#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」を食べたよ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラーメン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、日清ラ王と核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うなんだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

180日を超えてラーメン断食を現在進行形で続けるボクは読者諸賢言われるまでもなく底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家だ。

しかし外でラーメン行くのやめたボクであるが、ウチでカップ麺や袋めんや、コンビニのチルド麺を食べるのをやめたわけではない。

 ボクは目指とく新聞や雑誌、テレビのコマーシャルなどでカップ麺や袋めん、コンビニのチルド麺の新製品が宣伝されるのを追いかけることに余念がない。そしてもちろん実地のコンビニやスーパーで目移りして衝動買いするカップめんや袋めん、そしてコンビニのチルド麺がある事は言うまでもないことである。つまりは蛇足だ。

「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」を食べたよ。

 そんなボクが「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」を手に入れていたのは日本経済新聞の新製品欄で目ざとく目にとめていたこと、そしてウチの近所のスーパーで平積みされていたからに他ならない。

 日清ラ王と言えば、どちらかというと袋めんのイメージが強い。カップ麺としてのイメージが強いのはカップヌードルである。

 日清食品のインスタントラーメンのプロダクトラインナップは元祖ともいうべきチキンラーメンから出前一丁、ラ王にカップヌードルと多すぎてそれぞれがどういう立ち位置であるのかボクですらよく分からない。ボクは雰囲気で日清食品のインスタントラーメンを買っていると言っても過言ではない。

 さてそこで「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」である。

f:id:garage-kid:20171015113812j:plain:w450
「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」

 「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」は熱湯で5分でデキる。カップ麺をつくるときのルーティーンをこなす。ティファールで熱湯を沸かす。「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」の蓋をあけ熱湯を容器内側の線まで注いだら蓋を閉じ「Hey Siri 5分のタイマー」で5分の瞑想タイムに突入する。

 5分断ったら蓋を開け、レンゲを使い「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」の容器底側から適度に混ぜる。出来上がりだ。

 「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」の感想であるが、さすがに袋めんのイメージが強いだけあって生麺仕立てを謳う麺はカップヌードルのお菓子のような麺とは段違いである。「食塩相当量:4.8g (めん・かやく: 1.0g / スープ: 3.8g) 」と製品情報にあるとおりカップ麺にしては食塩相当量控えめのスープも塩分控えめを実感できるところである。しかし、決して食塩相当量:4.8gの塩分が少ないわけではないのでボクはカップ麺のスープは一口二口ほどしか味合わないことは他のカップ麺と同様である。

日清ラ王はやはり袋めんの方がお得である。

 ちなみに食う前から分かりきっていたアタリマエのことであるが日清ラ王はやはり袋めんの方がお得である(袋めんの場合はトッピングを自分でつくるからカップ麺の方がお得という考え方もあろうがそれはボクと考え方が違うというだけに過ぎない)。

あえてカップ麺としてラ王をつくる意味があるとしたらトッピングすら用意するのも億劫なズボラ人間向けなのであろう。そんなズボラ人間が世の中にそんなにいるとは信じたくないものであるが、それくらいしか日清ラ王をカップ麺にして日清カップヌードルと競合させる意義をボクは感じなかったという話である。

 日清ラ王のタテカップのカップ麺をボクが今後買うことがあるか否かに関しては現時点では正直よく分からない。しかし「やさいタンメン味噌」に限って言えばおそらく今後買うことはないだろう。

 ではまた会おう。さらばだ、諸賢!

参考:日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌 | 日清食品グループ

(余談であるが、ボクはタンメンをラーメンと区別している。ボクは正直、タンメンはラーメンの一種だと思っているわけであるがわざわざ名前を分けているので別物として考えるようにしているというただそれだけの理由である。本稿はお題「復習らーめん。」によせて書きました。)