#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ボクは「4」という数字を極端なまでに嫌悪している。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ。

 今週のお題「ゲン担ぎ」。”試験や大会の前日、抽選結果の発表前……大きな勝負どころで実行している、あなたなりのゲン担ぎはありますか?必ずお参りしている神社がある、持ち歩いているお守りがある、カツ丼を作るなど、さまざまなゲン担ぎにまつわるエピソードを募集します。今はやっていなくても、過去に受験前や就職試験前にやっていた、でもOKです。皆さまのご応募、お待ちしております。”とのことである。

 改めまして自己紹介。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンが核を放棄するまで、ついでにおまけでコリーアが従軍慰安婦問題に関してニッポンを不可逆に許すまで外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは280日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

ラーメン断食家のボクが担いでいるゲンについて語らねばならぬようである。

 さて、ラーメン断食家のボクが担いでいるゲンについて語らねばならぬようである。しかしタイヘンに都合のよいことにボクはゲンを担いでブログを書いていることがある。つまりはこのお題に答えるのはタイヘンにボクにとってイージーゲームである。ボクはツイていると言っても過言ではない。

 ところでボクは科学の信奉者である。ゲンや神輿のようなものは担がない。近所の神社のお祭などとはパーフェクトなまでに無縁。スピリチュアルなものとのご縁はストロングゼロ。オカルトの類はゼッタイに信じないのである。

 とはいえボクはラーメーン御都合主義者であり、ラーメーン詭弁家でもある。ボクと言えば都合次第で主張をコロコロと変える人間であり、都合次第でいかようなる詭弁を弄することも厭わないのである。つかブログなどというもので日々巻き起こる万象をあまねく正直に吐露するようなことをするのはタダのド阿呆である。ボクはリアルをボクに都合よく加工したファクトをコウカイするバカ正直者なのである。

 ところで諸賢は3の法則というものをご存知だろうか。ボクのブログを普段からサブスクライブしている諸賢は「またかよ。」と呆れて言わないでほしい。はじめてボクのブログを読んだ一見さんもいるかもしれないのである。ボクは意識他界ラーメン店店主のように一見さんをお断りしたりなどしない。ホスピターリティ大事。ニッポンといえばOMOTENASHIであると言っても過言ではない。事実、ニッポン人ならば皆あまねく待ち望んでいると言われている2020年の東京五輪の招致に際して滝川クリステルさんもそのように言っていたではないか。

 さて3の法則であるが、端的にいえば「3はよい。」「タイヘンによい。」「3は無類である。」「3サイコー。」というナンだかよくわからん法則である。人類というものは2では物足りない、4では多すぎると思ってしまう難儀な生物であるものらしい。とにかく人類にとって3はスバラチイものである。あまねく人類は皆、3原理主義であり、3至上主義なのである。なのでボクはそんな3原理主義かつ3至上主義に則って何かの説明を求められた際には理由を3つ無理やりホジクリ返してでも説明するようにしているのである。

 閑話休題。それでは本題であるゲン担ぎについての話題に話を移そう。ボクは科学の信奉者でありオカルトの類は信じない。ゲンなどというものは本来担がないわけであるが強いて一つあげるならばボクが忌諱してやまないことがあるのである。そう、ボクは「4」という数字を極端なまでに嫌悪しているのである。折角の機会であるのでボク自身よく分かっていなかったボクが「4」を極端なまでに嫌う理由について前述の3の法則に則ってノンストップライティングの手法で考察していきたい。

ラーメン断食家のボクは「4」という数字を極端なまでに嫌悪している。

 まず第一にボクは漢数字の「4」の音読み、つまりは「四」から「し」かつ「し」から「死」を連想してしまうのだ。別にボクは不老長寿を願っていたりこそしてはしていないのだが、ナンだかよくわからん不慮の事故や突然の病気、ウィルス感染でいきなりポックリポックリ逝きたくはない。悔いを残すとかラーメーンを一生に何敗食したかとか記憶しようなどといったことにはミジンコの陰茎ほども興味はないのだが、ボクも死ぬのはオソロチイのである。どうせ最後は死ぬのであれば健康なままでピンピンとポックリポックリ逝きたい。意識他界ラーメン店店主と毎日ナンだかよくわからん真剣勝負に興じているうちに知らぬ知らぬうちに不健康を拗らせコウカイしながら死にたくはないのである(余談だがボクはピンピンとポックリポックリと逝くことを4Pと呼んでいるがマーケティング用語の4Pとは関係ないし、モチのロンで本稿の主旨とも関係のないことである。つまりは蛇足だ)。

