#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食家のボクがタンタンとメンタルしっかり筋肉を追い込んだ平成最後の1年を振り返る。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

ラーメン断食家のボクがタンタンとメンタルしっかり筋肉を追い込んだ平成最後の1年を振り返る.

 今日は2018年12月31日の月曜日,平成最後の大晦日である.タンタンとメンタルしっかりもって毎日をそこはかとなくやはらかい思考の柔軟性をもってライフを送ることを信条に日々を過ごしているラーメン断食家のボクにとって,今日が平成最後の大晦日であろうとタダの12月31日であろうと特に格別ナニカが違うといったことはないのだけれど,テレビや新聞,ウェブメディアの主張に迎合するならばエポックな瞬間であるそうなので御都合主義よろしくこのフハフハとした軽佻浮薄なトレンドに柔軟に乗っておきたいと思うものである.とはいえあえて狙いすましてやらんでもいい乱痴気騒ぎに興じようというのではないボクは渋谷ハロウィンに代表されるような敢えて狙いすましてやらんでもいい乱痴気騒ぎの類は大嫌いなのである.そんなやらんでもいいことを敢えて狙いすましてやってしまうのはラーメンが獣臭い意識他界系の腐れ外道かつド阿呆なメンだけで十分である.できうることならそういった煩悩に満ち溢れた腐れ外道かつド阿呆なメン諸氏におかれましては折角であるので除夜の鐘とともにこの機会にこのイカれた世界からご退散願いたいものであるといっても過言ではない.

 さて冒頭からなんだかよくわからない具合に脱線して始まった本稿であるわけなのだけれど,これこそがボクの本領発揮であるのでタンタンとメンタルしっかり閑話休題といきたい.

 閑話休題したので唐突ではあるのだけれどブログを書くメンにはいくつか慣習というものがある.そんな慣習の1つが年末にその1年を総括するといったまとめのブログエントリを書くというものがあるわけなのだけれど,ボクも一介のブロガーであるわけなので,そんな世の中の慣習に則って,ボク自身の1年の振り返り総括を本稿においてはしてみたいと思うものなのである.

 とはいえボクの1年を振り返るに当たってテーマが必要である.ボクがタンタンとメンタルしっかりもって思考柔軟なやはらかいライフを送る上で大事にしていることは睡運瞑菜350gである.睡運瞑菜350gの中でも特にボクが重要視しているのは運動である.なので本稿ではボクの平成最後の1年の運動に関することの総括,1年を通した「学び」「気づき」そして「感謝」をまとめていこうと思う.

 2018年がはじまった当初,ボクは週2-3回のジョギングと毎日の筋トレ(主に腕立て伏せ,腹筋そしてスクワット)をタンタンとメンタルしっかり継続していた.それが今日(2018年12月31日)現在では週2-3回のジョギングと毎日のラジオ体操第1,2かつ筋肉体操フルカウルパンツ(腕立て伏せ,腹筋,スクワットそして背筋)にグレードアップするに至ったわけなのだけれど,そこに至るまでにはそれなりのストーリーがあったものである.なので以降,時系列で今日に至るまでを振り返ってみたい.

2018年4月.

www.hobonichi-ramen.com

 上記のエントリを読み返して思い出したのだけれど,今年2018年はラジオ体操90周年のアニバーサリーイヤーであった.とはいえボクがラジオ体操をタンタンとメンタルしっかり継続する毎日の運動に組み込むことにしたのはアップルウォッチのアクティビティの3つのリング(カロリー,アクティビティそしてスタンド)を毎日そこはかとなく閉じたかったからだというのもボクは忘れてしまっていた.結果としてたしかに毎日そこはかとなくアップルウォッチの3つのリングは閉じることができるようになっているので無意識のレベルにまで運動がボクの毎日のライフに組み込まれているというのは朗報であると言えよう.

www.hobonichi-ramen.com

 一方でボクがラジオ体操を当初たいへんにナメていたのはしっかりと覚えていた.たかがラジオ体操と侮るなかれ,ラジオ体操はたいへんに効果の高い全身運動なのである.なのでカラダが十分にその全身運動に耐えうるだけのマッソーに追い込みきれていないうちにお調子に乗って1日に2回も3回もラジオ体操をしてしまうとボクのように背中に多大なダメージを負ってしまうことになるだろう.後述するとおりボクはこの時の失敗からも学びきれず再びラジオ体操で次には腰を痛めることになってしまうわけなのだが,そういう阿呆はボクだけで十分である.

