#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

関東甲信、記録がある1951年以降でもっとも早い梅雨明けを受けて断つ(2018年版)。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

関東甲信、記録がある1951年以降でもっとも早い梅雨明けを受けて断つ(2018年版)。

 今日は2018年6月30日の土曜日である。本来であれば生来の怠け者であり、のんびり休日原理主義者であるボクはメンがヘラヘラしないためにボクが大事にしている箇条書きのやることリスト、休日プロトコルに従って日がな一日惰眠を貪ることを厭わずにただひたすらゆっくりとそしてのんびり平日の5錬金の疲れを癒やすことにあてる日であるわけなのであるのだが、残念かつ大変に遺憾ながらこの1ヶ月ほどボクはその大事なのんびり休日土曜日、そして日曜日の早朝をウチの会社のために返上し、早朝からちょっとした「おもてなし」という名のボランティア、もっと端的かつ直截に言えば「タダ働き」をしている。ちなみにその「タダ働き」をしている理由については刑事訴追の可能性はミジンコの陰茎ほどもないが、ボクのPV(プライベーツ)を後悔する懸念があるのでボクのこの1ヶ月ほど続いている土日休日早朝の「タダ働き」の理由について詳らかに説明することを差し控えたい。ちなみにこの土日休日早朝の「タダ働き」はどんなに早くとも8月中までは続く可能性があるというのは読者諸賢にはどーでもよいこと、つまりは蛇足である。

スポンサーリンク

 さて冒頭からいつもどおりに脱線した本稿であるわけだが、本題そのものがどーでもいい閑話、つまりは無駄話であるので、本題を触れることを忘れることも厭わずにさらに脱線を継続したい。なぜならボクのブログ、つまりは本ブログなどというものはタダの日記であり、日記などというものは個人のとりとめのないことを書き留めるものだからである。そしてボクは脱線することが好き、というか大好き、むしろ愛しているといっても過言ではない。ゆえに本ブログは脱線するものであり、脱線するから本ブログなのである。脱線しないのは本ブログとはいえず、むしろ脱線するためにあるのが本ブログだといっても過言ではない。というわけで本題に移る前にさらに脱線する。

 さて、すでに述べたとおり今日は2018年6月30日の土曜日であるわけだが、ボクは残念かつ遺憾しかない、つまりは吝かない理由により土曜日休日の今日も平日の朝5時とまではいかないまでも朝6時半に目を覚ました。目を覚ましたというよりApple Watchのアラームの時間が朝6時半にセットされており、手首の振動を朝6時半に感知しボクは半強制的に目を覚まさせられた。今日までのここ1ヶ月間の土日休日と同様に眠気眼をしこしこしつつベランダのカーテンをまずは開け朝の日光を浴びようと試みた。そしてまだ一応6月とは思えないほどの強烈な朝の日光を全身に浴び、そんなに心地よくない寝覚めを得ることに成功した。気温は朝の6時半だというのに26度を示していた。冷房の設定温度を25度に設定しておいたのは正解である。危うく快適な冷房環境のおかげで寝過ごすところであったとも言えよう。とはいえ今日のアポイントメントの時間も朝7時であるので、あまり時間がない。ボクはベランダの窓から踵を返し、洗面所へいき顔を洗い歯を磨き、自分の部屋へと入っていき、おもむろにウチの会社から支給されているMacbook Airのスリープを解除しログインした。そしてさらにウチの会社のカンファレンスコールのシステムにログインし、テレカンファレンスの開始時刻になるのを待った。この待ち時間が大変にナーバスであることはいうまでもない。

 今日の一人目のお相手は午前7時からカナダ在住のトリニティ(仮名)の相談に載ることだった。在宅で働く彼女が契約すべきインターネットプロバイダをどこにすればいいかという相談に乗ることになっていた。カナダのインターネットプロバイダの契約料金はどこもニッポンよりも割高の印象があったが、いくつか事前にトリニティ(仮名)が選んでいたインターネットプロバイダについてボクがProsとConsをまとめておいた。ボクのオススメはトラブルシューティングはある程度自分でできる前提のものだったのだが、トリニティ(仮名)はトラブルシューティングは可能な限り自分ではしたくないそうなので、ちょっと割高のボクがリストアップした選択肢の中では一番コストリーなものを選ぶこととなった。大事なことは本人のニーズにあったものを選んでもらうことであるので、トリニティ(仮名)も満足してくれたことであるし、問題は解決した。問題は次の8時からのジョセフ(仮名)の相談に乗ることである。

