#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

麺屋武蔵と日本薬科大の花粉症向けラーメン「華爽快ら~麺」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

やっぱり麺屋武蔵と日本薬科大の「花粉症向けラーメン」を受けて断たない。

 読者諸賢は麺屋武蔵をご存知だろうか。

 ニッポンに数多存在する意識他界ラーメン店の中でも数少ないボクが嫌いではない部類の意識他界ラーメン店である。タマにヘンなナンだかよくわからんムニャムニャを創ってしまうことはあるが、基本的にはラーメン界の神と呼ばれた故Kazuo Yamagishiさんの「お客さんには安い値段で腹いっぱい食わせてあげたい。」の意向に沿ったラーメンを提供し続けていると思っているからだ。

www.hobonichi-ramen.com  例えば麺屋武蔵はタニタ食堂とナンだかよくわからんムニャムニャを創っていたこともあった。

 余談だが、今の世の中に溢れている意識他界ラーメン店はラーメン界の鬼と呼ばれた故Minoru Sanoさんの遺した「客との真剣勝負。」に傾倒したナンだかよくわからんムニャムニャを創る系統に倣って「お客さんにはナンだかよくわからんコダワリのムニャムニャを他界値段で腹いっぱいになるまで連食させてあげたい。」というお店ばかりであるので、ボクはそんなナンだかよくわからん真剣勝負でマネーの浪費をすることを潔く卒業したというわけだ。

 ちなみにメンがヘラヘラしている方々が意識他界ラーメン店店主と毎日のように真剣勝負を挑むのは自由である。死ぬまでガンバってメンをヘラヘラさせてほしい。しかるのちカラダがカワイソーなことになってあっちの世界にイキってしまったとしてもボクには禱ることしかデキない。なむなむ。どうか迷わず成仏してほしい。

www.nikkei.com

 閑話休題。先日ボクは上記の日本経済新聞の記事を読んだ。どうやら件の麺屋武蔵が花粉症に効くラーメンを日本薬科大学と共同開発したということらしい。

 下記に上記の記事よりどういうラーメンであるのか引用して紹介させてもらおうと思う。

 「華爽快(はなそうかい)ら~麺」(1080円)は、発汗作用があり体の熱を冷ますとされる菊花の酢の物やハッカを入れ、清涼感を感じられるようにした。あさりやサザエを材料にしたスープはあっさりしているが「たくさんの具材が混ざることで、一杯で様々な味を楽しめる」(同大)という。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27514530Y8A220C1L72000

 本当に麺屋武蔵と日本薬科大学の共同開発した花粉症ラーメンが花粉症に効くのか効かないのかボクにはザンネンながらわからない。

 仮に本当に効くのだとしても一杯だけ食って効くというような魔法はこの世の中には存在しないということだけは間違いない。

 余談だが、ボクは意識他界ラーメンを受けて断つラーメン断食により、重度で一生悩まされると思っていた花粉症が大分緩和した。もはや克服したと言っても過言ではない。

www.hobonichi-ramen.com  ラーメン断食、もしくは野菜350g/日を継続した結果、ボクはどうやら花粉症を完膚なきまでに克服した(と思っている)。ラーメン断食家であるボクのポジショントークで言わせてもらえば花粉症ラーメン食すより、花粉症ラーメンを含めたあまねく世界の意識他界ラーメンを情け容赦なく受けて断った方が花粉症治っちゃうかもしれないぞ、と言わせていただきたい。

 つまりスデに花粉症克服したボクには麺屋武蔵と日本薬科大学の共同開発した意識他界花粉症ラーメン、華爽快ら~麺は必要ないのである。タイヘンにザンネンであるが、もはや花粉症ではないボクは麺屋武蔵と日本薬科大の花粉症向けラーメン「華爽快ら~麺」は食すことがデキない。

 最後になるが意識他界花粉症ラーメン、華爽快ら~麺は「東京・六本木の店で3月9~21日、1日20食限定で販売」だそうである。

 花粉症に悩まされる六本木界隈のメンがヘラヘラした方々はゼヒとも1日たった20食の意識他界花粉症ラーメンで花粉症を克服するトライアルをしてみてほしい。たったの10日間強、毎日意識他界花粉症ラーメンを食して花粉症が克服することがデキるなら安いものであろう。克服することがデキても、デキなくても、しかるのちインターネッツの大海にその効果をコウカイしてほしい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは宮本武蔵の似顔絵イラスト。いらすとやさんの宮本武蔵さんはとてもビミョーな宮本武蔵さんだ。花粉症にもタイヘンに弱そうに見える。ふしぎだ。/本稿はお題「健康」によせて書きました。)

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。