www.hobonichi-ramen.com

 ジョギングに関してはタンタンとメンタルしっかりもって週に2-3回ジョギングするをなんの支障もなく継続できているわけなのだけれど,時折ボクがサブスクライブしているdマガジンに配信されているターザンやランニングスタイルを参考にしながら粛々と日々いかにしてジョギングをすることによってスタミナの維持をすることができるか研究に余念はないものである.

www.hobonichi-ramen.com

 こちらがラジオ体操をナメないようにしたつもりが,その矢先に今度は腰を痛めてしまったことについて書いたエントリである.ちなみに腰を痛めてしまったからといってラジオ体操でマッソーを追い込めなくなると思っている諸賢は甘いですぞ.ラジオ体操には座って行える座って行うラジオ体操というものがあり,ボクは腰が全快するまでは座ってのラジオ体操を行うことによってラジオ体操をタンタンとメンタルをしっかりもって継続することができたのである.ラジオ体操は体の不自由なメンにもやさしい設計になっており,たいへんに優れた体操であるというわけなのである.

2018年8月.

www.hobonichi-ramen.com

 4月から飛んで8月.どうやらボクは寝ちがえによってクビをたいへんに痛めてしまったようだ.クビを回せないレベルで安静にしても1日では治らなかったためウチの会社のオフィスから少し離れた整形外科を受診して痛み止めとケトプロフェンテープを処方してもらったものである.その効果はバツグンであり,あっという間にボクのクビは今まで以上に快適に回せるようになったというのは過言である.

www.hobonichi-ramen.com

 平成最後の2018年,ボクがマッソーを追い込む上で最大の転機となったのが上記の「みんなで筋肉体操」との出会いであった.この出会いのおかげでボクはそれまで以上に追い込むことが可能になったわけなのだけれど,それがどこまで行き着いたかについては順を追って紹介していきたい.

www.hobonichi-ramen.com

 「みんなで筋肉体操」をフルセット(腕立て伏せ,腹筋,スクワットそして背筋)できるようになってから1週間断った時点でボクが感じていた効果は語れる漢の背中を獲得できたことである.それもそのはずそれまでもボクは腕立て伏せ,背筋そしてスクワットでマッソーを追い込んできたわけなので,それまでやってこなかった背筋をマシマシすれば背筋が語れる漢の背中に裏切らなくなるのは当然の結果であった.

 とはいえボクは短い時間で回数は重ねなくてもそれまで通り,むしろそれ以上に腕立て伏せ,腹筋,スクワットそして背筋でマッソーを追い込むことができるようになったため「みんなで筋肉体操」にはマジ感謝なのである.

2018年9月.

www.hobonichi-ramen.com

 「みんなで筋肉体操」をタンタンとメンタルしっかり毎日継続して1ヶ月が断った頃,ボクはそこはかとなく「みんなで筋肉体操」に慣れてしまっていた.そこでボクは筋肉体操の回数を増やすか,はたまた筋肉体操を常時ゴーリキーフルパウワーでマッソーを追い込むかの2つの選択肢のうちから後者の常時ゴーリキーフルパウワーでマッソーを追い込む筋肉体操フルカウルを選んだのである.ちなみにこのときボクが開発した筋肉体操フルカウルは未だにタンタンとメンタルしっかり継続されている.

2018年10月.

www.hobonichi-ramen.com

 10月ユーチューブで激しくシステム障害が発生した.ボクはNHKの公式ユーチューブチャンネルにアップロードされている「みんなで筋肉体操」を毎日視聴しながらマッソーを追い込んでいたので危うくユーチューブダウンの日にはマッソーを追い込めなくなるところであったわけなのだけれど,仮にユーチューブが落ちていたとしてもマッソーを追い込めないといった残念なことが起きないようにリスクヘッジをとることにしたのである.幸運にもボクはトルネ録画してある「みんなで筋肉体操」を消さずに残してあるので,そのトルネ録画を再生することによってその危機を乗り切ることができるようになっている.マッソーは裏切らない.

www.hobonichi-ramen.com

 同じく10月,パンツ一丁で飲酒するとマインドフルネスであるというなんだかよくわからないことを主張しているオモチロ記事をボクは発見したわけなのだけれど,ボクの場合はパンツ一丁で筋肉体操フルカウルを行っていたのでこのときからボクはボクの行っている筋肉体操フルカウルを筋肉体操フルカウルパンツと呼ぶことにしたというわけである.

