#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンブログとしてこの先生きのこるための足掻き。:ホラン千秋さんのキャスターへの転身インタビューから考える。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。ラーメンスランプに陥ってしまったボクは思いがけずラーメン断食が捗ってしまい2017年4月14日からはじまってしまったそれは今日(2017年5月14日)をもっても解禁することが叶わずにいる(参考1)。きっつー。完全に闇。トンネルの闇の中を出口も見いだせないまま走り続ける列車の中で常闇の永遠の夢の中でまどろみ続けているかのようだ。出口を見つけるのにどれだけの時間を要するのか今は皆目検討もつかない。しかしトンネルを抜けるとそこはらーめん国だったといったような世界が待っていることをボクは今、願っている。だからボクは闇の中、たとえ無様であっても足掻き続ける。ボクの新たならーめんブログの解を見出すために。早くまともらーめんブログ人間になりたいものです。

 そういったわけでボクはしばらく「ラーメンブログとしてこの先生きのこるための足掻き」を綴ってみたいと思っている。全く解を見いだせていないことである。だから今回一回かぎりで考え尽くせる課題でないのは想像に難くない。だからこれはシリーズになるだろう。かなりお見苦しいところをお見せすることに当面はなると思われる。ボクがありのままでレリゴーレリゴーしてもボクがらーめんブログだと許せる範囲を逸脱しない解を見出すためには必要な道のりだと思っている。ボクはボクなりにこの険しい道程を楽しんでブログを書いていきたいと思っている。これも何気ない日常生活に修行を求めるボクというバガボンドにとっては必要な修行というわけなのだ(参照2)。よろしくね。ピース。

 「ラーメンブログとしてこの先生きのこるための足掻き」の初回となる今回はたまたま日経電子版で見つけたホラン千秋さんのキャスターへの転身インタビューから考えたことをつらつらと書いてみたいと思う。

「私は何かを『伝える』仕事がしたくて、それさえブレなければ、形にこだわる必要はないと思っています。
<中略>
例えば、ラーメンの味と世界情勢とでは、伝える内容は全然違うけれど、根本は同じだと思うんです。どんな番組でも、自分の言葉に責任を持って伝えることに変わりはありません」
引用元: ホラン千秋 キャスターへの転身、成功のきっかけとは|エンタメ!|NIKKEI STYLE

 当該記事に出会ったのはラーメン記事としてニュースフィードされてきたからだ。だからボクは当該記事のどこに「ラーメン」についての言及があるのか探さないと分からなかった。ページ内検索でハイライトがついたのは「ラーメンの味と世界情勢とでは、伝える内容は全然違うけれど、根本は同じだと思うんです」だった。ここだけ読むとホラン千秋さんが何を言っているのかさっぱりボクには意味が分からなかった。

 ラーメンの味と世界情勢で根本が同じとは一体どういうことなのだろうか。そこだけ読むとさっぱり何を言っているのかが分からない。「こいつ、大丈夫か?」と左から右へシュパパーンと首チョンパしてしまうようなマシーンにだけはボクはなりたくない。よく読んでみることにした。

 間違っているかもしれない。しかし、ボクはこのように解釈することにした。「何かを伝えたいという気持ちにブレがないならば形に拘る必要はない」その点において「ラーメンの味と世界情勢を伝えること、いずれも根本は同じ」。ボクはこう解釈することにしたのだ。しかし、間違っているかもしれない。

 ボクは特にナニカを伝えたいと思ってブログを書いているわけではない。ボクはらーめんという切り口で世の中のことを自問自答してみているだけだ(参照3)。動機の点においてホラン千秋さんとボクは異なっている。しかし、前述の解釈が正しいならば、何かを伝えるということにおいては別にそれがらーめんであろうとあるまいとボクはこのブログに書けばいいではないかと気楽に考えることができるようになることができた。何かを伝えたいなら看板は何でもいいではないか、と。らーめんブログの銘を打って世界情勢を伝えるのもよしとすることにしようと思うに至れることができた。タンタンとブログを書き続けることについてはボクは支障を取り除くことができた気がする。

 ホラン千秋さんのインタビュー記事を読んでみてよかった。ありがとうホラン千秋さん。キャスターガンバってね。

余談のコーナー。

 書き終わってから気づいたこと。今回ボクはブログを書き続けることについてはひとつマインドハックを新たに手に入れられたわけだ。しかし考えてみたらラーメンスランプについては何の解決にもなっていなかった。きっつー。ボクはラーメンを食べたいとは思っている。しかし食べたいと思っていたラーメンが食べたくなくなってしまう無限ループにハマってしまっている(参考4)。無限ループは条件文をつければ抜け出すことができる。ボクはその条件文を探しているのだ。今はそのボクに最適な条件文が何なのか見いだせていないため延々とループにハマってしまっている。しかしボクはいつかこの無限ループから抜け出せる条件文を見つけ出してみせたいと思っている。人生は長いからね。ボクの今のラーメンスランプはたかだかその中の一ヶ月でしかない。

 自分が不快だと思う相手を変えることはできない(近々でボクが不快に思っているのはラーメンインスタグラマーだ。しかしボクがラーメンインスタグラマーを変えることはできない)。全てが自分好みの人間など存在しないからだ。しかしボクがボク自身を変えることならできる(多分。。)。ボクは自分の行動を変えるための条件文を探している。その解を探すことはボクにしかできない。ガンバるぞ、エイエイオー!

(アイキャッチはきのこで検索したらでてきたしいたけのイラスト(茸)。ボクの中ではこれはしいたげられてないしいたけなのでしいたけとして認めたくないところだ。しかしきのことしてはOKきのこだと思った。お題「ほぼにちらーめんブログ運営ポリシー。」によせて書きました。)