#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

プレミアムフライデーにプレミアムノンフライデーを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

プレミアムフライデーにプレミアムノンフライデーを受けて断つ。

 本ブログを購読してくださっている奇特権益な読者諸賢の中に御記憶の方がいるかどうかは定かでないが、実は昨年のとあるプレミアムフライデーをプレミアムに過ごすためにボクが日清食品オンラインストアをご利用になっていたことを御記憶だろうか?当然ボクは当事者であるので都合良く御記憶である。

 日清食品オンラインストアのご利用には会員登録が必要である。また会員登録の際に日清食品オンラインストアのメールマガジンの購読、つまりはサブスクライブをしますか?というチェックボックスがあり希望者にはモレなく日清食品オンラインストアのお得な情報を無料、つまりはタダで送信してくれるそうである。そう、当然ながらボクは日清食品オンラインストアからのお得な情報を無料で送信してくれるメールマガジンを購読、つまりはサブスクライブすることにしたのである。以上までが本稿を読むにあたって必要な前提知識である。それでは話を本題へと移そう。

スポンサーリンク

 先日、正確に言うと2018年5月22日の火曜日、ボクは日清オンラインストアのメールマガジンを例によって受け取った。しかし読まずに放置していた。未読スルーしていたというわけだ。メールマガジンのサブジェクトは「【300食限定】粉チーズ香るマイルドなカレー味のチキンラーメンどんぶりを特別先行販売」。チキンラーメンのカレー味とはまさに反則かつ販促、これはヤバい。タイトルだけでいいたいことはわかったのでボクは中身を読む必要性を感じなかったのである。しかし、...というのは言い訳である。

 そんな未読スルーしていた日清食品オンラインストアのメールマガジンを出来心で開いてみようと思ったのが翌2018年5月23日であったというのは翌日と書いているので自明である。よくよくメールマガジンを読み進めてみると、書かれていたのは「粉チーズ香るマイルドなカレー味のチキンラーメンどんぶり」に関する情報だけではなかったのである。

「一番人気のカップヌードルブランドが期間限定10%OFF!」

「この味、まるでテリヤキバーガー!?U.F.O.にテリヤキ&マヨ味登場!」と続き...

そして「毎月厳選されたノンフライ麺が、プレミアムフライデーまでの月~木曜日だけ安くなる!プレミアム“ノン”フライデー実施中!」とあったのである。

 そしてボクはその「毎月厳選されたノンフライ麺が、プレミアムフライデーまでの月~木曜日だけ安くなる!プレミアム“ノン”フライデー実施中!」のところで目をとめた。プレミアムフライデーと誤読しそうになってしまったが、よく読むとプレミアム「ノン」フライデーと書いてある。プレミアム「ノン」フライデーとはなんであろうか。その答えは続く文面に書いてあった。

「プレミアムフライデーまでの月~木曜日に毎月開催する、日清のプレミアム“ノン”フライデー。今月の20%OFF対象商品は、「日清ラ王」から全10品。 今月も日清食品のプレミアムなノンフライ麺で有意義なランチタイムを過ごして、本家プレ金を楽しもう!」

 さらにその下に特設サイト、つまりは下記のリンクが付されていた。

本キャンペーンは、終了しました | 日清食品グループ オンラインストア

 その特設サイトに書かれていたプレミアム「ノン」フライデーの説明文句は下記のとおりである。メールマガジンとはまたちょっとちがうことが書かれていたので引用しておこう。

「プレミアムフライデーまで(月~木曜日)のお昼を有意義にするため、日清食品が提唱した割引キャンペーン。略称はプレノン。」

 さて二度も引用すれば諸賢の脳みそのワーキングメモリーにも十二分にインプットされたことと思うのだが、プレミアム「ノン」フライデーとは日清食品オンラインストアで毎月月末のプレミアムフライデーまでの平日マンデーからサタデーのランチを20%オフのノンフライメンとして過ごしてほしいということらしい。

 ちなみに日清食品オンラインストアにおいて期間中に20%オフの対象となるノンフライメンの一部のキャプチャを特設サイトにおいてキャプチャをとってみたので下記に付したい。

プレミアムノンフライデー対象の「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」はタイヘンにおいちい。どのくらい美味しいかというと筆舌に尽くしがたいほどにおいちい。つまりは無類である。
プレミアムノンフライデー対象の「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」はタイヘンにおいちい。どのくらい美味しいかというと筆舌に尽くしがたいほどにおいちい。つまりは無類である。
出典元:日清食品グループ オンラインストア

 この中で右から2番めの「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」をボクは以前に食したことがあるのだが、この担々麺はタイヘンに美味しい。どれくらい美味しいかというと筆舌に尽くしがたいほどに美味しい。つまりは無類である。中途半端な意識他界ラーメン店の担々麺を食すくらいならボクは断然この担々麺を選ぶと言っても過言ではない。ウチなるインナーワールドで食すことができてプレミアムノンフライデー価格ならば1食 190円(税込)、送料は別だが他に気になるノンフライメンを一緒に大量購入すればリアルな小売店で買うよりはお得に購入することができるだろう。試してみたい諸賢は試してみてほしい。

参考:日清 ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺 121g×12個

スポンサーリンク

 余談だが先日、ボクはラヲタキモメンがおいちいカラシビの担々麺を食して感想をインスタにコウカイしているもののなかに「味覚が刺激されて脳が正常に機能しない」という表現を用いているものを見つけた。もちろんこれはメタファーなのであろうけども、ラーメン断食家のボクから言わせてもらうならば、ラヲタキモメンなどというものはそもそも脳が正常に機能していないものである。味覚が刺激されようがされまいが脳が正常に機能していないからラヲタキモメンなのであり、ラヲタキモメンだから脳が正常に機能しないのである。カラシビ担々麺を食したか食さないかはラヲタキモメンの脳が正常に機能するかしないかには無関係だと思うよ、ということをボクはここに述べさせておいていただこうと思う。

 とりあえずボクはどんなにおいちいものを食したとしても脳が正常に機能しなくなるようなことはないように心がけたいと思う。脳が正常に機能しない人間などというものは皆あまねくスデに死んでいるのである。ボクはどんなにおいちいものを食したとしても、それが原因で死にたくはないのである。それはすくなくともボクにとっては大往生、つまりは尊厳のある死、プレミアムな死とは程遠い死に方であるということを宣言しておきたいと思います。

 それではまた会おう、さらばだ、諸賢!!

《アイキャッチは汁なし担々麺のイラスト。汁なし担々麺という呼び方がボクは間違っていると思っている。担々麺とはそもそも汁がないものだからである。日本人好みの汁ありの担々麺を創ったのは陳建民さんだというのは知っている人は知っている常識のはずなのである。であるからして担々麺とはラーメーンでもラーメンでもない。担々麺とは担々麺なのである。ラヲタキモメンでない諸賢には是非このしょーむないことを覚えておいてほしい。ヨロシコ。疑い深い諸賢はどこまで正しいことが書いてあるかはボクにもわからないがウィキペディアの担々麺(担担麺 - Wikipedia)を参照したらよろしかろう。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。