#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

生クリーム不要、レンジで一発 「釜玉カルボナーラうどん」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

生クリーム不要、レンジで一発 「釜玉カルボナーラうどん」を受けて断つ。

 読者諸賢は毎日きちんと自炊をしているだろうか?ラーメン断食家であるボクは毎日きちんと自炊しておられる。しかし自炊というものは結構手間がかかりたいへんなものである。1年365日、毎日自炊をするというのはとてもたいへんなものである。年間に600杯とか1,800杯とか外で意識他界ラーメンを食しているとかいうしょーむないことを自慢することをイキがいにしているラヲタキモメン軍団にはこの苦労はきっと理解できないだろう。見方によってはボクの方がカワイソーに見えないこともないのであるが、ボクの立場から言わせてもらうならむしろカワイソーなのは自炊すら満足にすることができないラヲタキモメン軍団の方なのである。せいぜい毎日カラダに悪い意識他界ラーメンを食し続けて、みすぼらちくも短小かつしょーむないメタボ人生を全うしてほしい。なむなむ。

スポンサーリンク

 閑話休題。話が脱線してしまったが、大事なことなのでたっぷりと言っておこうと思う。ボクらは自炊メンである。自炊メンたるもの時にメンどくさいときもメンどくさくないときも自炊メシをさほど手をかけずにつくりたいものなのである。ゆえにボクの夕メシは大抵の場合、1汁1菜を基本としているし、1菜は大抵トメイトーである。

 1汁1菜はタイヘンにラクである。しかしそんなラクな1汁1菜ですらズボラなボクはメンどーくさいと思ってしまう時はあり、そういう時は冷凍のウドーンや昔ながらの讃岐ウドーンを食す時もあるのである。冷凍のウドーンは無類であり、昔ながらの讃岐ウドーンも無類である。

 ちなみによりよりズボラをするのであれば昔ながらの讃岐ウドーンよりも冷凍のウドーンがの方が優れている。ズボラ飯における冷凍ウドーンは最強である。例えばレンジでチンして醤油とタマゴ、そして冷凍してストックしてある刻みネギをかけて釜玉ウドーンの完成である。釜玉ウドーンだけでは侘しいというのであれば、トメイトーをつけあわせてみるだけでも大幅な改善がなされるのである。足りないタンパク質はプロテイーンするのでなんら問題はない。

 さてそんな冷凍ウドーンで是非とも1回やってみてほしいというレシピがコウカイされていたのを先日ボクは発見した。生クリーム不要、レンジで1発、完成まで5分もかからないのだという。それがまとめられていたのが下記のTogetterである。

参考:生クリーム不要、レンジで一発 “釜玉カルボナーラうどん” が超美味いらしい→さっそく作ってみた「冷凍うどんの夜明けや」 - Togetter

 手順を上述のTogetterを参考にまとめると下記のとおりになるらしい。

(1)冷凍ウドーンをサッと水にくぐらせて耐熱皿に乗せる。
(2)さらにその上にベーコンを広げ、ラップし、レンジで3分30秒。
(3)(2)の工程が終わるまでの間に器に卵1個、マヨネーズと粉チーズ各大さじ1、だしの素小さじ1/2、チューブにんにく5ミリを混ぜておく。
(4)(2)ウドーンがアツアツに解凍されたら(3)を入れて絡めて黒胡椒をふりかける。

ーー以上で完成だそうである。さらにお好みで麺つゆをかけるとよりよりおいちいとのことらしい。

 どうにもズボラなボクはよりより手抜きをしたいときにはついついタダの釜玉ウドーンをつくってしまう。しかしさほど追加の手間はとりそうもないのでカルボナーラ風にするというこのアイデアをゼヒともしかるのち試してみたいと思っている。

 しかし、このメニューがあうのはどちらかというと冬場かもしれないので、まずボクは先日別途発見した下記のコーンクリームにめんつゆを入れて「つけ蕎麦」を試す方を先に食してみたいと思っている。

参考:コーンクリームスープにめんつゆを入れて「つけ蕎麦」で受けて断つ。 - #ほぼにちらーめん

 「釜玉カルボナーラうどん」も「つけ蕎麦」も試してみたしかるのちにはブロガーという生き物の慣習にならって食レポなるものをしようと思っている。タダ、ボクがつくって食したものを書いたタダの日記になにかの需要があるものなのかどうかはボクにはちょっとよくわからないものである。しかし、興味をもっていただけた奇特権益な読者諸賢がいらっしゃるのであれば期待をしないで待っているようにしていてもらいたい。

スポンサーリンク

 最後に余談であるが、意識他界ラーメン店界隈ではカルボナーラまぜそばなるなんだかよくわからんムニャムニャがまぜそばブームにあやかっていつ頃からかもてはやされるようになったものであるが、カルボナーラまぜそばなるなんだかよくわからんムニャムニャよりタダのカルボナーラの方がフツーにおいちいというのがボクの感想であり、一体カルボナーラまぜそばとは何のジョークからそんなしょーむないものをつくってみようと思ってしまったのか、ボクは意識他界ラーメン店店主というもののザンネンな思考回路にがっかりしてしまった記憶が呼び覚まされてしまった。

 しょーむないものを斬ってしまうのはルパーン3世に登場する石川五右衛門さんだけでよいのである。ボクはしょーむないものを斬ってしまっても特に何も得をすることはないのである。意識他界ラーメン店店主もいいかんげんにしょーむないなんだかよくわからんムニャムニャを創ることを卒業し、サラリーメンとして真っ当な道を歩む努力をしてみてはどうか。サラリーメンがいかに偉大であるかわからないから意識他界ラーメン店店主などという腐れ外道かつド阿呆は客であるサラリーメンにいらぬ真剣勝負を挑んでしまうのであり、そんないらぬ真剣勝負を挑むことがいかに阿呆なことか学びなおすためには一度はサラリーメンをやってみるべきなのである。さすれば意識他界ラーメン店店主も如何に意識他界ラーメン店店主などというものをやってしまっていた自分が腐れ外道かつド阿呆だったかということに気づくことができるであろう。

 それではまた会おう、さらばだ、諸賢!!

《アイキャッチはカルボナーラのイラスト(スパゲッティ)。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。