#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京の焼きそば3選。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京の焼きそば3選.

 ボクはラーメン断食家ではあるけれど,ボクが世界が平和になるまで外で食わないと決めたのは意識他界ラーメンのみである.しかし意識他界ラーメンであるか,はたまた意識他界ラーメンでないかを判別するのは安くないコストをかけなければ判別がむつかしいことがあるため,ボクはのべつ幕なし右から左へ外の世界で「ラーメン」と呼ばれているものを食すことを受けて断ったのである.というわけでボクは世界が平和になるまで外でラーメンと名のつくものを食わない.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 とはいえ外でラーメンと名のつくものを食わないボクもラーメンと名のつかないものを食さないほどの底抜けの阿呆ではない.基本的にはボクはウチなるインナーワールドで食す食事,自炊を好むものであり,むしろ自炊を愛しているといっても過言ではないわけなのだけれど,時によりよりウチなるインナーワールドでゴハーンをつくるのがメンドー臭いことはあるものであり,外の世界でナニカオイシーものを食したくなることは当然のことながらあるのである.時と場合によってウチなるインナーワールドでの自炊と外の世界でのオイシーナニカを食す外食とを使い分けることのできるボクはメンがヘラヘラしていない柔軟でやはらかい思考の持ち主であるというわけだ.

 しかしオイシーナニカというものは孤独のグルメの井之頭五郎インスパイアでオナカガペコチャンになったら風の吹くまま気の向くままズンズンなにも考えずに道無き道を突き進んでいると都合よくナニカオイシー店が見つかるほど都合が良くはできていないものである.ある程度事前に食したいナニカオイシーをリサーチしておくのがデキる立派な大人の食通であるというわけなのである.ちなみに御都合主義的なナニカオイシーを紹介しているオカシーメンたちのことはボクは食通とは呼ばず食痛と呼ぶことにしているというのはどーでもいい余談である.

 というわけでナニカオイシーを事前にリサーチしてストックしておくことに余念のないボクが参考にしているもののひとつがボクが有料でサブスクライブしているdマガジンに毎週水曜日に配信されてくる週刊東京ウォーカー+である.

 そして今週の週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行)で特集を組まれていたのが「東京の焼きそば」である.なぜクリスマスシーズンに東京で焼きそばなのかは週刊東京ウォーカー+の編集メンのセンスがさっぱりボクにはよくわからないのだけれど「焼きそば」というゴーリキーワードを目にしてボクが思い出したのは今年(2018年)の初旬にはてな匿名ダイアリーa.k.a.増田さんではてななホットエントリーになっていた下記の増田さんである.

anond.hatelabo.jp

 焼きそばの人気店なくないか?という素朴なクエスチョンをされていた増田さんだったが,それこそまさにこの増田さんにとって「東京の焼きそば」という特集はうってつけのものであろうと思うのである.この増田さんが気づかれるかどうかはわからないが参考にしていただけたら幸いである.

 週刊東京ウォーカー+で紹介される東京のムニャムニャはなぜか12個紹介されるわけなのだけれどボクはその中から3つを選んで本稿で紹介してみることにしている.ちなみにボクが飲食店を選ぶ時は「禁煙」であることが絶対条件なのだけれど,今回に関しては喫煙可はもちろんランチ禁煙も除外した結果12店舗選ばれていたものが3店舗になってしまったものである.なのでオイシソーと思うとか思わないとか以前に週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行)で紹介されていた「東京の焼きそば」12店舗から「禁煙」のお店だけ選んだ結果残ったお店を以降3店舗ご紹介する.

(1)ナニワヤ・カフェ(浪花家総本店)(麻生十番).

ナニワヤ・カフェ(浪花家総本店)(麻生十番)/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).
ナニワヤ・カフェ(浪花家総本店)(麻生十番)
/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).

 1909年創業のたい焼きの老舗浪花家総本店が直営する「カフェ」でなぜかはよくわからんが「たい焼きセット」と肩を並べるほどの人気を誇るのがこのお店で唯一提供している食事メニューである「焼きそば」であるとのことである.なぜ食事メニューがひとつしかなくしかも「焼きそば」なのかは謎である.唯一の食事メニューゆえに「焼きそば」が人気なのだとすれば「焼きそば」を「カレー」置き換えてもヨサソーな気がするのは気のせいだろうか?

浪花家総本店

浪花家総本店

(2)神保町やきそば みかさ(神保町).

神保町やきそば みかさ(神保町)/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).
神保町やきそば みかさ(神保町)
/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).

 記事には開店と同時に行列ができるであるとか,同店が監修し明星食品から販売されたカップ焼きそばが人気を博したであるとか,それを読むとむしろ行かないほうがよいのではないかと思うようなことが書かれているのであるわけなのだけれど,最近ナニカとそこはかとなくボクは神保町界隈をヨチヨチと散歩しながら古本屋巡りなどをしてみたいと思っていたりするので,もしこちらのお店に行列ができていないようであればこちらで「焼きそば」を食してミタイナーと思ったりしたわけである.

(3)東京焼きそば(とうきょうスカイツリー).

東京焼きそば(とうきょうスカイツリー)/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).
東京焼きそば(とうきょうスカイツリー)
/引用元:週刊東京ウォーカー+2018年No.51(2018年12月19日発行).

 今回紹介されていた東京の焼きそばの中で最もボクが食していたいと思ったのがこちらの東京焼きそばであった.写真右のつけ麺スタイルで食すという「黒焼きそば」もオイシソーだが,写真左の「ねぎとう麦飯」というものもオイシソーである.惜しむらくはボクはとうきょうスカイツリー駅を訪れたいと思う理由が他にないことである.わざわざつけ麺スタイルの「黒焼きそば」を食すために「とうきょうスカイツリー駅」を訪れるのは阿呆のすることである.ナニカ他にも「とうきょうスカイツリー駅」を訪れたい理由をつくることができた暁には「ついで」にこちらのお店を訪れてみたいと思うものである.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 それにしても東京五輪2020まであと2年をきっているというにも関わらず「受動喫煙ゼロ」の緑のタヌキな御仁の公約もどこへやらピーヒャラピーヒャラパッパパラパーなのかよくわからないが果たして飲食店は喫煙可の方が断然マジョリティであり一向に飲食店の完全禁煙化は進まないものである.

 これがあと2年もしないうちに禁煙と喫煙可の逆転現象が起こり皆あまねく東京の飲食店が「受動喫煙ゼロ」になるのかならないのか,ボクはたいへんに興味関心をもっているので,こういった形で様々な食の雑誌をウォッチしながら飲食店の「受動喫煙ゼロ」に対する姿勢を観察し続けていきたいと思っている.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。