#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

エクストリームサラリーマンになるための社内研修に参加しています。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

エクストリームサラリーマンになるための社内研修に参加しています.

 読者諸賢はプライベーツで勉強をするメンであろうか?はたまたプライベーツでは一切の勉強をしないメンであろうか?

 先日,プライベーツでは一切勉強をしないメンはダメだということを雄弁に語るブログエントリが話題になっていたけれど,ことボクに関しては世の中の皆あまねく事象は勉強だと思っている.しかしボクがプライベーツとかプロフェッショナルとか関係なく24/7で勉強しているというのは過言である.むしろそんなメンがいたらきもちがわるいので近寄らないように気をつけたいと思っている.

 さて前置きが長くなったがボクは今,終日の社内研修に参加しながら本稿を書いている.研修を受けながらブログを書くなんて不謹慎だと思った諸賢,ご安心あれ!今はランチタイムの休憩時間中なのだ.休憩時間中まで研修のことを考え続けるほどボクは勤勉なメンではないのである.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが24/7で皆あまねく俗世の事象が勉強であるというのは過言であるという閑話.以降は今,まさにボクが現在進行形で参加している参加必須だけれど参加必須じゃなかった社内研修について社外に差し支えのない範囲内でどーでもいいことを書き連ねる閑話である.本稿を読み終えてもなにも得るものはないはずなのでナニカの知見を期待しないで読み進めてほしい).

 さて,なにを言ってるかわからないかもしれないけれど,ボクが今,参加している社内研修は人事メンから先日ボク宛に「参加必須なので参加してくださいね」という趣旨のメールが送信されてきたため,「参加必須」というゴーリキなパウワーを感じるワードが含まれているからには参加せねばナニカとそこはかとなくボクの会社における立場がデンジャーになるのではないかと思い,参加登録をしたものである.

 ちなみに「それではフツーに参加必須なのではないのか?」と思った諸賢,グッドクエスチョンである.ボクも「参加必須」だと思っていたのだけれど,参加登録をしてからしかるのち研修の2週間ほど前に送られてきた社内研修参加リマインドメールというありがたいのかありがたくないのかよくわからんメールを目を皿のようにして確認してみると今度は違ったニュアンスのことが書いてあったのである.

 そのリマインドメールには「本研修は参加必須ではないけれど,本社においてより高次のエクストリームなサラリーメンとして認定されるために参加が必須となっているものです。キャンセルするなら社内研修の1週間前までなら受け付けますよ。」とだいたいこんな要旨のことが書いてあった.

 ここでいうウチの会社における「より高次のエクストリームなサラリーメン」が一体なんのことを指していうのかについては読者諸賢の豊富な想像力にお任せしたい.しかし人事メンの掌を返したかのような「参加必須ではないけれど」「より高次のエクストリームなサラリーメンとして社内で認定される条件として参加必須である」というのはボクの解釈では「参加必須だけど参加必須じゃなかった」ということである.とかく人事メンのいうことというものはなにを言ってるのかよくわからんものなのだけれど,もしかしたら今年も猛暑がキツかったので《となりのトトロ》の「夢だけど夢じゃなかった。」にハゲしくインスパイアされてしまったのかもしれないしそうじゃないのかもしれない.人事メンのすることはとかく謎である.

 ともあれとりあえず「より高次のエクストリームなサラリーメン」に社内認定されておいて損はない.というわけで今,ボクはその社内研修に参加しているというわけである.

 さて今ボクの参加している社内研修が一体なんの目的でどんな内容の研修を受けているのかを詳らかにインターネッツに公開するのはインサイダー情報の漏洩となりうるので潔く差し控えたい.立派なサラリーメンというものは社外秘の情報を漏洩しないというアタリマエのことをアタリマエに潔くできるものである.つまりボクは立派なサラリーメン,ひいては社内における「より高次のエクストリームなサラリーメン」の資格を得ようというスケベ心を丸出しなわけなのである.

 とはいえ公開しても差し支えのない範囲内で今しがたボクが参加したグループワークについてどんなことをやったかをご紹介しよう(正直ボクにはこれに一体なんの意味があったのかよくわからないし,書いたところでインサイダー情報は一切含まれないので問題ない類の情報である).

 まず(1)参加者同士で2人1組のチームを組む(2)チームのいずれか一方が目隠しをする(3)チームの目隠しをした方のメンが目隠しをしてない方のメンのいいなりになってナニカをする.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 ちなみにボクは目隠しをする方のメンになったものであるが,目隠しをしていない方のメンからの指示が的確でなかったのでナニカをすることができなかった.読者諸賢にはボクがなにを言ってるのかまったくなんだかよくわからないと思うけれど,ボクもこのグループワークで一体なにをしたかったのかまったくわからなかった.とりあえず催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてない.もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったということだけは確かである.

 このグループワークが終わったのち,講師メンからボクは「キミはなにがよろしくなくてキミが目隠しをしてナニカをすることができなかったと思う?」とクエスチョンされたのでボクはテキトーに「最終的にボクがなにをすればゴールなのかを目隠しをしてないメンが最初に言わなかったのでなにをすればよいのかわからなかったことがひとつ。あとボクがそもそもボクがするべきナニカがなんなのかナニカをし始める前に目隠しをしてないメンにクエスチョンしなかったことですかね?」と答えた.すると講師メンは「エクセレント!」と褒めてくれたのである.

 なんだかよくわからんが褒められて嫌な気持ちになるメンはいないものである.

 今,こんな調子で研修が続いている.研修が終われば晴れてボクはウチの会社における「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるための資格を得ることができる.しかし「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるわけではない.「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるのがいつのことになるのかはよくわからない.とりあえず責任者はどこか?

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチはブラインドタッチのイラスト.ボクが目隠ししてしたナニカがブラインドタッチではなかったことも特にインサイダー情報ではないのでインターネッツに公開しても問題はございませんよ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。