#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「モスバーガーで28人が食中毒の症状、本部納入の食材が原因?」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

「モスバーガーで28人が食中毒の症状、本部納入の食材が原因?」を受けて断つ.

 先にお断りをいれておこう.ボクはほとんど外食をしないメンである.本ブログにおいて明言して断つことにしている外食は意識他界ラーメン,日本鰻,マクドナルド,そしてミスタードーナツである.他にも実は特に意識して断っているわけではないけれどずっと食していない外食メニューや外食チェーン店は相当数存在する.ちなみにそれでも全くボクが困らないのはボクが基本的に自炊をするメンだからである.

 とはいえ自炊を愛している自炊原理主義者というのはさすがに過言である.平日のランチは弁当を持参しているわけではないのでどうしてもオフィス近辺の定食屋ないしオフィスビル内の食堂にいかざるを得ないのだ.なのでボクにも外食産業を完全否定することはさすがにできないのである.サラリーメンとしてオフィス痛勤を強いられている限りにおいてはこれは抗いようのないことである.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがボクが基本路線としては外食をしないようにしているメンであるというどーでもいい前提を語る閑話.以降は最近外食産業がにわかに食中毒でアツいよねということを語る注意してもどうにもしようもないときはどうしようもない閑話である).

 読者諸賢はモスバーガーで28人が食中毒の症状を訴え,なお被害が拡大中というニュースをお聞きになっただろうか?ボクは昨日(2018年9月14日),ツイッターのトレンドを観たり,日本経済新聞の社会欄を読んだりしている際にそのニュースを目にした.

 記事によると「ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の関東甲信地方8都県にある19店舗を8月10~23日に利用した計28人が食中毒の症状を訴えている」らしい.また8都県とは「栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野」とのことなのだけれど,「長野県の上田保健所が10日から3日間の営業停止処分とした同県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかに」されていないのだという.

 ちなみにこの食中毒事件のモシャモシャするポイントは「(店舗が)チェーン本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い状況だ」と発表されていることである.本部から納入された食材が原因ということは8都県「栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野」に限らないモスバーガーで同様の食中毒の危険があるということになりそうなものなのだけれど,長野県の上田保健所が10日から3日間の営業停止処分とした同長野県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかにされていないのである.

 そもそもボクの場合は滅多に外食をしない自炊主義者なのであえてこのタイミングで狙いすましてモスバーガーに食中毒の危険を冒してまでハンバーガーを食しにはいかないわけなのだけれど,モスバーガーのチェーン本部から納入された食材が原因となって起きた可能性のある食中毒事件で長野県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかにしないというのはたいへんに不安感を煽るものである.

 とはいえ世の中,大方のメンは意識他界ラーメン店でゲリラーメン食して食中毒っぽい症状を起こして店にツイッターで訴えたらブロックされたといったことが起きても無関心なようなので,こういったことが起きたとしても不安に思うメンの方がマイノリティなのであろう.ボクは気になるので本件の顛末をしばらく観察していきたいと思うが,気にしない方はどんどんモスバーガーにハンバーガーを食しにいけばよろしかろう.

 最後に余談ではあるが,ここ1ヶ月ほどボクがみている範囲では「食中毒」という言葉を何度か目にしているような気がしている.1つは意識他界ラーメン店のゲリラーメン,1つは客にハンバーグを焼かせる飲食店のブーム,そして今回のモスバーガーである.

 最初の2つについては下記のエントリに先日書いた.

 意識他界ラーメン店のゲリラーメンでゲリをするというのは扱っている食材そのものの扱いがむつかしいもの(例えば牡蠣や雲丹をはじめとした生の魚介類やジビエ肉を使用しているものなどがある)であるのでゲリをするのは理解できるのだが,保健所を介して営業停止にされている様子がない(少なくとも新聞等での報道は見かけない)ことからキチンと医師の診断を受けていないか,医師の診断は受けているけれど医師が保健所に届け出を出していないか,はたまたそもそも5ちゃんねるやツイッターといった信頼性がビミョーなメディアへの書き込みなのでデマなのかといったところなので,リアルならちゃんと「医者に行く」「医師の診断を受ける」「食中毒ならばキチンと医師に保健所に届け出をしてもらう」をしようという話である(医師の方がたが保健所に届け出をしてないのならば,下記のリンクにあるとおり医師の過失である).

