#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ボクがゴールデンウィークに行きたいラーメン店がゴールデンウィークに営業しているわけがない。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。今年(2017年)のゴールデンウィークの谷間、ボクは仁義なき武装連勤をキメた(参照1参照2)。そして今日からいよいよボクのゴールデンウィークが始まるというわけだ。ボクは積極的にゴールデンウィークを満喫しているわけではない。しかし曜日感覚がすでにおかしくなってしまっているようだ。ボクの中では今日は土曜日のような曜日感覚になってしまっている。きっつー。書きながら気づいたのだが今日は水曜日だった。水曜日にはボクははてなブログの運営スタッフが出題しているお題に答えることにキメている。そういったわけでこのエントリは今週のお題「ゴールデンウィーク2017」によせて書いたものだということにしておきたい。

 さて、ボクがゴールデンウィークのラーメン店の営業時間を調べるわけがない(参照3)。だから連休初日の今日、ボクはこのゴールデンウィークはじめてボクが行ってみたいと思っていたラーメン店の営業予定日と営業時間を調べてみることにしたというわけだ。

 ボクが今回のゴールデンウィークに食べにいくことを楽しみにしていたお店はゴールデンウィークをとっていた。ボクが行きたいと思っていたラーメン店、営業してませんでした。してませんでした。してませんでした。ボクは何を思えばいいんだろう。ボクは何を言えばいいんだろう。いや、素晴らしいだろう。当該ラーメン店が休むと言っている理由が素晴らしいとボクは思ったからだ。当該ラーメン店の店主さんが今後展開する新メニューの研究をしたいから休業するというのだ。お店での試作と他店を食べ歩いての勉強にあてるのだという。レジャーで高値づかみをキメに行こうと言うのではない。ラーメン店を経営されている方々はボクが知る限りみな真面目で仕事熱心だ。頭が下がります。これにボクが文句を言えるわけがあろうか。ボクがゴールデンウィークに行きたいラーメン店がゴールデンウィークに営業しているわけがない。ボクも負けずに何気ない日常生活に修行を求めていきたいと思う(参照4)。

 しかし、ボクが行きたいと思っていたラーメン店は1店舗しかないわけではない。他にもう2店舗あるのだ。その2店舗がゴールデンウィークに通常営業しているのはすでに知っている。ボクが行きたいとゴールデンウィークに行きたいラーメン店がゴールデンウィークに通常と違う営業をしているわけがない。

 ゴールデンウィークに営業していないラーメン店も、通常通りに営業しているラーメン店もいずれもそれぞれの理由で素敵だ。ボクは無理せず通常の営業を貫いているお店に行こうと思う。気負わずに行けたら行ってみることにしたい。

与太話のコーナー。

 プレミアムフライデーには限定ラーメンはほとんど提供されないことは初回から3回めまでのプレミアムフライデーをウォッチしてきてボクは確認をしてきた(参照5参照6参照7)。しかし、ゴールデンウィークの場合は話が違うようだ。ツイッターをはじめとしたSNS上にゴールデンウィーク限定の文字が頻繁に踊るのをボクは確認している。ボクは考えるところがあって限定ラーメンを目的にラーメン店に行くのは極力やめるようにしている(主にはボクがラヲタではないことを証明するためのポストラヲタ活動の一貫であるわけだが一概にそれだけが理由なわけではない。おいおい気分が乗れば書いてみたいと思う)。ボクにはらーめんという不健康食の魅力を広く知らしめたいというよくわからない意識他界系ではない(参照8)。それに関して言えば、むしろ意識低い系なのだ。

(アイキャッチは料理研究家のイラスト。ラーメン店の店主の方々はそれこそラーメン料理の研究家と言っても過言ではないだろう。いつ休んでいるのだというくらい日々ラーメンを研究し続けている。一部例外はいるけれどもそういった方々に対して間違っても不遜な態度をとれるわけがあろうか、いやない。少なくともボクはそんな「こいつ、大丈夫か?」にはなりたくないものです。早くまとも人間になりたいものです。)