 午前7時からのトリニティ(仮名)の相談事は思いの外前倒しで終えることができたのでジョセフ(仮名)の相談に乗る午前8時からのアポイントメントには少し余裕ができた。ボクは空き時間を利用して朝のラジオ体操をしておくことにした。ジョセフ(仮名)の相談事は事前に聞いているがかなりシリアスな相談事であるので少しでも気持ちを落ち着けておかねばならない。そしてラジオ体操も終えてしばし深呼吸していると午前8時を迎えた。ジョセフ(仮名)からのカンファレンスコールが鳴った。陽気でオープンマインデッドなジョセフ(仮名)との紋切り型の挨拶からいつもどおりのテレカンファレンスがはじまった。しかし一転してジョセフ(仮名)には珍しく深刻な表情に変わり「今日の本題、つまりは相談事に入ってもよいかね?」とジョセフ(仮名)に聞かれたので、当然ボクは「Sure,Ofcourse.」と答えた。

 ジョセフ(仮名)の相談事はシリアスなものばかりであったのだがその中でも日記に書いておいても差し障りのない部分だけを書きとどめておこう。実はジョセフ(仮名)の経営する会社では今、コストカットを考えているのだという。というのも売上と営業利益が期待よりも伸びていないためというのが理由である。ジョセフ(仮名)が考えているオプションは(1)従業員のレイオフ(2)新規社員の雇用の差し止め(3)給与カットの3つだそうなのだが、どれもそれを行うと従業員のモチベーションが落ちてしまうのでやりたくないのであるという。ボクに第4,5のアイデアはないかというのがボクが承った相談事というわけである。ちなみにボクは第4,5そして6の現状のさらに倍となるコストカットのオプションをジョセフ(仮名)に提示したわけなのだが、ジョセフ(仮名)はその第4,5そして6のアイデアについていたく気に入ってくれたようで「とりあえず、まずはやってみよう」「ありがとう!」という感謝のお言葉をボクはジョセフ(仮名)から頂戴した。ちなみにボクが提示した3つのオプションについては守秘義務契約違反となる恐れがあるのでその詳細の一切を公開することを差し控えたい。

スポンサーリンク

 というわけで今日(2018年6月30日)の土曜日休日早朝のタダ働きは滞りなく午前8時40分くらいに終了し、ボクは通常ののんびり休日の土曜日へと帰還することができた。というわけでここからが本題、つまりは閑話休題というわけである。

関東甲信、過去もっとも早い梅雨明け 猛暑の予想 (写真=共同) :日本経済新聞

 というわけでここからが本題であるわけなのだが、諸賢、驚く無かれ、ボクの暮らしているカントーコーシン地方はスデに夏である。ボクがなにを言ってるかよくわからないという方もいるかもしれないが、これはボクが別に言っているわけではない。昨日(2018年6月29日)、気象庁が発表したところによると今年(2018年)のカントーコーシン地方の梅雨は昨日でスデに明けたのだという。

 梅雨が明けたということは、今は夏ということである。ちなみに今年の梅雨明けは記録がある1951年以降でもっとも早く、梅雨の短さとしては78年と並ぶタイ記録なのだそうである。梅雨入りは6月6日と発表されていたので梅雨の期間は24日となり、今年の梅雨は1ヶ月持たなかったとのことらしい(というかほとんど雨が降った記憶もないし、記録にも雨が降った日はほとんど残っていないようだ)。そもそも今年(2018年)はカントーコーシン地方に梅雨などなかったのではないかとボクは思わなくもないものだ。そもそもカントーコーシン地方に大雨をもたらしたのは台風5号(マリクシ)だけだったように思われる。いつから台風が梅雨と呼ばれるようになったのか。責任者がいるなら問い質したい。責任者はどこか?

 それにしても地球温暖化の問題は本当にシリアスである。もはや日本の四季はマジで死んだとボクは思っている。日本の四季はもはや二季である。あまり二季といっているとムキムキなマッソーのニキが宇宙から降ってきそうなのでボクは潔く二季という言葉を発することを差し控えたい。言霊というものにはパウワーがあり、あまり「ニキ」「ニキ」言っていると本当にそのうち宇宙からムキムキマッソーなニキが降ってくるような悪夢が起こりかねないからである。大人とは潔いものであり、潔く本稿を中途半端なところで打ち切るボクは立派な大人であるというわけだ。

 それではまた会おう、さらばだ諸賢!

《アイキャッチは夏バテのイラスト「外回りのサラリーマン」。梅雨明け以前からスデに猛暑日が続いているカントーコーシン地方だが、今年の夏は猛暑の可能性が高いらしい。読者諸賢も不要不急の外出は控えてこまめに水分補給し熱中症だけにはくれぐれも注意するようにしてほしい。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。