などの提言を読んでもかかりつけ医がなんなのかよくわからないので、今現時点ではこの内科医・耳鼻科医・整形外科医・歯科医がボクのかかりつけ医であると言えるかかりつけ医をもっていないが、もしボクが健康に気を払っている、ゆえにかぜなど比較的軽い症状でかかりつけ医にかかつけにいくのだということ、かかりつけ医にかかりつける分には医療費が上乗せされないというのであれば、是非ともかかりつけ医をみつけたいと思っている。

 最後に余談だが、かぜなど比較的軽い症状で内科医を受診するボクであるが、風邪のひきかけの段階で大抵は風邪を治せてしまっているので、滅多に内科医自体を実は受診することがないのだ。どうやって風邪のひきかけの段階で風邪を治してしてしまっているかについては以前下記のエントリで触れたのでよろしければ参照いただきたい。

www.hobonichi-ramen.com

 ようは一言で言うと「良薬は口に甘し」な浅田飴を服用して、チャッチャと風邪のひきかけで治してしまっているということなのである。

 今年(2018年)は異常気象まっさかりであり、連日気温が昨日より5度以上高くなったり、一昨日より5度以上低かったり気温の乱高下がタイヘンにハゲしい。読者諸賢もくれぐれも体調管理には気をつけてカラダを大切にしてほしい。なにより意識他界ラーメンなど食さぬようというのは言わんでもおわかりのこととは思いますが、もしも意識他界ラーメンをみかけた際にはくれぐれも緊急避難行動で、身の安全を確保するよう努めてほしい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

《アイキャッチは葛根湯のイラスト。さすがに企業の商品である浅田飴はいらすとやさんにはなかった。ザンネンなことである。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。