#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

会社人事から福利厚生トライアルとして「僕と契約してカード型空気清浄器のモニターになってよ」とお誘いがあったので乗ってみることにした。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

ウチの会社の人事メンから福利厚生トライアルとして「僕と契約してカード型空気清浄器のモニターになってよ」とお誘いがあったので乗ってみることにした.

 「僕と契約して空気清浄機のモニターになってよ」.

 ある日唐突にこのような主旨のドコゾのまどかなマギカなインキュベーターのような勧誘をするメールが会社の自分のアカウントのインボックスに受信されていたら,諸賢はそのいかにも怪しい勧誘相手のお誘いに乗って空気清浄機のモニター契約をしたいと思うものだろうか?

 ボクは日本の首都東京で働くサラリーメンなのだけれど,実は先日(といっても一昨日の2019年2月26日)のこと,ボクはまさにこういった主旨の勧誘メールをウチの会社の人事メンからいただいたのである.その文面はいかにもウサンクサイ内容であったため,ボクはウチの会社の人事メンを語るフィッシング詐欺なのではないかと疑ったほどである.

 しかしそのメールの文面中にあった空気清浄機のモニターのためのリンクURLは確かに会社のポータルサイトであった.1文字違いの詐欺サイトではないかと入念にチェックした上に他の同僚のメンメンにもダブルチェックをお願いしたのだけれどどうやらたしかにウチの会社の人事メンからのメールで間違いがなかったようである.

 会社人事メンそのものがウサンクサイということはさておき,実はボクは只今絶賛ウチのオフィスにおける命の危険のあるスメルハラスメントの甚大な被害を被っているものであったことも手伝って,藁にもすがる思いで空気清浄機のモニター契約の申し込みを可及的速やかに,疾風迅雷の電光石火の超スピードで行ったものである.というのもよくよくそのメールを読んでみると《先着ホニャララ名様限定》というゴーリキーワードがチンザマシマシており《先着ホニャララ名様限定》ということは《先着ホニャララ名》に入ることができなければボクは空気清浄機のモニター契約を勝ち取ることができないことに気づいたからである.

 果たして申し込みを行うと「空気清浄機モニターの申し込みありがとう」「空気清浄機モニターに当選したら担当者からメールがいくからそれまで待っててね」というメッセージが表示された.なのでボクはその当選メールが届くのを待つことにしたわけなのだけれど,とりあえずその当日には当選メールは待てど暮らせどやってはこなかった.

 翌日,ボクはそれなりに最近汚仕事が忙しかったこともあり,緊急そうな通知やメールしかきちんと目を通していなかったので,その当選メールが実は届いていたのに気づいたのが今日(2019年2月28日)になってしまったわけなのだけれど,どうやらたいへんにありがたいことにボクは空気清浄機のモニターになることができたようなのである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 そして果たしてボクはウチの会社の人事メンと空気清浄機のモニター契約を果たしたわけなのだけれど,その当選を伝えるメールには早速,空気清浄機を取りに来て欲しいという旨が書いてあったわけなのである.そして当然ながらその空気清浄機がどのようなものであるのかについても説明が書いてあったわけなのである.その文面はイングリッシュで書かれていたものであるので,そのまま本稿に転記するのはなにかとそこはかとなく問題があるかもしれないので,おおよその概要が伝わるようにほんやくコンニャクして紹介すると次のように書いてあったものなのである.

《カード型空気清浄器のホニャララは,空気中の水分と反応することで持続的に発生するイオンがバリヤーのような役割を果たし,そのイオンがウイルス,花粉やアレル物質,PM2.5,タバコの煙や悪臭の類を包んで体内に入る前に地面に落下させるよ》

ーというのである.ちなみにここにきてボクはボク自身がしていたカンチガイに気がついたのだけれど,今回ボクが人事メンとモニター契約をすることによって頂戴することができることになったのは空気清浄「機」ではなく空気清浄「器」,そして空気清浄器は空気清浄器でもカード型空気清浄器であったということなのである.なんにせよイングリッシュではエアークリーナーといった文言で書かれていたので「機」なのか「器」なのかはジャパニーズでは判別がむつかしかったのだというのはボクのただの言い訳きっつー文学である.

