#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

忘年会なる謎イベントが未だ存在しているらしい。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

平成も終わろうとしている現代日本にも忘年会という謎イベントが未だ存在しているらしい。

 いよいよ今年(2017年)も年の瀬が近づいてきている。年の瀬と言えば昭和という元号の時代には「忘年会」なる謎の行事、つまりはイベントがあったといわれている。しかしどうやら平成も終わろうとしている現代日本にもある会社には「忘年会」なる謎イベントが未だ存在しているらしい。ザ・昭和な企業文化が醸し出すブラッキーなきな臭さ、カグワチイではないか。

 ちなみにボクがサブスクライブ、つまりは購読しているブログのいくつかでボクはその忘年会なる謎のイベントにおける幹事なる最重要役職に抜擢されたという主旨を述べるエントリをの存在を確認した。しかしそんな幹事なる最重要役職、つまりはポストを任されたにも関わらず、その内容の多くは忘年会なる謎のイベントの幹事に大抜擢されたことの喜びに感極まって「ボク/わたしを忘年会の幹事に選びやがってブチョーヤロー許せない。」といった要旨の赤裸々な怨嗟、怨念を吐き散らかしているものであった。あまりのウレチサに感極まると人間というものは逆に怒りに身を染めてしまうのかもしれない。オソロチイことだ。また一方では「ボク/わたしの大好きな忘年会シーズンがやってきました。」などとブラッキーの明々白々な危険シグナルを点滅させている人もおり、こんな簡単なシグナルも受け取ることがデキないなんて時代の変化に取り残された古式ゆかしいザ・昭和な企業はちょっとヤバいだろと思ったりしつつボクはそんな「嘘だろ?!」と思うものには深入りすることを潔く諦めすごすごとフェードアウトすることをキメたのである。古来よりオトナ、つまりは君子と呼ばれるような人間というものは危ういものには近寄らないものなのである。

 閑話休題。時代の変化に取り残されたステレオタイプ、つまり典型的な例として挙げることにミジンコの陰茎ほどの躊躇もボクがマシマシしないのがラーメン俗世の意識他界ラーメン店である。類にモレなくダブりなくラーメン俗世において忘年会なる謎のイベントが意識他界ラーメン店同士でうごうごと集まって執り行われているというのは界隈では知る人ぞ知るところである。今日、2017年12月11日時点ではまだ少し忘年会なる謎イベントの時期として早いので、まだボクは今年(2017年)は実際に意識他界ラーメン店同士でわざわざうごうごと集まって意識他界ラーメン店同士の忘年会なる謎のイベントが執り行われたという模様がインターネットの大海にコウカイされているのを確認デキていない。しかし、しかるのち12月も下旬ともなればわざわざ平日深夜にT都のテキトーな飲み屋などを貸し切って意識他界ラーメン店同士が集まった忘年会なる謎のイベントが執り行われるのは間違いない。意識他界ラーメン同士が忘年会なる謎のイベントを催してなどいるはずがないと思う諸賢が独自に調べてみるのは勝手だ。しかし、調べてしかるのちコウカイするのを忘れないようにしてほしい。

 ちなみに外でラーメンを食わないプロのラーメン断食家であるボクから言わせれば、なぜ普段ろくすっぽ親交もなくむしろ業態として競合し水面下で客の奪い合いという骨肉の戦争を繰り広げているはずの意識他界ラーメン同士がわざわざいかんでもいい忘年会なる謎イベントにうごうごと集まっては「今年もお世話になりました。」などとナンだかよくわからん意味不明のお礼参りをしているのかはタイヘンに謎である。むしろボクには薄気味悪い笑顔という薄皮一枚を挟んで高度な空中戦とも言うべき褒め殺し合いという舌戦を繰り広げているようにしか見えない。ナゼそんなやらんでもいい戦いを年の瀬に意識他界ラーメン店同士が繰り広げようと思うのかについてはザンネンながらボクには未だ皆目見当もつかない。とはいえ意識他界ラーメン店主たちがそんなふしぎなエンターテインメントをインターネットの読者および視聴者諸賢に提供するのはタイヘンに興味深いことである。しかし、そんなエンターテインメントを提供されて、その意識他界ラーメン店に行きたいと思う人間が仮にいたとするならば、そんなオモチロオカチイ人間はそれによって何か得をする御都合主義者か表面的なオトモダチごっこを信じてしまうピュアなアジアの純心、もしくはタダのド阿呆、ともすれば故・はらたいらさんに全部であると言えよう。

ボクは任意参加のイヤエンドパーリーに出ることを潔く諦めた。

 最後に余談だが、ボクのオフィスでも実は忘年会に類するイヤエンドパーリーなるナンだかよくわからん謎のイベントが計画されているそうである。先日、ボクはそのインビテーション、つまりは招待メールを受け取った。しかし、ボクのオフィスで行われるイヤエンドパーリーなる謎のイベントの参加は任意である。ボクは参加が任意である謎のイベントの一切を潔くデクライン、つまりは却下することにしている。つまりはブラッキーヤギさんたら読まずに食べたのである。読まずに食べたメールの内容は知ることがデキない。仮にメールのお返事はとホワイティーなヤギさんから問い合わせられたとしても、さっきのメールのご用心なーに?とリプライするのみである。

 仮にボクがその任意のイヤエンドパーリーなる謎のイベントに参加することが曲がりまちがってあったとしてもボクはその模様をインターネットの大海にコウカイすることはないだろう。ナゼならそんなことをコウカイすることにボクはミジンコほどの価値を見い出せないものだからだ。むしろそんなオモチロオカチイものをコウカイしてしまうくらいなら最初から参加しなければよいのである。コウカイは先に立たず、コウカイするなら先に断てばよいのである。

 では今回はこのあたりで。さらばだ、諸賢、また会おう!

(アイキャッチは忘年会のイラスト「サラリーマンの飲み会」。ボクの知ってる意識他界ラーメン店同士の忘年会なる謎イベントはこのイラストのようなイメージとはかなりかけ離れた印象を受けるものだが意識他界のでその点に驚きはないのである。本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。)