#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

幸楽苑HD(2018年3月期連結決算)最終赤字32億円、店舗閉鎖で特損を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

 ボクはラーメン断食家であるが、同時にラーメン関連銘柄株価ウォッチ家でもある。世の中にはこの銘柄ラーメン関係ないだろ、と思っているような銘柄が案外ラーメンと関係があったりしたりするもので、ボクはそんな隠れラーメン銘柄を探すことをヒソカな日常のたのちみとしている底抜けの阿呆である。

スポンサーリンク

 とはいえ、何を隠すも隠すまでもなくどうみてもラーメン関連銘柄という企業は当然のことながら上場しているわけであり、ニッポン人なら知らぬ人はいないであろう薄利多売格安ラーメン戦争という、およそ多くの人からしてみたら「しょーむな。」と言われてしまうことも厭わず、いかにして効率的かつ合理的にラーメンを消費者に食わせるかということに情熱を惜しまないなんだかよくわからん上場企業というものは存在しているのである。

 そんな多くの人びとにとっては「しょーむな。」と言われてしまうほどに関心の薄い薄利多売格安ラーメン戦争でしのぎを削るというよりも、まさに文字通りの魚介豚骨肉の争いを演じている二大巨頭とも言うべき企業がハイデイ日高の日高屋と幸楽苑ホールディングス(以降、幸楽苑HDと表記)の幸楽苑であるということは言うまでもない。そのことは何度となくボクも本ブログにおいて言及してきたことではあるわけだが、大事なことはたっぷりと言うのがボクのスタイルであるので平にご容赦願いたい。

幸楽苑HD(2018年3月期連結決算)最終赤字32億円、店舗閉鎖で特損を受けて断つ。

 先日、2018年5月11日、そのニッポンにおける薄利多売格安ラーメン戦争を繰り広げる二大巨頭のうちの一角、幸楽苑HDが2018年3月期連結決算を発表した。その内容について報じた日本経済新聞の記事へのリンクが下記である。

参考:幸楽苑HD前期 最終赤字32億円 店舗閉鎖で特損 :日本経済新聞

 この記事によれば「ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングスが11日発表した2018年3月期連結決算は、最終損益が32億円の赤字(前の期は1億5400万円の黒字)だった。最終赤字は1997年の株式公開後初めて。不採算店の大量閉鎖や店舗資産の減損処理に伴う特別損失が響いた。5円を予想していた期末配当は見送り、年間配当は5円と前の期に比べ15円減となる。」とのことである。

 「最終赤字は1997年の株式公開後初めて。不採算店の大量閉鎖や店舗資産の減損処理に伴う特別損失が響いた。」に関してはボクからすれば予定調和である。なにより企業にとって都合の悪いことを忘れないようにしているボクにとって幸楽苑HDの幸楽苑において異物混入問題、通称「指ポチャラーメン事件」は記憶に新しく、親指がウッカリと指ポチャするのではなく、スタッフらしき人間のリアルな指の一部が混入するというホラーがあったラーメンチェーンにはようよう安心して訪れることができないからである。

 しかし、そういった負の遺産を幸楽苑HDが放置しているわけではないのはボクもよく存じ上げている。続く記事には「ペッパーフードサービスとのフランチャイズ契約で17年12月に出店を始めたステーキ店の業績への寄与は限定的だった。」とあったが、ボクは幸楽苑HDの生き抜くためのブレークスルーは西からジョジョにいきなりステーキになる戦略しかないと思っている。なにより「売上高は新店効果などで前の期比2%増の385億円だった。ただ、既存店の販売額は2%減と低迷した。」新しく開店した効果も既存店の売上高が低迷して打ち消してしまうなら、幸楽苑として新店を開業するメリットは乏しいということである。

 また「19年3月期の売上高は前期比微減の384億円を見込む。最終損益は2億6900万円の黒字と、黒字復帰を予想している。」とのことだが、ボクにはなにをやっても今のままでは幸楽苑HDはジリ貧であるようにみえる。むしろよく黒字復帰がなされるものだという点に疑問を感じてしまうくらいだ。西からジョジョにいきなりステーキになる戦略をよりより効果がテキメンと思えるレベルまで躊躇なく推し進める必要があるのではないか?中途半端ななんだかよくわからないチルド商品を発売している場合ではないのではないか?

 ライバルのハイデイ日高ともどもボクは幸楽苑HDからも目を離すことができない。刮目してハイデイ日高および幸楽苑HDの動向をこれからも観察していきたい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

スポンサーリンク

《アイキャッチは粉飾決算のイラスト。「決算」というキーワードでいらすとやさんを検索した際にまっさきに見つかるのがこのイラストである。他意はないので安心してほしい。ところで本文中で紹介した日本経済新聞の記事中には幸楽苑HDの「社外取締役を除く取締役8人の月額報酬を5月分から半年間返上もしくは減額することも発表した。新井田傳社長ら2人は返上、他は30%減額する」ということも書かれていた。経営が芳しくないのであれば、たしかに経営陣が責任をとるのは当然である。それにしても大分思い切った給与の減額であるように感じるのだが、どうしてそこまでするのであろうか。指ポチャラーメン事件の影響を今になって大きく感じ始めたということであろうか。その真意はボクにはよくわからない。なぜならボクには書かれていること以上のことを知ることはできないからである。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

これまでボクがとりあげてきた幸楽苑HDの動向については下記を参考にしてほしい。

www.hobonichi-ramen.com

www.hobonichi-ramen.com

www.hobonichi-ramen.com

www.hobonichi-ramen.com

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。