#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食家のボクが2018年に買ってよかったものと2019年に買いたいものを紹介する。

スポンサーリンク


 新年明けましておめでとう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

ラーメン断食家のボクが2018年に買ってよかったものと2019年に買いたいものを紹介する.

 ブログを書くメン,ブロガーというものには慣習というものがいくつかあり,そのいくつかある慣習の中にはその年の年末にその年の買ってよかったもの,ベストバイを紹介するというものがある.残念ながら昨年(2018年)ボクは2018年のベストバイをモレなくダブりなく紹介することをする前に年明けを迎えてしまったものである.

 とはいえ,昨年のベストバイを年が明けてから紹介してはならないなどということは特にないと思っている.なぜならインターネッツのどこの誰とも知らぬ有象無象が書くはてななブログなどというものに何を書くかは各々のはてななブロガーの自由であるからだ.少なくともボクは昨年のベストバイを年が明けてから紹介するメンがいたとしても「年明けに間に合わなかったんですな」と思うくらいのものでありアタタタタかく見守りたいと思うものである.

 というわけで本稿においては2018年がスデに終わっていることも厭わずラーメン断食家のボクがタンタンとメンタルをしっかりもって平和で安定したウチなるインナーワールドのライフを満喫するために買ってよかったもの,ベストバイを紹介しようというものである.そして年が明けて2019年を迎えてしまっているので,2019年の今年,ボクが買いたいと思っているもの,2019年のベストバイ候補もついでに紹介してしまおうというわけである.

 ではまずはラーメン断食家のボクが2018年に買ってよかったものから紹介しよう.

ラーメン断食家のボクが2018年に買ってよかったもの.

 ラーメン断食家のボクが2018年に買ってよかったものは(1)ダイソン:Dyson Cyclone V10 Absolutepro(2)ソニー:ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)そして(3)バルミューダ:The GreenFanの3つである.

(1)ダイソン:Dyson Cyclone V10 Absolutepro.

www.hobonichi-ramen.com

 2018年にボクが買ってよかったもの,ベストバイの1つめはダイソンのコードレス掃除機,Dyson Cyclone V10 Absoluteproである.詳細は上記のエントリに書いたわけなのだけれど,簡単に要約をするとDyson Cyclone V10 Absoluteproのたいへんによかった点は(1)掃除をしようという心理的敷居がさがって毎日掃除をするようになった(2)毎日掃除するのでウチがたいへんにキレイになった(3)ウチをキレイに保つために余計なものを増やさない,余計なものを手放す努力をするようになったというところである.

 ビミョーな点はないわけでなかったのでそれもまとめておこう.(1)コードあり掃除機を手放せるかと思ったがコードレス掃除機は充電切れ問題があるのでコードあり掃除機は手放せなかった(2)同様にロボット掃除機も手放せなかった.

ーー以上である.ビミョーな点に関して言えばバッテリーの問題であるので今後よりよりバッテリー性能がよい製品等々が出てきたらそのときにはウチの掃除マシーンを一新することがあるかもしれない.掃除機の未来がタノチミである.

(2)ソニー:ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)

www.hobonichi-ramen.com

 2つめのベストバイはソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)である.ボクがこのソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)を気に入っている最大の理由はそのノイズキャンセリング機能の高性能さである.

 昨年(2018年)の後半戦,ボクはウチの会社のオフィスで響き渡る殺人音波に悩まされていたわけなのだけれど,このソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)のスバラシーノイズキャンセリング機能のおかげでボクはオフィスで響き渡る殺人音波を相殺することができるようになったのである.

 唯一ボクがソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)に不満を感じていることがあるとすれば持ち歩きがたいへんであるということである.ボクは常時両手をフリーにしておくライフ,テブラライフを大切にしているわけなのだけれど,ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)を持ち歩くためには少々大きめのバッグを使わないといけないのである.

 オフィスにソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)を置きっぱなしにすることでこの問題は解決するのだけれど充電の問題やウチでも使いたいということを考えるとオフィスに置きっぱなしができないのである.2つめを買うかどうかがナヤマシーものである.