 ところでイオンが花粉やPM2.5,そして悪臭の類を包んで地面に落下させるというなんだかよくわからないウサンクセー文言にボクは既視感があったわけなのだけれど,それは花粉を水に変えるマスクとかいうウサンクセー商品と同じではないかと思ったものである(参考:google:花粉を水に変えるマスク

 しかし折角人事メンがモニター契約をすれば無料,つまりはタダでくれるというカード型空気清浄器であるので,ボクは仮に眉唾もののなんだかよくわからないウサンクセーものであったとしてもとりあえず使ってみたいと思ったわけであるのでとりあえず実際の製品の受取方法の手順に従ってカード型空気清浄器を受け取ってきたのである.

 ちなみにそのカード型空気清浄器はどうみてもただの白いICカード大の白いカードであり,そのカードが空気中の水分と反応することによってイオンバリヤーを発生させているようにはまったく見えなかったものである.とりあえず説明書のようなものは一切なかったわけなのだけれど,人事メンからきた当選メールによればオフィスの出入りのために使っているセキュリティカード等をいれるためのパスケースのようなものにそのカード型空気清浄器いれて肌身離さずもっていればなにかとそこはかとなくイオンバリアーが発生しウイルス,花粉やアレル物質,PM2.5,タバコの煙や悪臭からボクの身を守ってくれるそうであるので,ボクはそのたいへんにシンプルな注釈にしたがっていつもクビからぶら下げているオフィスの出入りに使用しているセキュリティカードを入れているパスケースのようなものにそのカード型空気清浄器をいれて1日過ごしてみたものである.

 最後に1日使ってみて効果のほどを実感できたかどうかという話なのだけれど,実は今日(2019年2月28日)はどういうわけなのか肝心の命の危険のあるスメル,濃厚ワキガ臭,濃厚カレー臭そして濃厚汗臭いを黄金比でブレンドしたウンコ臭を超えたウンコ臭,超ウンコ臭のウーメンがオフィスに現れなかったので果たしてボクがモニター契約を結んだことによって手に入れたカード型空気清浄器が超ウンコ臭をイオンで包んで地面に落下させるというミラクルが発生するのかどうか,超ウンコ臭をイオンで包んで地面に落下させるというワンダーが発生するのかどうか,その検証をすることができなかったものである.とはいえよくよく考えてみるとボクはそもそも超ウンコ臭という命の危険のあるスメルハラスメントの被害をあえて狙いすまして被りたいマゾではなかったので,そもそもそんな命の危険のあるスメルが発生していないというのであればそれが一番よいのではないかということに,今このくだりを書きながら気づいてしまうほどには命の危険のあるスメルハラスメントによってアタマがおかしくなっていたものであるらしい... オソロシーオソロシー...

 というわけでボクのこのカード型空気清浄器のモニター契約はとりあえず来週末の2019年3月8日までだそうであるので,それまでにナニカスバラシー黄金体験を得られることができたならば,ボクは本ブログにおいてもこのカード型空気清浄器のスバラシー黄金体験について再度書いてみたいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

スポンサーリンク

参考.

 余談ではあるのだけれど,ボクは気になったのでgoogle:カード型空気清浄器 といったユルい感じでグーグル先生にボクが人事メンとモニター契約を結んだことによって手に入れたカード型空気清浄器について調べてみたのだけれど,一体全体どこの企業が開発製造しているのかもよくわからない製品だということがわかっただけであり,その検索結果の上位に表示されるもののなかには「その記事は削除されているか,もしくは未来の日付で投稿されているから表示できないよ」といったなんだかよくわからないページに行き至る有様であった.ボクが今,モニターしている製品はいつか世の中の陽の目をみることがあるものなのだろうか... たいへんにはてななものである...

 一方の花粉を水に変えるマスクに関しては結局のところなんだかよくわからないままだというのがボクの認識である.

《アイキャッチは臭くて鼻をつまむ人のイラスト(女性)./本稿はお題「わたしの黒歴史」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。