#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食が丸1年を達成しました。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

ラーメン断食を丸1年継続した知見をコウカイしよう。

 諸賢、驚くなかれ、ボクはあえて上述までの定型の事故紹介文の「ボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆」を更新してこなかったのだが、ついにこの箇所を更新できるようになったのだ。ようはラーメン断食を現在進行形で「300日」続けているという表現よりもよりより区切りのよいラーメン断食継続「丸1年」を迎えることができたのだ。

 丸1年とはようするに365日連続でラーメン断食を継続したということである。ボクが気づいたらラーメン断っていたのが去年(2017年)の4月14日、そして今日が今年(2018年)の4月14日だ。

 ここ数日、毎日のように書いていて恐縮ではあるが、当初ボクは自分自身がラーメン断食している自覚すらなかったわけであったわけであるが、ある日、ふとボクはボクがしかるのち意識他界ラーメンと呼び忌み嫌うことになるラーメーンとは呼べないなんだかよくわからんムニャムニャを受けて断っていたのである。ちなみに意識他界ラーメンとはどのようなものであるかに関しては本稿において説明するのはただでさえ冗長なボクのブログがよりより冗長になるので過去にまとめた下記のエントリを参考にしてほしい。

www.hobonichi-ramen.com

 当初、ラーメン断食と銘打って「外でラーメンを食わない。」と宣言した時はまず100日断つことを目標にしていたわけなので、まさか1年の長きに渡って「外でラーメンを食わない。」ことがデキるとは思っていなかった。そもそもラーメンを食すことではなくラーメンを食わないことを毎日ブログでコウカイするということをする阿呆はボクの他にはいないわけで、そんな世の中になんの需要もないことを続けていくことの意義にすら異議を感じていたものだった。

 しかし100日ラーメン断食継続したらプロのラーメン断食家を襲名するという目標を設定することによって100日を達成してみると、その倍の200日、3倍の300日をラーメン断食するのはイージーゲームだった。当然300日から365日も楽勝であった。365日は1年なのでその倍は2年、3倍は3年である。つまり今のボクは3年くらいまでならラーメン断食を全然楽勝で達成できる勝利のイメージが構築できているというわけなのだ。

引用元:ジョジョの奇妙な冒険(第8部)ジョジョリオン(9)#036 毎日が夏休み その③より
引用元:ジョジョの奇妙な冒険(第8部)ジョジョリオン(9)
#036 毎日が夏休み その③より

 ジョジョの奇妙な冒険(第8部)ジョジョリオン(9)から東方常敏さんの言葉を借りるなら、ようはボクは「勝ちぐせ」がついており、意識他界ラーメンの誘惑に打ち勝つことを覚えたラーメン断食家なのである。生命とは打ち勝つことが重要であり、ボクはどんどん強くなるすばらちい戦士なのである。

 そしてラーメン食うに食えないことをコウカイすることを毎日している阿呆がボクしかいないということも、逆転の発想をすればボクの一人勝ちということだ。これは大事なことなのでたっぷりと言っておこうと思うのだが、つまりはボクの一人勝ちということはボクの目の前に広がっているのはブルーオーシャンということであり、戦うべき敵すらいないということである。戦うべき相手がいないと書いて「無敵」という。つまりボクは無敵であるというわけだ。

 そんな無敵のボクが1年のラーメン断食の末、いくつか得た知見について最後はシェアして本稿をシメようと思う。大した知見はないので身構える必要性はゼロ。ストロングゼロだ。気楽に読んでほしい。そもそもボクのブログを読む上での要諦は「真面目に読まないこと。」である。真面目に読むと「何だこの駄文」とかいういらないはてなブックマークという鼻くそをつけて去るというメンがヘラヘラになってしまうので注意してほしい。

 では1年のラーメン断食の末、ボクが得た知見の話である。

 まず第1の知見は「意識他界ラーメンなど1年食わなくても死なない。」ということである。死なないどころかボクは意識他界ラーメンを受けて断ったことにより、よりより睡運瞑菜350gにコミットしていくことになったわけであり、よりより健康になったのである。