 今回のモスバーガーの件でボクが気になったのは今の時期(9月中旬)は食中毒がよく起きるシーズンなのか?ということである.

 ちなみに困ったときの厚生労働省ということで上記リンクの厚生労働省の「食中毒」に関するページを参照してみた.このページを観ても分かるのは「ノロウイルスは特に冬に注意せよ!」ということくらいである.google:食中毒 時期 などでグーグル先生にクエスチョンすると花王のサイトなどでは「7月から9月にかけての夏場に最盛期を迎える」と書かれている.ようは一年中を通して食中毒の危険のない時期など「ない」というのがボクの意見であるわけなので食中毒にはこれからもボクは細心の注意を払っていきたいと思ってる.

スポンサーリンク

 具体的にボクが食中毒に対してどのような細心の注意を払うかといえば《食中毒予防の3原則:食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」》を徹底するということである.具体的にどういうことかは政府広報がガイドラインをインターネッツに公開しているので興味のある方は確認してみるとよろしかろう.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはアイキャッチは集団食中毒のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 食中毒事件のリストは厚生労働省のページで確認できないことはないけれど,個別具体的な店の名前等は上記のリンク先にある資料からは確認することができない....

 たとえば上記では今年(2018年)の速報が公開されてはいるわけだけれど,個別具体的なお店の名前には言及がない.

 この資料の中でボクが個人的に「なんだこれ?」と思ったのは原因食品の列に「酒類(洗浄剤)」と書かれていたものである.ボクのググラビリティではこの食中毒事件らしいものを伝える報道を見つけることはできなかったが,食中毒事件は結構頻繁に起きているわりに世の中の関心は薄いのだということをボクは再認識したことはいうまでもない.

 花王のサイトによると「食中毒の発生状況は1年中同じではありません。また、年によっては、企業の不祥事による食中毒事件が起きることもあります。おおよその傾向では、寒い季節に食中毒の発生は少なく、4月、5月と暖かくなるにつれ多くなり、7月から9月にかけての夏場に最盛期を迎えるといわれています。フグやキノコなどによる食中毒(自然毒)も季節と関係があり、キノコは秋(10月)、フグは冬(10~12月)に多いとされています。」といったことが書かれているが,この情報は少し古いのだ.

 東京都の今年(2018年)の食中毒による死者数はボクが確認をした2018年9月16日時点ではゼロのようだった.ちなみにこれを観ると花王のサイトとは異なりむしろ7月から9月にかけての食中毒患者は少なく観えるのである...

スポンサーリンク

追記:

 2018年9月11日付の記事でモスフードサービスは広報を通して日経QUICKニュース社(NQN)に対し、食中毒の原因について「調査中」としたうえで、「原因が納入された食材などサプライチェーンにあった場合は、当該店を含めた広域の店舗の営業自粛も検討する」と回答している.「原因が納入された食材などサプライチェーンにあ」るのか,それともないのかはこの記事の時点では判明していないけれど,ボクが経営ならその疑いがあるだけでも「広域の店舗の営業自粛」をするけどねというのが率直な意見でございます.ボクはモスフードサービスは危機意識が低いのではないですかね.

 2018年9月17日付の朝刊で新たに長野県諏訪保健所が16日、同県茅野市にある「茅野沖田店」を18日まで3日間の営業停止処分にしたことが報じられた.しかし既に営業停止処分を受けた長野県上田市の「アリオ上田店」と今回営業停止になった「茅野沖田店」以外の店舗名は示されていない.食中毒の原因が「本部」の調達にあるのであれば,営業停止するべきなのは末端の店舗ではなく「本部」の方ではないのだろうか?たいへんにふしぎだ.報道があるかぎりにおいてボクは本件の観察を継続したいと思う.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。