#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

大人の事情でずっと立って仕事をしています。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

大人の事情でずっと立って断って仕事をしています。

 読者諸賢はスタンディングデスクというものをご存じだろうか?立ちながらデスクワークができるというデスクワークでフツーに仕事していたら一日中座っているような不健康不良サラリーメンには御用達といわれているトレンディなオフィスファーニチャーのうちのひとつである。

 ウチの会社は未だ会社に都合のよい裁量労働制、ノン在宅勤務(レア条件でのみ在宅勤務発動オッケーだがボクは対象外)、ノン時短勤務(レア条件でのみ時短勤務オッケーだがボクは対象外)、ノン時差通勤(レア条件でのみ前倒しの時差通勤オッケーだがボクは対象外ゆえに事故裁量による孤軍奮闘時差ビズを発動中)といった具合であり理想的な働き方改革への道のりはかなりけわちい。

 そんな隔世の働き方改革の感が否めないウチの会社ではあるわけだが、なぜかスタンディングデスクのみは健康意識高い感じが表に滲み出ており、実際健康意識の高さだけには定評のあるボクもたいへんに気に入っている。

 余談だがウチの会社で揃えているのは岡村製作所のスタンディングデスクである。実際に日々使用していてボクはたいへんに気に入っている。ウチなるインナーワールドには導入許可がおりない(つかでかいし)ので導入はされていないが豪邸住まいの読者諸賢がいらっしゃるならばウチにひとつくらいおいておくと便利かもしれないとオススメこそはしないものの自己責任の下に試してみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク

 閑話休題。本稿は昨日書いた下記のブログの続きとして書いている。

www.hobonichi-ramen.com

 簡単にその要旨を振り返るとウチの汚フィスにおいて特殊事情による席替えがあり、吝かない大人の事情痛という事由によってボクは今、一日中立って仕事をしているという話の詳細を語ろうというものである。

 ちなみに経緯はともかくとして、どのような大人の事情痛が発生しているかということを簡潔に説明すると、まずひとつ目にはボクの左右を高度な外国人材が脇を固めているということがひとつである。特に左側を固めているのは日本政府によって認定されたリアルの高度外国人材である。高度外国人材制度をそもそもご存じない方は高度外国人材認定制度等でGoogle検索してみたらよろしかろう(参考:google:高度外国人材認定制度 )。それに認定されるとどういったウマみがあるかといったことはボクは外国人材ではないのでどーでもよいことなわけであるが、正直なところを言わせてもらうならば高度外国人材認定制度は外国人材のなにをみてその認定をしているのかボクは甚だ疑問であり「ちょっとどのようにその資格認定をされているのですか?」と素朴なクエスチョンを経済産業省の責任者に問い質したいくらいである。余談ではあるが現在ボクの左の世界をかためる高度外国人材の高度かつおもちろい挙動をひとつ挙げるなら彼はなにが入っているのかタイヘンにパンパンなバックパックを常にランドセル背負いして汚フィス内を無闇矢鱈にちょこまかと動き回っている。同じ所にじっとしていられない性分らしく5分に一度は席を立ち、汚フィス内をちょこまかとパンパンのバックパックをランドセル背負いして動き回るのだ。麗しき黒髪の乙女がそういった行動をしていたとしても、ボクはきっとふはふはと癒やされるだけでありノープロブレムであるわけだが、身長160センチほどもない、ずんぐりむっくりした頭のハゲしいオッサンがパンパンのバックパックをランドセル背負いしてちょこまかと視界を遮っていく世界はタイヘンに高度であり、正直かつ直截に思いの丈を述べさせていただくならば「不快」である。せめて高度外国認定メンには席でじっとしていてもらいたいわけだが、注意したところでなにをボクが「不快」と感じているのかを彼の高度な脳みそは理解できないようであるので、ボクは高度外国認定メンに説得を試みることをかなり早期の段階において潔く諦めた。大人とは潔いものであり、潔いボクは立派な大人であるというわけだ。立派な大人は高度外国認定メンを気にしてはならぬ。

 次に右の世界を固めるのは左の世界の高度外国認定メンよりはマイルドなメンである。外国人にはありがちな貧乏ゆすりをやめると死ぬメンである。どうやら日本では落ち着きがないとされみっともない認定されてしまう貧乏ゆすりであるわけだが、日本ではない外国においては集中するためのメソッドとして貧乏ゆすりを活用している節があり、多くの外国人が日々貧乏ゆすりに勤しんでいる。その貧乏ゆすりのハゲしさには個人差があるのでボクも全員が全員の外国人の貧乏ゆすりが気になるわけではない。そして不幸中の不幸にも今、ボクの右側の世界を陣取っている貧乏ゆすりを活用しないと集中できなくて死ぬメンの貧乏ゆすりは殊の外ハゲしいのである。どのくらいハゲしいかといえばヘビメタバンド御用達のヘッドバンギング、通称ヘドバンほどハゲしいといっても過言ではない。せめてもう少しマイルドな貧乏ゆすりをしてみてはどうかと提案したことがボクにもないわけではない。しかし貧乏ゆすりをすることはそれがスデに脳にハードコーディングされてしまっているレベルで組み込まれてしまっているメンになにを言ってみても無駄である。ボクは潔く貧乏ゆすりを活用しないと集中できなくて死ぬメンに貧乏ゆすりをやめないまでもせめて少しはマイルドにできないものかと説得を試みることを潔く諦めた。立派な大人というものは潔いものであり、ボクはつまりは立派な大人であるというわけだ。ちなみにハゲしいヘドバンのし過ぎでメンの頭頂部がハゲしいのか否かについてはボクにはちょっとなんともコメントのしようがないものだ、というのは言わんでもよいこと、つまりは蛇足である。

