#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん【'16年052杯目】Japanese Soba Noodle 蔦(豊島区巣鴨)の特製塩SOBA

スポンサーリンク


本日のおしながき:Japanese Soba Noodle 蔦の特製塩SOBA

  • ラーメン屋 / JSN蔦
  • 今日の一杯 / 特製塩SOBA (2016年052杯目)
  • 値段: ¥1,250
  • 日付: 2016-05-15
整理券ゲットのために二度目の麺ラン!

休日の朝にジョギングのついでに整理券をもらいにいくメソッドを二回目発動。

親不知抜歯後に飢えていたラーメンを食べたいという渇望を満たすにはこちらに行くしかないであろうと。

蔦さんの整理券、運用が今ひとつ分かりにくい上に結構てきとーなところがあるので、何だが微妙なのだが、それがないと行列が長くなりすぎて近隣の方に迷惑をかけるという問題がある以上、黙って従うしかない。何より困るのはお店が閉店ないし移転してしまうことなので。

さて、前回は醤油SOBAを復習したので、今回はレギュラーメニューを制覇すべく塩SOBAをチョイスすると決めていた。いざ食券機を前に大地のつけSOBAに心揺れるも、そこはブレまいと断固塩SOBA。

今回は塩SOBA 、やはりトリュフオイルの香りに終始圧倒される。

塩SOBA、いつものルーティーンでスープから。圧倒的に主張するトリュフオイルの味。たしかにお品書きの説明にあるとおり、海産物の旨みを活かし、潮の香りが漂ってきそうな気配を感じられる旨さは間違いないのだが、第一の波としてやってくるトリュフオイルの香り、味に圧倒される。そこは醤油SOBAともども一貫しているようで拘りを強く感じる。

味の中核が一本筋が通っているので、よい意味で醤油SOBAと塩SOBA、どちらを食べてもどちらを食べればよかった、と言った後悔は生まれないような味に仕上げているのかなといった気がした。味は全く別物なのだけどもねえ、不思議である。

次回は大地のつけSOBAを食べたい。

もうあと一回は近々にきて大地のつけSOBAを食べてみたいと思っている。太陽のつけSOBAは辛い系のようなので、大地のつけSOBAに行っておきたい。

というわけで、また来ます!

ご馳走様でした!

(インスタの投稿内容をすこし手直し、所要時間5分:お題「マイブーム」