 第二の理由はジョジョの奇妙な冒険、第五部においてボクの好きな登場人物の一人であるミスタさんが数字の「4」を極端なまでに嫌っていたからである。ミスタさんに言わせれば「5つのものからから選ぶのは“いい”!」「3つのものから選ぶのも“いい”!」しかしナンだかよくわからんが「4つのものから選ぶのは“ダメ!ダメ、ゼッタイ!!”」なのであり、そんなことも知らないのは「マヌケ」なのである。ボクは底抜けの阿呆と呼ばれるのは一向に構わないがミスタさんから「マヌケ」とだけは認定されたくはない。なのでボクはナンだかよくわからんがミスタさんと同様に「4」を極端なまでに嫌い、忌諱するのである。

ジョジョの奇妙な冒険第五部の登場人物ミスタさんは数字の「4」を極端なまでに嫌っている。
余談だがミスタさんのスタンド能力「セックスピストルズ」には6体の小さなオトモダチがいるわけであるがミスタさんの御都合主義よろしくNo.4は欠番なのである。
引用元:ジョジョの奇妙な冒険 (49) /p35より。

 最後にボクが「4」を極端なまでに嫌う3つめの理由なのだが、特に3つめの理由はない。特に理由はないというのが3つめの理由である。なんとなく数字の「4」をみていると上述の二つの理由により縁起が悪そうな気がしてしまうからという科学の信奉者としてはあるまじき非科学的かつ無根拠な理由によりボクは数字の「4」が嫌いなのである。キライだから嫌いだというナンだかよくわからん子どものような理屈である。ボクは大の立派なオトナであるので、潔く非科学的かつ無根拠な理由により数字の「4」を極端なまでに嫌っているということを認めておきたいと思う。

 現場からは以上である。

 ボクの担いでいるゲン担ぎ、いかがだったであろうか?

 数字の「4」を極端なまでに嫌うボクは3の法則で勢いあまって4つの根拠を示してしまったときなどは「3+1」と表記したりなどして「4」を表記することを回避してみたりしている。他にもエレベーターで4階に直接いったりなどしない。一度5階まで登り、しかるのち1階階段で降りるのである。そういったことに一体ナンの意味があるのかと問われたならば、ボクは「ちょっとボクにもよくわかりません。」と答えるようにしている。世の中の迷信、オカルト、そしてゲン担ぎなどというものはとかく非科学的かつ無根拠なものであり、そんなものにすがって生きている人類は皆あまねく「マヌケ」なのである。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(余談であるが意識他界ラーメン店の中には正月最初の営業日に「おめで鯛ラーメン。」などという「おまえ、アタマは大丈夫か?」といった脳みそで蝶々がヒラヒラと舞っているのでないかと心配になってしまうかのようなナンだかよくわからんコダワリのムニャムニャを創ってしまう意識他界ラーメン店店主がいる意識他界ラーメン店が事実存在したりするするわけであるが、繰り返し述べてきたとおりボクは科学の信奉者であり都合のよいゲン担ぎなどは信じないのである。だから当然そんなナンだかよくわからんムニャムニャを正月早々、外に食しにいくようなおめでたい脳みそは保有していないのである(関連記事:参照*3。)

*1:キタチョーのロケットマンが核を放棄するまでボクは外でラーメンを食わない。ついでにおまけでコリーアがニッポンを許すまで外でラーメンを食わない。

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:正月早々、鯛ラーメンでおめで鯛ラーメン店にモシャモシャした。