2018年11月.

www.hobonichi-ramen.com

 11月,ボクが視聴していた2018年秋アニメのうちのひとつ「うちのメイドがウザすぎる」においてメインキャラクターの1人である鴨居つばめさんが「また呼吸するように筋トレを!」というゴーリキーワードを発していたことからボクは「呼吸するように筋トレ」することのできるライフを考えるようになったのである.

 そしてボクが筋肉体操フルカウルから着想を得て実験してみることにしたのが日々の一挙手一投足を常にマッソーにゴーリキーをフルパウワーで追い込んだ状態で日常生活を行うというものである.その結果は次のエントリで書いている.

www.hobonichi-ramen.com

 毎日の生活の一挙手一投足を常にマッソーにゴーリキーをフルパウワーで追い込んだ状態で日常生活を行うことをしていた結果,そこはかとなくボクは「また呼吸するように筋トレを!」に近いことをできるようになっている.痛勤電車のつり革を握るとき,エスカレーターを使わずに階段をのぼるとき,エレベーターを使わず階段で降りるといったことをしているときにである.

www.hobonichi-ramen.com

 そして11月の下旬,ユーチューブプレミアムがニッポンでも利用可能になったタイミングでジョギングをするモチベーションをより高めるために新しいジョギング用のミュージックプレイリストを作成した.このミュージックプレイリストはたいへんに優れていて無心でジョギングができるスグレモノであるわけなのだけれど,30分に満たないプレイリストだったので今はさらにもう数曲心に愛がなければスーパーヒーローじゃないスバラシーミュージックが追加されている.

www.hobonichi-ramen.com

 2018年は命の危険のある猛暑は一種の災害と言われた夏の猛暑が尾を引いて11月の上旬まで夏日がつづくという異常気象がキテるヤバい年であったわけなのだけれど,いつまでも秋がこない,冬も来ないと油断していたボクは11月の下旬になって唐突に訪れた冬のような寒さの中,筋肉体操フルカウルパンツでマッソーを追い込んでしまいポンポンペインに苛まれてしまった.マッソーは裏切らないがパンツ一丁は裏切ることがあるというのがボクのこの失敗からの「気づき」と「学び」である.

2018年12月.

www.hobonichi-ramen.com

 そして12月,10月に受けていた健康診断の結果を確認したボクは安堵した.2018年がはじまった時には週に2-3回のジョギングと筋トレ(主に腕立て伏せ,腹筋そしてスクワット)だったものが週に2-3回のジョギングとラジオ体操しかるのち筋肉体操フルカウルパンツへとメガシンカしたボクのマッソーを追い込むアクティビティは健康診断の結果を裏切らなかったからである.

 世界が平和になるまで外でラーメンを食わないボクはタンタンとメンタルしっかり週に2-3回のジョギングとラジオ体操しかるのち筋肉体操フルカウルパンツを継続することによって健康診断の結果を裏切らないのである.来年も健康診断結果を裏切らないためにさらにボクは呼吸をするように週に2-3回のジョギングとラジオ体操しかるのち筋肉体操フルカウルパンツを継続できるウチなるインナーワールドの平和を守るスーパーヒーローになりたいと思うものである.

www.hobonichi-ramen.com

  The New York Timesによれば短い時間でも短い時間でも効果的にマッソーを追い込めば筋力,筋体積,筋持久力は向上するということなわけなのだけれど,2018年の8月からタンタンとメンタルしっかり3ヶ月以上にわたって筋肉体操フルカウルパンツを続けてきたボクに言わせればそれは自明のことであった.タンタンとメンタルしっかりマッソーを追い込むことを続ければ,マッソーだけはボクを裏切らない.マッソーはボクの唯一無二の味方である.ボクはその唯一無二の味方を追い込むことによってこれからもウチなるインナーワールドの平和を守っていきたいと思っている.

ーー以上がボクの平成最後の2018年,マッソーを追い込んできたボクの振り返りである.

スポンサーリンク

 明日(2019年1月1日)からの1年が一体どんな1年になるかはさっぱり見当もつかない.しかし日々巻き起こる艱難辛苦汝を玉にするのがマッソーを追い込むことであるとボクは信じている.マッソーは裏切らない.来年もボクはタンタンとメンタルしっかり睡運瞑菜350gにコミットしていこうと思うのである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!来年もよろしくね,ピース!!

《アイキャッチはボディービルダーのイラスト./本稿はお題「2018年を振り返る」お題「平成最後の○○」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。