#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ブロックされている人間から著作物をパクられたら面倒くさいね。

スポンサーリンク


www.hobonichi-ramen.com

 上記のエントリで最後にするつもりだったソラノイロTwitterブロックになりましたシリーズだったのだが、匿名アカウントの正体を暴きたがるようなクズに逆ブロックされると困ることがもうひとつありました。

www.hobonichi-ramen.com

 上記で書いたような著作物を無断でパクるというのを自分がブロックされているアカウントからされてしまうと、パクられた側はTwitterをログアウト状態にしないとそのアカウントが著作物をパクっていても気づけないですね。

 今ちょっと考えただけでは本当にこういうことが起きた場合、どう対処していいものかわからないですわ。気づけないものはTwitterの運営にも伝えようがないですからね。

 仮の話ではありますが、こういうケースに遭遇した人っていないこともないんじゃないのかな、と思えてきましたね。少し調べて何かいい対処があればまた追記するなりすることにしましょう。

了:1614文字

余談

www.hobonichi-ramen.com

 上述のエントリーに書いたようにバカッターな人は鍵アカウントになってくれる分にはクローズドな世界に閉じこもってくれるので著作物パクられてもある程度仕方ないところはあるように思います。情弱でTwitterの使い方分かってないんじゃないかっていう匿名アカウントの正体を暴きたがるようなクズに逆ブロックされてしまうときついですね。

 まあ、ちなみに同エントリでも書きましたが、バカッターだからという理由で鍵アカウントに逃げ込むのは冥府魔道ですからね。公序良俗に従って生きていれば何も問題ないので正々堂々と言いたいことを言ってもバカッターにならない生き方をしたいものです。

お題「らーめんあまり関係ない雑記。」

※アイキャッチは例によっていらすとやさんから。今回はアイディア泥棒のイラスト。以前使ったものの使い回し。いらすとやさんにはいつも感謝。しかし、困ったな。