(3)バルミューダ:The GreenFan.

 最後のベストバイはバルミューダのThe GreenFanである.2018年の夏はたいへんに暑かったこともあり,気象庁をして「命の危険のある猛暑は一種の災害」と言わしめたほどであった.なのでボクはウチなるインナーワールドにおける冷房ライフを可能な限り快適にしたいと思っていたものである.

 そこにナニカとそこはかとなく物議を醸していた朝の連続テレビ小説「半分青い」でバルミューダのThe GreenFanインスパイアの「そよ風の扇風機」なるものが登場し,もしバルミューダのThe GreenFanが「半分青い」の「そよ風の扇風機」の元ネタよろしく本当にソヨソヨとそよ風のような心地良い風をウチなるインナーワールドに提供可能なのであれば,それはそれはきっとウチなるインナーワールドの冷房ライフが心地よくなり,よりより外に出たくなくなるであろうと思ったのである.

 はたしてトーキョーのドコカの家電量販店でバルミューダのThe GreenFanを体験してみたところ,バルミューダのThe GreenFanから発せられる風たるやまさに「そよ風」であった.というわけでボクはバルミューダのThe GreenFanを購入したというわけである.

 バルミューダのThe GreenFanの紡ぎだす「そよ風」は無類であり,冬でも時に風呂あがりなどに使用しているほどである.ナニカとそこはかとなく物議を醸した朝の連続テレビ小説「半分青い」であったわけではあるのだけれど,五平餅や萩尾家特製スープ,草太のカツ丼しかり登場した食べ物や製品はたいへんに有用なものが多かったものである.「半分青い」にマジ感謝.ボクの中での「半分青い」は「純と愛」「まれ」に肩を並べる迷作なのである.

 では次に昨年(2018年)にボクが買うことができなかったのだけれど,今年(2019年)に買いたいと現時点で思っているものを紹介したい.

ラーメン断食家のボクが2019年に買ってよかったもの.

 2018年,ラーメン断食家のボクが解決することができなかったイシューのひとつが手抜き自炊料理を極めるというものがあった.ボクはトーキョーのドコカの企業で働くサラリーメンであり,ウチなるインナーワールドでは働かざるもの食うべからず,一家総労働社会なので可能な限り平日のディナーは時短で手抜きでそこはかとなく健康によくてオイシーものを自炊したいのである.

 というわけで2019年にボクが買いたいと現時点(2019年1月3日)で考えているものは自動調理家電的なナニカである.

自動調理家電的なナニカを買いたい.

 自動調理家電的なナニカには例えばシャープのホットクックとバーミキュラのライスポットといったものがあるのをボクは知っている.ニッポン政府曰く生涯現役社会,つまりは死ぬまで働け社会だそうなので今からボクらは死ぬまで働く覚悟をそこはかとなくキメておかなければならぬものである.

 命をつなぐのは食であり,食を抜いてはボクたちヒューメンは生き延びようにも生き延びることができない.今年(2019年),ボクはたいへんによい自動調理家電的なナニカの吟味選定をそこはかとなく終えたら,10月に待ちかまえている消費増税よりも前にペイペイしたいと思うのである.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 今年(2019年)の年末,というか10月の消費増税までにボクはそこはかとなく必要なものを吟味選定し買い換えたり買いマシマシたりするつもりだ.ちなみに消費増税の際にはキャッシュレスでのポイント還元であったり,軽減税率であったりといったものが導入されることが検討されているのでなにを消費増税前に駆け込みで買うべきでなにを消費増税前に駆け込みで買うべきでないかは慎重に吟味選定したいものである.

 それでは諸賢の2019年のショッピングライフに幸あらんことを願いつつ,本稿はこれにてオシマイとしたい.さらばである.また会おう!

《本稿はお題「年末年始・わたしの戦利品」お題「2018年を振り返る」お題「2019年に挑戦したいこと」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。