#ほぼにちらーめん

プロのラーメン断食家であるボク,らーめ人間Zが可能な限り毎日タンタンとメンタルしっかり政治・経済・社会・技術の垣根なく知らなかったことを知るために書いているただの日記ブログ.よろしくね,ピース.ほぼ日刊イトイ新聞とは無関係.写真をはじめとした皆あまねく全てのコンテンツの無断転載はお断り!

経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)閣議決定「電気・ガス8~10月補助」物価高に対応を受けて断つ(2024年6月21日)。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸7年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

(拉麺断食之参阡弐拾参)経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)閣議決定「電気・ガス8~10月補助」物価高に対応を受けて断つ(2024年6月21日).

政府が21日に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)は国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を2025年度に黒字化する目標を盛り込んだ。岸田文雄首相は物価高対策として電気・ガス代の補助や年金世帯への給付金支給を表明した。政府の歳出改革は一貫性を欠く。
出典:歳出改革、一貫性欠く 骨太の方針:日本経済新聞

 パンデミックそしてウクライナとロシア間の戦争を端緒に資源高からはじまった世界的なインフレは日本に円安をもたらし円安と資源高のダブルパンチで電気代そしてガス代の高騰がもたらされ家計は火の車だ.とはいえこの6月まではその電気代そしてガス代に政府からの補助が効いていたために多少はそれらの価格高騰抑制が効いていたわけなのだけれど政府はその措置の延長をしなかったものだからこの6月から電気代とガス代の高騰が家計を直撃するようになってしまったというわけだ.今から6月分の電気代とガス代の請求が怖ろしくてならない.とはいえ特に電気に関しては今年は梅雨入りする前から真夏日が続いたりエアコンなしでは最悪就寝しながら気付かぬうちにあちらの世界へ旅立ってしまうということがあり得ないでない.それだけにエアコンをつけることは命を守るために積極的にその使用をせねばならない.2024年6月21日に閉会した国会において閣議決定された経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)においていともたやすく止められてしまった電気・ガス代の政府による補助が8-10月の間再度復活するとのことだったわけなのだけれど,そもそも6-7月の間にその補助を一旦止めることをなぜ回避できなかったか.政府の国民の命を守ろうという姿勢の欠如にボクはダンコとして抗議したい(たとえ政府による電気・ガス代の補助がさらなる円安を助長しかねない政策であったとしてもである).命みじかし意識他界ラーメン断つべし!物価高なんかに負けてたまるか,異常気象による猛暑で命を奪われてなどなるものか!!以上である.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

参考.

斎藤健経済産業相は28日、8〜10月に電気・都市ガス料金への補助を再開すると表明した。標準家庭では電気と都市ガスをあわせて8、9月は月2125円、10月は1300円程度の負担軽減になる。ガソリン補助は年内継続する。
出典:電気・ガス補助再開で8・9月2125円安く 10月は1300円:日本経済新聞