#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。《またすこし》ラーメンブログとしてこの先生きのこるための足掻き。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点から出ないとブログが書けなくなっているまともない人間だ。ラーメントラウマに悩まされるボクはラーメンスランプ真っ只中。意図せずはじまってしまったラーメン断食はいつのまにやら意識他界ラーメンインスタグラマーへのラーメンハンガーストライキ活動へと昇華していたらしい(参照1)。らーめんブログをこの先生きのこるための巧妙なる光明は見出せつつある。だから最悪のケースではラーメン食べないらーめんブログを確立することになるかもしれない。できればラーメン食べるまともらーめんブログの道を捨てたくない者です。

ラーメンおよびラーメン店に出会いを求めるのは間違っているだろうかという問題提起。

 さて今日のお題は「ラーメンおよびラーメン店に出会いを求めるのは間違っているだろうか」という話だ。

 お題は問題提起に過ぎない。だからあらかじめ最初に断っておきたいのはボクはラーメンにもラーメン店にも出会いを求めていないということだ。ボクらはただひとりで静かに健康に悪いけどボクが美味しいと思うらーめんをキメることで癒されたくてラーメン店に行っている。そんな素晴らしいらーめんを作ることのできる店主と懇意になれたらそれに過ぎたるはない。しかし店主と懇意になることを第一の目的にすることはない。だからボクらから店主に声かけすることはない。ボクらは隣でラーメンを食べている他の客にも興味ない。ボクらと同じくひとりで静かにラーメンを食べて癒されてくれたらいいと思っているだけだ(しかし隣の客がどういう考え方をもっていようとそれは自由だ。他人に迷惑をかけさえしなければいいとボクは思う)。

 一方で世の中にはラーメン店に出会いを求めてやまない人たちがいることも事実だ。そういった人たちが少なからずいることが分かるものの中でボクが強烈だと思っているものの一つが《ラーメン婚活》だ。ラーメンそのものに興味ないという方には「嘘だろ?」とボクが何を言っているのか理解できないかもしれない。正直、ボクもはじめてそれを目にしたときには目を疑った。ナニ食ってるとラーメンに婚活を求めるのだろうか、と。ボクが言ってることが嘘だと思うなら「ラーメン婚活」をGoogle検索してみてほしい(参考:google:ラーメン婚活)。ボクはラーメン婚活したいと思わない。ボクはラーメン婚活興味ない。

 何よりボクはその人たちがラーメン婚活でどういったお相手と出会えることを期待しているのかが理解できない。前回、経済学におけるシグナリングについて話した(参照2)。ラーメンという食べ物から受け取るシグナルとして一体どういうものがあるかと言えば、端的な例を一つ挙げるなら「健康意識が低い」ということだろう。塩分多めで野菜が少なく栄養価の低いラーメンは連日食べ続けたら成人病街道まっしぐらの健康不良食品だ(だからボクは他人にラーメンを薦めることは一度たりとてしたことはない(参照3)。何よりラーメン好きをカミングアウトすること自体かなり勇気を有することだと思っている)。だからボクはラーメンをあえて好きだというもの同士がペアリングされることにはいい予感がまるでしない。少なくともボクなら自分のお相手には自分のブレーキになって欲しいと考える。ボクは人生のパートナーに自分と必ずしも同じ属性を求めない。お互いが違うということを尊重出来ないもの同士が一緒になっても幸せにはならないと思っているからだ。ナニ食ってるとラーメン好きというダメ属性同士をペアリングさせようなどというまともで素晴らしいアイデアを企画できるのかボクには理解できない。

 ラーメン店に足繁くやってくるラーメンインスタグラマーからもラーメンやラーメン店に出会いを求めている様子が見てとれることがある。すべてのラーメンインスタグラマーがそうではないと信じたいところだ。しかしボクのラーメントラウマの原因となっている一部のラーメンインスタグラマーの中には自分のアカウント名の団体の団員を募集しているほぼ毎日二日酔いの意識他界ラーメンインスタグラマーがいたりするようだ。その団体に入ると何の役得があるのかボクは知らないし興味ない(ボクはいかがわしいとしか思わないからだ)。ナニ食ってるとそんな怪しい団体を作りたいと思うまともで素晴らしいアイデアが浮かんでくるのかボクには分からない。気持ちが悪い。いやむしろ生理的嫌悪感で蕁麻疹が出てきてしまうと言っても過言ではない。だからあえてその団体の実態について調べたいとも思わないし関わりたくない。しかしコンタクトをDMでお気軽になどということがプロフィールに書いてあったりするくらいなのだからコンタクトを受けることがあるのだろうし、コンタクトをとる人間がいるのだろう。ボクは少なくともそんな怪しい団体に入りたいとは思わない。それは駅前で怪しい宗教団体の勧誘に応じるのと何ら変わらないからだ。もし駅前で怪しい宗教団体の勧誘には応じないのに意識他界ラーメンインスタグラマーの団体には入りたいと思う人間がいるならどういう心理からそう思うのだろうか。信教の自由はある。だからボクは「ご勝手にどうぞ」と引き止めたりはしない。しかし、ボクは怪しい団体に自ら入りたいと思う人間の心理は理解できない。ボクは絶対に入団しない。

余談:ラーメン店での声かけ事案にもご注意。

 世の中には声かけ事案というものがあるのをご存じだろうか。知らなければGoogle検索してみて欲しい(参考:google:声かけ事案)。

 本文で触れたとおりラーメンに出会いを求めてラーメン店にやってくる人間は少なからずいる。だから見ず知らずの人間からラーメン店で声をかけられるといった経験をすることがある(声かけのケースは様々だ。それこそナンパ目的の場合もあるようだ)。少なくともボクらのメンバーおよび知人でそういう経験をしたことがある者がいる。ラーメンに出会いを求めていない者には何の修行なのか理解できない行為だ。

 ボクらはラーメンにもラーメン店にも出会いは求めていない。ボクらから見ず知らずの人に声をかけることはないし、見ず知らずの人からの声かけに応じることもない。声かけをされ不快に感じたときにははっきりと「そういったことはやめてもらえますか?」と伝えるようにしているし、何を言っているのか分からなければ「あなた、大丈夫ですか?」と言うだろう。

 しかしあまりにも相手がおかしな人間だと思った場合には躊躇なく警察に通報しないといけないなと今は決意を新たにしている(ストーカー規制法も改正されたことでわけであるし(参照4))。ボクはラーメンに出会いを求める人間が少なからずいることは知っている。しかし、逆にボク自身含めそうでない人間がいるのも知っている。ラーメンに出会いを求める人たちはそれを求めるのは勝手だ。しかし他人に迷惑をかける行為は謹んでもらいたい。声かけ事案はかなり迷惑な部類にボクは入ると思っている。

(アイキャッチはお見合いパーティー・婚活パーティーのイラスト。結婚は義務じゃない。だから婚活自体無理してやらないといけない理由はない。いわんやラーメン婚活といったところだろう。ボクは少なからずラーメンに出会いは求めていない。ノーモアラーメン店声かけ事案。ラーメン断食37日目。5月31日まであと残り10日。。お題「ラーメン界の噂。」によせて書きました。)