#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

意義ある早朝会議、終わりの始まり。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

意義ある早朝会議、終わりの始まり。

 今日は2018年6月29日、金曜日、もはや何度目かはメンどーくさいのでカウントしないがプレミアムフライデーである。ちなみに以前ボクが読んだ日本経済新聞の記事には「定時に帰れる日=プレミアムフライデー」というなんだかよくわからん趣旨のことがかいてあるものがあり、それ以来、とりあえずなんだかよくわからんがボクは「定時に帰れる日=プレミアムフライデー」と呼ぶことにしている(関連記事:参照*3

 というかその定義だと毎日定時帰りしているボクは「毎日がプレミアムフライデー」ということになるわけで、なんだかよくわからんに輪をかけてなんだかよくわからんことになるのだが、そこはなんだかよくわからんものを受けて断つボクとしては美味しいネタであるので、毎日潔くモシャモシャしながらイキることにしている。立派な大人というものは潔いものである。つまり毎日潔く定時ダッシュで帰路につくという一見当たり前のことをプレミアムフライデーと呼ぶことのできるボクは立派な大人であるというわけである。

スポンサーリンク

 そもそもボクは生来の怠け者、のんびり休日原理主義者であるので、ボクが身勝手に「プレミアムフライデー」の定義を決めてしまってよいのであればボクが思い描く理想の「プレミアムフライデー」とは「休日金曜日」ということになる。毎週末金曜日が休日とはどういうことかといえば、説明の必要はあるまい。しかしあえて端的かつ直截に言うならば、つまりは週末金,土,日が休日の「週休3日制」ということである。ついでなのでボクの思い描く最良労働制についても希望を述べておくと「週2,3回の在宅勤務」かつ「金曜日休日の週休3日制」である。

参考:働き方改革法が成立 脱時間給や同一賃金導入 :日本経済新聞

 ところで最良労働制といえば、今日(2018年6月29日)は定額働きたい放題である高度プロフェッショナル制度を盛り込んだ働き方改革法案が29日午前の参院本会議で可決、成立したそうであるが、ボクはウチの会社が定額働きたい放題を導入しようとしてきたら、ボクの理想とする最良労働制で受けて断つことにしたいと思っている。どこに定額で働きたい阿呆がいますか。そんなド阿呆はいるわけがない。少なくともボクはマネーはほしいが働かなくて済むならそれに過ぎたるはないのである。

 さて冒頭からプレミアムフライデー、最良労働制と本稿の趣旨を無視して脱線に脱線をくりかえして本稿の趣旨がなんだかよくわからんことになってきてしまっているので、そろそろ本稿の趣旨へと話を戻していきたいと思う。しかし、そもそもボクのブログとは脱線するものである。脱線しないブログはボクのブログではない。ときに本題を無視し脱線に脱線を繰り返し、本題に戻れなくなることも厭わず脱線するのがボクのブログであるというわけだ。...しかし今回のところは潔く本題にもどることにしよう。

 閑話休題(とはいえ以降も当然ながら閑話である)。

 働き方改革といえば今週、ウチの会社でエポックな出来事があったので書きとどめておきたい。ウチの会社ではボスの「意義がある」というハゲしいツルの一声によって「意義ある早朝会議」が週に2,3回しめやかに執り行われている。その「意義ある早朝会議」でどのようなことが話し合われているかについては刑事訴追の恐れは、コンプライアンスを重視するウチの会社に限って、ミジンコの陰茎ほどの懸念もないが、ボクがウチの会社との間に交わしている守秘義務契約に違反してしまう可能性があるので、その一切を述べることをボクは差し控えたい。しかし差し支えのない範囲内でいえば参加者の大半が「意義ある懐疑」を胸に秘めており、いかにして心を無にすることができるかという能力開発の場になっている。ボクはいつか「心を無にする」ことができるようになった暁には、しかるのち「雷よりも速く動く」ことができるようになれるだろうと期待している。まさにサラリーメン生活とは日々修行である。

 その週に2,3回ある「意義ある早朝会議」のうちの1つが今週の水曜日に最終回を迎えた。理由は本年度(2018年度)の後期の大幅な人事組織変更でそれまでのボスが降格して新しいボスに変わり、新しいボスがとりあえず「意義ある早朝会議」のリストラクチャリングに踏み込んだからである。

 いまのところまことしやかにいわれているのは今週の水曜日に最終回を迎えた「意義ある早朝会議」の代わりになる月イチの「意義ある会議」を月末の金曜日、つまりはプレミアムフライデーに開催するのではないかということだ。

スポンサーリンク

 ちなみにボクは新しい「意義ある会議」が月イチで開催されることについてはやぶさかないと思っている。しかしこまるのは月末金曜日にそれがしめやかにとりおこなわれることである。前述したとおりボクが現時点で夢見ている高望みのない謙虚な最良労働制とは「週2,3回の在宅勤務」かつ「金曜日休日の週休3日制」である。月イチの月末金曜日のプレミアムフライデーに「意義ある会議」が開催されるということになると、ボクらは月末金曜日に「金曜日休日」を得ることができない。というわけでボクは新しい「意義ある会議」がどのような「異議ある懐疑」となるのかをウォッチし、しかるのち「金曜日休日」を脅かされるようなことがあった場合にはボスに負けられない戦いを挑みたいと思っている(ただし負けないとは言ってない)。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!!!

《アイキャッチは会議中の居眠りのイラスト。異議ある懐疑の中、ボクに眠ることは許されない。なのでボクは「心を無にする」修行の好機、つまりはピンチはチャンスと捉え「雷よりも速く」帰る能力開発に余念がないのだ。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:毎日がプレミアムフライデーだったみたい。