#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん【'16年089杯目】雨ニモマケズ(北区上十条)の六種の夏野菜の冷たい汁なし担々麺

スポンサーリンク


本日のおしながき:雨ニモマケズの六種の夏野菜の冷たい汁なし担々麺

  • ラーメン屋 / 雨ニモマケズ
  • 今日の一杯 / 六種の夏野菜の冷たい汁なし担々麺 (2016年089杯目)
  • 値段: ¥1000 (特製の値段。温玉+100円)
  • 日付: 2016-07-27
研究熱心な店主のTwitterでの担々麺食レポに否が応でも期待させられていた雨マケ式冷たい担々麺。

研究熱心な店主内藤さんが、何店もの汁なし担々麺のお店を食べ歩いているのをお店の公式Twitterでシェアしていて否が応でも期待せざるを得なかった今年の雨マケ式冷やし麺。

器をそのために発注するほどの拘りよう。

この限定麺のために新たに専用の皿を発注していたために開始が遅れたという店主の拘りようには脱帽。否が応でも高まる期待にさらに拍車がかかった。

店主のブログで後日言及があったが、雨マケのすごいところは開催期間中にもどんどん進化していくこと。(最終的には7月いっぱいの提供から延長されたのだが)開催期間終了ギリギリに滑り込み、進化の極みを体験するのが個人的な雨マケ限定麺の楽しみ方。

見た目は担々麺ぽくないが味は間違いない担々麺!

さて、肝心の冷たい担々麺。カラシビ味噌ラーメンの鬼金棒のように辛とシビをそれぞれ三段階から選べるスタイル。雨マケブログより一段階でも辛とシビ、それぞれ結構強いとのことだったので、それぞれ1をチョイス。100円追加で注文できる中国醤油と黒酢の温玉ももちろん注文。

さてさて、お味の方の話。正直、告知でみた写真を見たときには、担々麺なのこれ?という見た目にどんな味がするのか想像がつかなかった。まずは、着丼した汁なし担々麺を汁なし担々麺よろしく混ぜそば風に混ぜて一口いただいてみる。おお、確かに担々麺!混ぜてしまうと六種の野菜がトマト以外あまり味を主張しなくなってしまうのだが、きゅうりのシャキシャキとカラシビが絶妙なハーモニーを奏でる感じ。いいぞ、いいぞ!

温泉卵を半分に切って、半分はそのままいただき、半分は麺にインして混ぜていただいてみた。麺に混ぜると温泉玉子の黄身がいい感じで絡まってクリーミーに仕上がって、これまた旨い。

冷やしでカラシビ、アンビバレントで斬新なアイデアが素晴らしい一杯を生み出した。

冷やしでカラシビ。暑いときに辛いものを食べる、というのはよくあるヤツだが、それをさらに冷やしでいただくという斬新なアイデア。さらに六種の夏野菜をふんだんに盛り込んで健康にも配慮。素晴らしい一杯だ。

一つ個人的に今回は失敗だったなと思ったのは特製を選んでしまったので味玉と温玉の玉子二つになってしまったこと。どちらも美味しいのでいいと言えばいいのだが、今回に限っては特製ではなくチャーシュー六種の夏野菜の冷めたい担々麺にしておけばよかったかもな、といったところ。次回からは気をつけたい。

今夏ふたつ目の雨マケ冷やし麺にも期待!

雨マケさんは次の冷やしメニューも模索しているようなので、またそのメニューがお目見えしたら伺いたい。

大変おいしかった、ご馳走様でした!

(Evernoteの下書きをベースに少し加筆修正、所要時間10分:お題「マイブーム」

今日のラーメン屋さん:雨ニモマケズ - 十条/ラーメン [食べログ]