#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん【'16年134杯目】麺屋六感堂(豊島区東池袋)の煮干しx鴨出汁の醤油SOBA('16年10月01,02日週末限定)

しょうゆラーメン しょうゆラーメン-麺屋六感堂 東京都 東京都-豊島区 復習らーめん 復習らーめん-麺屋六感堂 期間限定 RAMEN

スポンサーリンク

目次

本日のおしながき:麺屋六感堂の煮干しx鴨出汁の醤油SOBA


滅多にお目にかかれない六感堂さんの煮干ラーメンとの邂逅!


  • ラーメン屋 / 麺屋六感堂
  • 今日の一杯 / 煮干しx鴨出汁の醤油SOBA (2016年134杯目)
  • 値段: ¥950 +チャコ飯(角煮丼)300円
  • 日付: #20161001
温麺再開の第二弾は肉もりもりのボリューミーな一杯。

六感堂の週末限定に温麺復活の第2弾。2週連続で肉もりもりのボリューミーな一杯。

わたしが六感堂週末および祝日限定に通い始めて初めての煮干ラーメン。実は六感堂さんで煮干を名前に冠するラーメンを頂くのは初。

ここのところFacebookのラーメン同好会とかいう集団がこぞってきているようで、これまでは空いていた時間帯に訪れるとお店が満席のことが多い。一応、一席空いていたので待ちはなく食券を買って(今回から食券機の構成をリニューアルしたそう。SPと味玉付きは削除し、英語表記が追加。またSPは別皿での提供になったらしい。休祝日は限定しか頼まないわたしには今のところ影響軽微)着席、調理を待つ。

調理を待つことおよそ10分で煮干鴨出汁醤油SOBA、完成。

まさかのキング氏の魚介系ことごとく駄目なんじゃないか疑惑に新たな一ベージが追加される!

見た目、肉のインパクトが強烈だが、スープは煮干のエグみが嫌いというキング氏の想いが反映されて超淡麗。しかしニボ感はしっかりと出ていた。


いつも通り六感堂Tシャツを着ていった特典に豚のコンフィをトッピング追加してもらったので、もともと肉肉しい構成だったのがより肉肉しい見た目にアップグレード。見惚れていても仕方ないのでまずは温麺を食べるときの流儀としてスープ一口。

冒頭にも書いたがわたしが六感堂さんで煮干を冠するラーメンを食べるのは初。これが六感堂の煮干ラーメンか、と感慨も一塩。煮干のエグミを丁寧に飛ばし、それでいて煮干感は損なっていない。かなりハイレベルな煮干ラーメン。豚バラローストのからなのか焦がし感も加わって秀逸な味わい。

素晴らしい煮干鴨出汁のスープだな、と悦に浸りキング氏に「六感堂さんでの煮干は初ですが、旨いです!あまり煮干ラーメンやられないので食べれて嬉しい」といったことを伝えると、まさかのキング氏の回答「煮干しのエグみが嫌いなんですよ」。

何か聞き間違えたかな?煮干しが嫌い?

「確かにエグみはちゃんと丁寧にとれてますし、その上でニボ感も損なっていないので、スゴく美味しいですよ!え、本当に煮干好きじゃないんですか?」と、もう一度念のため聞いてみた。するとキング氏、やはり好きではないと答える。

なんという方なんだ、とw

キング氏の魚介系ことごとく駄目なんじゃないか疑惑再燃!とりあえず、わたしがこれまで聞いた限りで以下のものが駄目なのが発覚している。

とりあえず発覚したものを並べてみただけで、もはや笑うしかなくなってくるくらい旨いものが並んでいる。毎度、キング氏の「これ実は嫌いなんだよね」発言が飛び出してくる度に同じことをわたしも言ってしまっているのだが、毎度感心するのは、よくもまあ、自分自身が好きでない食材で他人が美味しいと思えるものを作れるものだなあってこと。もはや腕としかいいようがないところではあるのだろうけども、これは本当お世辞抜きにわたしはグレートなことだと思うんスよ。

淡麗な煮干スープも肉がてんこ盛りで終始肉祭りだわっしょい状態だった。

脱線してしまったので、限定麺の話に戻すと今回の限定麺、淡麗な煮干のスープとは裏腹に合わせてきたのが、豚バラのローストと角煮。さらにわたしの場合、六感堂Tシャツを着ていった特典として豚コンフィのトッピング追加までしてもらってるから、まさに肉の祭典状態。

肉祭りだ、肉祭りだ、わっしょい、わっしょい。 さらにチャコ飯も角煮丼なものだから、とにかく肉尽くし。肉祭り。 頭のなかでは肉祭りだ、肉祭りだ、わっしょい、わっしょいの掛け声をあげつつ、よく噛んでタンパク質補給に勤しんだ。

どの肉もジューシーなのだが、特筆すべきはやはり角煮で、よく煮込んだ肉の柔らかさと脂身のトロトロ感がたまらなかった。さいっこー。

そして、最後に持ち上げておきたいのは、キング氏が自信満々だった白髪ネギ。さすがの腕前での白髪ネギは極細、繊細。それと一緒にかきこむ角煮が本当にさいっこー。

最後の最後、しめにあたっては残ったスープに週末限定のチャコ飯(角煮丼)をレンゲですくってインし、雑炊風に楽しんだり、そのままの角煮丼を楽しんだりしつつ、一気に完食。

今回の一番の収穫は、魚介系ことごとく駄目なんじゃないか疑惑に新たな1ページが加わったことだったが、もちろん週末限定は言葉に出すまでもなく美味しかった。

暑い時期のつけSOBA、和えSOBA攻勢もよかったが、やはり六感堂さんの温麺は素晴らしい。さいっこー。

そろそろ平日にもお邪魔させていただき、進化したレギュラー麺をもう一度食べなおしていこうかしら、と。

ご馳走様でした!!

店舗情報( 2016-09-10 現在)

項目 詳細
店名 麺屋六感堂
ジャンル ラーメン
住所 東京都豊島区東池袋2-57-2コスモ東池袋101
交通手段 池袋駅東口徒7分弱池袋駅から724m
営業時間 11:00~21:00(売切次第終了)
日曜営業
定休日 火曜日
カード 不可
席数 14席
個室
貸切 不可
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場 無(近くにコインパーキングあり)
ホームページ @Rockan_Do
オープン日 2014年4月23日
看板メニュー 塩グリーン麺ゆずみつば
ラーメンラリー有無 第三弾終了???

お題「マイブーム」 お題「復習らーめん」