 というわけで2つ目の知見は「意識他界ラーメンを1年食わないと健康になる。」ということである。しかし諸賢にはかんちがいしていただきたくないは、ボクがタダ、意識他界ラーメンを受けて断ったのみでなく、前述したとおり睡運瞑菜350gによりよりコミットするようになったということを忘れていただきたくないということである。

 ラーメン断食によって健康になったという顕著な成果は「花粉症を克服したっぽい」ということがある。ボクはかなり重度の花粉症患者であったわけだが、今年(2018年)、周りの花粉症諸氏が「今年の花粉症はよりよりきっつー。」という阿鼻叫喚をコウカイしているなかピンピンしていた。正直、ラーメン断食をしていく中において色々と試してきたことがあったので、どれが一番効果があったのかはボクにはわからないが、ボクがこれかもしれないと思っているものを挙げておくと「意識他界ラーメンを受けて断つ」「毎日トメイトー」「毎日キャベツ」「毎日ヨーグルト」「毎日朝夕プロテイン」「週2,3回のジョギング」といったところであるが、この1年に絞って言うと「意識他界ラーメンを受けて断つ」と「毎日トメイトー」の2つに絞り込まれる。どれも全部ボクは継続するつもりであるが、よりより気を払って続けていきたいのは「意識他界ラーメンを受けて断つ」と「毎日トメイトー」の2つであるということは言うまでもない。

ーー以上である。といいたいところであるが、ボクは物事を説明するときには「3の法則」に従って説明することにしていることにしている。だから、最後にもうひとつ、3つ目の知見をひねくりだしてみたいと思う。

 3つ目の知見は「ブログなんて続けていても特によいことはない。」ということである。ボクがどんなにラーメン断食が意義のあることであることを証明して見せても、世の中はメンがヘラヘラした人びとばかりであるので、同様にメンがヘラヘラした意識他界ラーメン店店主と真剣勝負を繰り広げたくて繰り広げたくて西野カナさんのように震えているのである。しかるのち量産されるのはラヲタというキモメン軍団ばかりであり、ラーメン断食ブログというものはキモメン軍団にはなんの需要ももたらさないのである。そしてボクは受けて断つ対象であるキモメン軍団には一切の需要を提供するつもりもないのである。ラーメン断食ブログはタイヘンにブルーオーシャンであるが、そこにはボクしかいなかったのである。

 というわけでボクがブログを2年間、ラーメン断食を丸1年続けた結果として得たものはボク自身の健康以外は特になかった、というのがまとめであるわけだが、ボクはこれからもブログを書き続けるつもりであるので安心してほしい。

 なぜなら、何も得るものがなかったブログを書き続けていても「よかったこと、もしくは嬉しかったこと。」というものは少なからずあったからである。そういった何も得るものなかったブログを書き続けて「よかったこと、もしくは嬉しかったこと。」を1つ挙げてみろと言われたら、ボクの尊敬する文章師匠であるセンテンススプリング・マスターことフミコ・フミオさんから「ツイッターフレンド」と言ってもらえたこと、ということがある。そのことについては以前書いたことがあるので、こちらも下記にそのリンクを付する。ご興味があれば読んでみてほしい。

www.hobonichi-ramen.com

 特にブログは書いていてもよいことはない。しかしボクの場合で言えば、ブログを書き続けていることによって尊敬している文章師匠であるセンテンススプリング・マスターから「ツイッターフレンド」と言ってもらえることはあるのである。これ以上の喜びがあろうか、いやあるはずがない。ボクはそれに思い上がることをするつもりはないが、ボクのツイッターフレンドであるフミオさんは17-8年もブログを書き続けていることを知っている。であればボクも少なくとも17-8年くらいはラーメン断食を続けてみようと思っている。

 途中飽きたら毎日ブログを書くのは休憩するかもしれないが、やれるところまではやってみるつもりだ。伝えたいことなど特にない内容のないタダの駄文日記ブログですが、憑いてこられる人は憑いてきてきてくださいね。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!!

《アイキャッチはアニバーサーリーのリボン型バナー「1~100周年」。このいらすとやさんのいらすとだと10年の次は20年である。おわかりだろうか。何か詭弁を弄さないとボクは10年の次は20年までラーメン断食の周年をアッピールできなくなってしまうということだ。11年目までになにか詭弁を考えておかなくては.../本稿はお題「わたしの黒歴史」によせて書きましたよ。》

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。