#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンとサンドイッチはどうですか?ラーメンサンドイッチ、いかがですか?

スポンサーリンク


  ボクはらーめ人間Z。らーめん視点でしかブログが書けないまともない人間だ。今日はボクがリスペクトなフミオさんがディスられていたので脊髄反射的なエントリを書いてしまったがよくよく考えてみたららーめん全然関係なさすぎたと気づいた。キチンとらーめん視点のブログ書かなくては。まとも人間になるための道のりは遠い。世の中、集中力を削いでしまう誘惑に溢れている。まとも界おそろしい。さて巷のまとも界において3月13日は1(いち)が3(さん)に挟まれているということから《サンドイッチデー》ということらしい。《サンドイッチの日》は別に11月3日があるらしい。区別のために3月13日は「デー」、11月3日は「日」のようなのだがどちらか片方にしたらいいのにと思うのはボクがまともないからだろうか。まとも界めんどくさい。ともあれ《サンドイッチデー》ということでサンドイッチとらーめんて合うのかな?と考えてみることにした。そのまま食べたら和と洋で合わない気がする。もし合わせようとするとスープパスタっぽい所謂ベジポタ系のらーめんになりそうだ。あくまでボクの好みで言うとそういうベジポタ系のらーめんは好きではない。そういうのはパスタ屋さんがやればいいと思っている。ベジポタ系以外でサンドイッチに合いそうならーめんってないだろうか。「サンドイッチ ラーメン」でググってみた。するといくつからーめんの麺をパンで挟んだものというのがでてきた。なるほど《焼きそばパン》的な発想。所謂《和えそば*1》のような汁なしのらーめんを食パンないしコッペパンに挟んで食べる。これはアリではないだろうか。《焼きそばパン》がイケるのだから《和えそばパン》もイケるので間違いない。今、こうやって書いていて思い出したのだけど以前《和えそばパン》やってみたいと言っていたお店があったように記憶している。その後、実際に発売したという話は聞かない。残念だ。それにしても「美味しい」がつく《和えそばパン》の実現はハードルがなかなか高そうだ。仮に《和えそば》がおいしくてもパンがそれに合わないと不協和音でお互いをダメにしてしまいそうだからだ。逆もしかり。それにしても欅坂新曲は「不協和音」 漢字のみ題名は坂道史上初らしいがボクには何のことだかさっぱりだ。それはさておきパン屋とらーめん店の絶妙なタッグが組まれることが美味しい《和えそばパン》が生まれる十分条件となりそう。そんな息のあったパン屋とらーめん店が出会ったらいつか美味しい《和えそばパン》に出会える日が来るかもしれない。どこかでそんな絶妙な《和えそばパン》発売されないだろうか。絶妙《和えそばパン》あり〼。そんな具合に発売されたならボクは絶対買いに行くと約束する(所要時間25分)。

インスパイアされたエントリへのリンクや与太話のコーナー。

 これは与太話。完全にボクの好みの話だけど和洋折衷(外部リンク)のらーめんは好きではない。見栄えはしなくてもいい。見た目は無骨だっていい。日本食としてのらーめんをとことん突き詰めたらーめんに出会えたときの感動、それは筆舌に尽くし難い。そういうらーめんに出会いたい。そういうらーめんに確実に出会えることが約束されているのならボクは一時的にラーメン卒業して「並ぶ」のも厭わない(内部リンク)。

お題「エアらーめん。」によせて書きました。アイキャッチは焼きそばパンのイラスト。実際に《和えそばパン》が爆誕したらどんな姿をしているのか。妄想を膨らませるとヨダレが止まらない。いらすとやさんにはいつも感謝。)

*1:油そばとも呼ばれる