ーと以上までがボクの左と右、それぞれの世界で展開されている風景の簡潔な説明である。次にボクの背後の世界の事情をより手短に説明する。

 ボクの背後とボクと背中合わせになっている人たちの机の島に座っている人たちの間の間隔はタイヘンに狭くなっている。ボクとボクの後ろの人物(所属が違うし、特に迷惑行為も受けていないこともあって興味がないためボクは背後に背中合わせに座っている人物の顔も名前も記憶していない)の2人ともが椅子に座って仕事をすると椅子と椅子の間には50センチも間隔が残らないため、第3の人物がボクらの後ろを通る際には声がけが必要な状態になってしまっている。しかし世の中には声がけというものができないまともですばらちい精神性を持った人びとというのが少なからず存在しているわけなので油断していると、わざと椅子にぶつかってくる頭のおもちろい人に危険タックルされてしまうハメになるわけである。危険タックルは危険だから危険タックルなのであり、危険でないタックルはタダのタックルである。しかし、タダのタックルもルールのないところで行えばやはり危険であり、ようはタックルとは危険なものだというわけである。おわかりいただけただろうか?

 さて、そんなわけでボクは今、汚フィスにおいて自分に割り当てられた席に座っていると左に高度外国認定メン、右に貧乏ゆすりしないと集中できなくて死ぬメン、背後に時々危険タックルメンが出没アド街ック天国する状況下に投じられており、オチオチ油断して椅子に座ってデスクワークに勤しむことができない。これは一体なんの修行なのだろうかと逡巡することもしばしばである。

 一応、ブチョーにそこはかとなく別の席にさらに移動することはできないかという汚伺いをたててみることをボクがしなかったかといえば、しなかったわけではなかったわけなのだが、ブチョーから返ってきたのは「タエガタキをたえシノビガタキをしのんでほしい。」という敗戦の玉音放送の録音テープ再生のようなステレオタイプな回答であった。つまり自分でなんとかせねばならぬということである。

 そして、ボクが案じた一計とは標題を読めば一目瞭然の内容である。とりあえず、スタンディングデスクを有効活用し、一日中立って仕事をすることにしたのである。

 このソリューションによるメリットとデメリットを挙げるなら次の通りとなる。

メリット:(1)左右のキモメンズが視界に入らない(左右のキモメンズは座っているから)(2)立っている分、背後のスペースに余裕ができるため危険タックルを受ける心配がない(3)席からの移動が無動作でできて楽。

デメリット:(1)疲れる(2)とにかく疲れる(3)タダタダひたすら疲れる。

ーー以上である。一見メリットしか内容であるがとにかく疲れるのがデメリットである。一日が終わる頃には生まれたばかりの子鹿のように膝がガクガクしそうになるのを絶えねばならない。正直、それを他人に気取られてしまうのはおもちろいことになってしまうのでボクはひたすらになにごともなかったようなポーカーフェイスを保つことに躍起になっているというのはここだけのヒミツである。

スポンサーリンク

 しかし、逆転の発想で考えればデメリットは好機でもある。ボクが忌み嫌う意識他界メンの言うようなレトリックに倣うならば「ピンチはチャンス!」というわけだ。折角のピンチがチャンスはイカさなければ意味がない。そしてボクは立ち仕事のウマいイカし方の材料をスデに実は持っていたのである。それが先日書いた下記のエントリである。

www.hobonichi-ramen.com

 人間たるもの、歩いたり、走ったり何か運動をする以前に「立つ」ことをしなければならないのである。

 「寝る」「座る」から「立つ」への移行をするための労力たるや計り知れないものがあると言えよう。しかし一度「立つ」まで移行することができたなら「立つ」から「歩く」しかるのち「走る」への移行は「寝る」「座る」から「立つ」までの労力に比べればかわいらちいものである。

 そういったわけで運動の基本たるや「立つ」ことにありというわけで運動の基本に立ち返る意味でもボクは汚フィスライフを当面立って過ごそうと思っている。大人の事情痛への道はきびちいのである。ローマへの道は一日にしてならないのである。ボクには現時点においては平日を毎日一日中立って過ごしていたらどんなおもちろい肉体改造がなされるのか全く予想だにできないが、おもちろい成果を得た暁には差し支えのない範囲内でコウカイしてみようと思っている。

 ちなみに賢明なる読者諸賢におかれましてはボクの行う阿呆の所業に関しては今この場で記憶から消去して構わない。だからボクの断ち仕事の成果がコウカイされることは楽しみにして待たないでいてほしい。

 それではさらばだ諸賢、また会おう!!

《アイキャッチは夕焼けとカカシのイラスト。ラーメン断食の基本はまず「断つ」ことにある。くしくも運動の基本である「立つ」ことと、その韻がかぶっていることに関してはタダの偶然であり、ボクはこういう偶然を見付けるのがたのちくて仕方ないのである。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。